鬼滅の刃 第187話「無垢なる人」感想・考察

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187
週刊少年ジャンプ2020年3


おはこんばんにちは!!
トンガリです!!

さあさあ皆さんお待ちかね。

「始まりの呼吸の剣士・継国縁壱」対「鬼の始祖・鬼舞辻無惨」が始まります!!!

息が荒くなるほど盛り上がってます。

縁壱さんの無惨評が結構かっこいいですね。
暴力的な生命力に満ち溢れていた、火山から噴き出す岩漿を彷彿とさせる男……。

無惨はこう語ります。

「呼吸を使う剣士にはもう興味がない

どうもすでに巌勝さんは鬼になっているみたいですね。
縁壱さんの兄である継国巌勝さんと無惨の邂逅はこの後だと思っていたので驚きました。

この言葉を言うや否や無惨は攻撃開始。
縁壱さんに生まれて初めて背筋をひやりとさせる偉業を成し遂げています。

無惨による超高速超広範囲の攻撃をいとも簡単に避ける縁壱さん。
“透き通る世界”の住人である縁壱さんが無惨の体を見ると、衝撃の事実が判明します。

なんと、無惨には

心臓が七つ、脳が五つあった!!

(これってそんなに凄いことなんだろうか……)
(黒死牟も眼が六つあったぞ……?)

無惨には心臓が七つ、脳が五つありました!!!!

もしかしたら脳は腕や足を独立して動かしたりしているのかもしれません!!
右腕の攻撃のための脳とか!

脳が五つってそれだけ脳の処理能力が高いってこと……?
それとも意識が分かれてたり?
いやいつだって無惨は無惨……良くも悪くもブレてない……。

鬼だし脳が潰されたところで痛くも痒くもないし増やす意味あるのだろうか。
心臓で何を送り出してるんだろう。
鬼滅では心拍数はよく取り上げられるから擬似的に呼吸を使ってるような身体能力の向上が見込めるとか?

半天狗なんか独立した分身体を創り出してるから、多少心臓やら脳やらが多くたって「そんなこともできるんだ」というような気分だッ!!(お腹のど真ん中にある脳みそキモい)

しかし縁壱さんは無惨の体の作りを見た瞬間に、剣技の型を完成させます。

そして見開き一閃!!
一瞬で無惨をバラバラに!!

余りにもあっさりと達成された無惨打倒にテンションはマックスです。

縁壱さんのこの瞬間に完成した型というのは、この特異な肉体を持つ無惨の急所を瞬時に斬り落とす型……対無惨特化の型と考えていいのでしょうか。
無惨の七つの心臓と五つの脳を両断するような剣筋か、はたまたそれぞれの脳と心臓の繋がりを寸断するような太刀筋か。
はよ詳細知りたいですなこれは。

というか本当に呆気なくやられてしまった無惨。
呼吸というものはもう分かったと高をくくって、誰が呼吸を教えただとか、黒死牟の兄弟はどうとか、特に鬼殺隊の下調べ等はしていなかったんでしょうかね。
縁壱さんのことをまるで警戒していないとこは大物感ありますね。

でも問題はここから!
この状況から無惨は逃げ延びるんですよね。
一体なにが起こるというのか……。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187

縁壱さんの赫刀しゃくとうによる攻撃は無惨ですらも再生不可能な傷を負わせることができるようです。
「赫」の字に「しゃく」と振り仮名が降ってあるのですが「しゃく」という読み方もあるのでしょうか。

無惨が、斬られた頚が落ちないよう支えていたのがなんとも滑稽で凄く不謹慎なんだけどくすりとしてしまいました。

そして無惨の記憶に刻み込まれていた縁壱さんによる問答。

「命を何だと思っている?」

無惨は顔が赤黒く膨れ上がるほど怒っており縁壱さんの言葉への返答はありませんでした。

無惨のメンタルここに極まれり。

怯え、慌てふためくような様子は一切無し。
ただただ自身を追い詰める厄介な存在を憎悪し、怒り心頭に発するのみ。
これは正直見事だと思いました。
これほどまでに図々しく、太い態度が取れるのは生来の性質ではないかと思います。
ここで不届き者への怒りが先にくる人物にはそうそうそうお目にかかれない。

無惨が鬼になったからこそ、ここまでの事態になったんだろうなと初めて思いました。

そしてその横には連れの男を助けようともせず、前のめりにカッと目を見開き、
頚を斬られた男の姿を凝視する女性の姿が。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187

「その瞳はきらきらと希望の光で輝いて見えた」

珠世さん可愛いーー!!

可愛い……んだけどこんなことでその瞳を見たくなかったです……。
無惨の死を心待ちにしてる……。

とりあえず珠世さんのことは後回しに、無惨に止めを刺すべく縁壱さんが無惨に一歩近づくと――。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187

「食い締められた奥歯の砕ける音がした」

「次の瞬間男の肉体は勢い良く弾けた」

「千八百に散らばった肉片のうち千五百と少しをその場で斬った」

えっ!? えっ!?

情報の洪水!!!!

無惨は全身を爆散させることで逃亡を図りました!!!!
完全に虚を突いた逃亡作戦!!

しかし縁壱さんはそれに反応し、千八百に散らばった無惨の内、千五百と少しをその場で斬り落としました!!!!

無惨を中心に、四方八方に、恐らく凄まじい速度で弾けとんでいく肉片を瞬く間にです!!

実に無惨の83%くらいを瞬間的に滅殺することに成功していました!!!!
スゲーー!!

「けれども残りの肉片は小さすぎた」

「合わせれば恐らく人間の頭程の大きさの肉片を逃してしまった」

超人的な所業をやってのけた縁壱さんでしたが、それでも千八百の肉片全てを片付けることはできず。
そしてほんの少しでも逃してしまえば、無惨を滅殺することはできません。

立ち尽くしてしまう縁壱さん。

しかしそれ以上にショックを受けている存在がありました。

悲鳴のような泣き声のような声と共に、倒れ込む音。

珠世さんです。

無惨が頚の弱点を克服していたことを知らなかった珠世さんは激昂します。

「死ねば良かったのに! 生き汚い男!!」

「鬼舞辻無惨…!!」


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187

鬼舞辻無惨の名を呼んだにも関わらず呪いが発動せず、死なないことに慌てふためく珠世さん。
目線の高さを合わせて宥めている縁壱さんが何か好き。

縁壱さんに宥められ、無惨についてを縁壱さんに話した珠世さんは、恐らく縁壱さんが死ぬまで無惨は姿を現さないだろうとも伝えました。

危うきに近寄らず……。
自らの手で殺さなければ気が済まない、みたいな変にプライドがない分とても厄介です……。
憎き存在が寿命で死ねばそれで勝利だと思っているのでしょうか。

姿を眩ませたのであれば如何に縁壱さんと言えどどうすることもできません。

縁壱さんは無惨が弱り、一時的に無惨の支配から解放されたという珠世さんに無惨打倒の手助けを頼みました。
珠世さんも戸惑いつつ承認。

まさか縁壱さんと珠世さんに繋がりがあったとは思いもよりませんでした。
珠世さんはこれこの時に無惨の支配を研究解読し、しっかりと無惨の支配を解除したんでしょうね。
心が読まれてしまうのにどうやって支配を外したのか疑問に思っていたのでこれはスッキリ。

というか珠世さんは無惨死ね死ねと思っていただろうに傍に置いていた無惨は性格悪いというか嫌らしいというか……。

そしてその後、鬼狩りの仲間たちが駆けつけ、兄・巌勝さんが鬼になったことを聞きます。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187

「鬼舞辻を倒せなかったこと」
「珠世を逃がしたこと」

「兄が鬼になったことの責任を取るため鬼狩りを追放された」

一部の剣士は「自刃せよ」とも言っていたそうです。
それは六歳で当主となったばかりの当時のお館様が止めてくださったそう。

なったばかり……。
これは鬼狩り組織の中枢に関わっていた巌勝さんが先代お館様を殺した可能性が……?
だとすると自刃せよと言われても受け入れられるかは別にして致し方ないことなのかなと思いますが……。

この場面で、煉獄家の剣士の方が縁壱さんを責める仲間たちを止めようとしているのが泣けます……。
縁壱さんにとって、回想で名前が出るくらいの存在でいてほしかった……。
何寿郎さんだったんだろう……。

呼吸を教え、鬼狩り組織の強化に尋常ではなく貢献した縁壱さんですが、
今回のことにプラスして、この少し前くらいから痣者がバタバタと死んでしまっていたことも糾弾される要因になっていたのかなと思います。
黒死牟の回想で描かれていた剣士たちで姿が見えない方がいることから、黒死牟に殺されたか、痣が発現したことによって死んでいることが考えられます。
顔が簡略化されているので分かりませんが、もしかしたら皆さん痣が出なかった剣士の方々なのかもなと思いました。

呼吸術、剣術の指南や無惨との戦い、珠世さんを逃したこと、全て良かれと思ってやったことにも関わらず全てが悪い方に作用してしまった縁壱さん……。

しかし縁壱さんは自分は悪くないとは思っておらず、
「私は恐らく鬼舞辻無惨を倒すために特別強く造られて生まれて来たのだと思う」と考えていました。

にも関わらずしくじってしまったばかりに、また多くの人の命が奪われる。

そのことをただ一言「心苦しい」、と。

鬼滅の刃ではもはや恒例のように思える、この何とも言えない、寂寥感……。

どうしてこんなに報われないのだろう……。
どうして誰かの為に頑張ってくれている人が救われないのだろう……。

炭治郎も、炭吉さんもかける言葉が見つからず、縁壱さんも黙り込んでしまいました。

その沈黙を破ったのは、炭吉さんの娘さん・すみれちゃんでした。

「だっこぉ」と無邪気に縁壱さんの袖を握っています。

「だっ…抱いてやってください」
「高く持ち上げてやると喜ぶので、あなたは私より上背もあるし…」

言われるがままに縁壱さんがヒョイっとすみれちゃんを抱っこしてやると……。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187

凄く楽しそうに、純粋で無邪気に大喜びするすみれちゃん。

その姿を見て、涙が溢れ出す縁壱さん。(とトンガリ)


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187

あのほとんど全くと言っていいくらい表情や感情を表に出すことがなかった縁壱さん。
止めどなく溢れ出る涙には万感の想いが込もっていたことでしょう。

かくいうトンガリもダメでした。
見てください、このコマがトンガリの選ぶ令和始まって以来最も美しい一コマです。

優しい太陽の光がね……。
日の呼吸の剣士だなんだ言っていましたが……もうあかんですよ……

救われて欲しい……。
幸せになって欲しかった……。

終ぞ抱くことの叶わなかった愛しい我が子を想ってか、この余りにも美しい世界の幸福を目一杯その身に宿す命を感じてか、全てを吐き出し整理された自身の感情に襲われてか……。

始まりの呼吸の剣士はぼろぼろと涙を流し続けました。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第187

戦いの最中だというのはわかっている。

それでも縁壱さんの心が、何百年も昔に亡くなっているこの人の心が

ほんの少しでも救われることを願わずにはいられなかった。

全ては炭治郎がまとめてくれました。

縁壱さんのめそっとした簡易版泣き顔が何回見てもじわっと込み上げてしまう……。
うぇぇ……。

炭吉さんとすやこさん二人目のお子さんも元気そうでなによりです。

次回へ続く!


もはや……語ることすら困難です……。

鬼は本来あるべきところへ還るべきです……。
無惨を滅殺したらこれまでの鬼による悲劇が超時空間の歪みを元に戻そうとする修正力で全てより良い方向へ修正されて欲しいと願います……。
究極のご都合主義でもいいから理不尽な不幸に襲われた人たちが幸せになってほしい……。

何故ならトンガリがハッピーエンドを見たいから。

はい!

回想にも関わらず胸にグッときましたね~。
ここ最近の中でも特にほろほろと心が風に触られるような、何とも言葉にできない哀しいような寂しいような侘しいような……。

ひとつ言えるのはね、炭治郎っていう人物は、こういった人が積み重ねてきた想いを受け取った時に、とんでもないパワーを発揮する人物だってことです。

無惨戦、勝ちます。

上の文からこの文までの間にもう一回今回の話を読み直して無惨と縁壱さんが戦ったことを思い出しました。

う~~~~ん、これはどうしたらよかったの。
一人で来たから無惨を殺しきれなかったってことになるのかな。

かと言って、柱級が何人もつるんで動くことは難しいだろうし、腕が足りなければ無惨の攻撃で手傷を負って戦力から外れてしまう可能性も高そうだし下手をすると足手纏になっていたかもしれない。
巌勝さんと完全な相互理解を達成していれば兄弟二人で千八百の偉業を達成出来たのだろうか。
今となっては、知る由もない。

リアルに無惨危機一髪もといバラバラフェスティバルもとい爆散逃亡を防ぐ手立てが見つからない。
あれは例えば悲鳴嶼さんなら何個斬り落とすことができたのだろう。
千個くらいいけたのだろうか。

また赫刀以外で斬っても意味はあるのだろうか。
無いのであればさらに滅殺難易度が上がってしまう。
赫刀で斬ったところで肉片が動かなくなるだけで最終的には肉片を集めて日光で滅さなきゃいけないんですよね多分。

ふーーむ……。

縁壱さんの珠世さんとの協力・約束はどんなものでしょうか。
次回以降も回想が続くようなら何かしらアクションがあるとは思いますが……。

縁壱さんと無惨との戦いが終わった今、黒死牟の言っていた「鬼とならぬ体質の者」の存在が何だったのかと疑問に思う。
これからどこかで登場なり触れられるなりする機会はあるだろうか。

あとは……煉獄家の人好き。

若かりし頃の珠世さんも雰囲気が違って素敵でした。

とりあえず、ヒノカミ神楽の継承や耳飾りの約束の件があるのでもう少し縁壱さんが色々と語ってくれることでしょう。
赫刀に関しても論理的な説明が入るかもしれませんね。

すみれちゃんともうひとりのお子さんも名前くらい知りたい。
竈門家の話も見せてくれていいですよ。

最初から最後まで凄くのめり込んで読めた一話だったと思うんだけど楽しかったとか面白かったとかではなく。
引き込まれたというのでしょうか。
情報量が多かったからかな。
それとも感情が揺さぶられたからかな。
色んな想いが去来する素敵なお話でした。

もう現代に戻って想いを込めた兄と妹の赫刀の一撃で無惨滅殺しても良いのかもしれない。

あっ、縁壱さんは一人で戦うことになってしまったけど、炭治郎には禰豆子がいる!!!!
それに共に戦ってくれる同期の仲間たちや頼れる柱たちまで!!!!!

勝てます!!!!!!!!

何を書いているやら。
今回の回想は切ないところで区切られてしまったので心が良い感じに浸っていて変な感想になってしまいました。
あんまり量書いてないかな、と思ったら文字数は結構いってる……不思議だ……。

今回は炭治郎の想いとシンクロできるとても素晴らしい話だったと思います。

次回も過去と現在の剣士たちの想いを応援したいと思います。

無垢なる人よ、安らかに。健やかに。

それではまた。

キメツーー!

「鬼滅の刃」各話まとめはこちら

おはこんばんにちは! トンガリです。 トンガリにしては珍しくまとめ記事です。 自分が見直す時に使うメモの様なものなのですが、ジャン...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『鬼滅の刃 第187話「無垢なる人」感想・考察』へのコメント

  1. 名前:萌黄 投稿日:2019/12/20(金) 10:29:55 ID:a2088f309 返信

    トンガリさん、お疲れさまです!
    今回は胸に刺さるというか、感動!でしたよね。
    寂しさや悲しさが胸をいっぱいにして、映画を一本見終わった感じでした。

    縁壱さんに光が差すシーンは本当に綺麗です。
    彼の、追い詰められて削られてどん底の暗闇にいる心にも、光が差したと感じた、二重の描写。
    私の大好きな歌グループの一節を思い出しました。
    「私はこの世で一番美しい光を見た」
    すみれちゃんの純真無垢な笑顔は、縁壱さんの心に光となって届いたでしょう。
    あとすやこさん頭撫でてくれてありがとう…何も知らないからこそ救われる事もあるんですよね。
    泣きながらおいしいご飯お腹いっぱい食べさせられる縁壱さんを幻視しました。
    そのまま添い寝までしてもらいな!

    とても感動回だったのに、無惨のバラバラ緊急脱出はお腹抱えて笑いました、申し訳ない。
    いやマジであれは卑怯wwwリアルに「ヴァッ!?」て声出ましたよ。
    前回「どうせ珠代さんに逃がして貰ったんでしょ」とコメントした私、逆の意味で感動しました。
    発想がすごい、判断も早い。行き汚なさは犬夜叉の奈落とタメ張れますね、さすがボス。
    ちなみにとある場所で「ポップコーンに見えた」という意見を貰い爆笑しました。

    今回一番の衝撃は珠代さんでした。
    恐らく22、23歳の縁壱さんが珠代さんを「娘」「少女」と表現した事です。
    珠代さんに若いの!?!?
    でも古参の鬼だと考えると、子供が小さい頃に鬼になったとして、多分16、17歳…?
    わっか…未亡人臭すごかったので驚きです。

    そして鬼殺隊…多分ですけど、後から入った若輩者の縁壱さんを、喜んで受け入れて、快く教えを請うた人達は、みんな痣者で亡くなってしまったんじゃないですかね。
    残ったのは痣が出なくて追い詰められた、初登場時の槇寿郎さんみたいな人達なのかも。
    加えて今回の無惨の情報を持ち帰ったなら、尚更「そんなの俺達が倒せる訳無いだろ!なんで倒してないんだよ!」という気持ちになったかもしれません。
    初見殺しすぎますけどねアレ、煉獄祖先さんもそりゃ自信なくしますわ…。
    多分縁壱さん神聖視されすぎたのでは?
    「縁壱なら倒せて当前」なのに倒せなかったから「手を抜いた、油断した」と思った可能性はあります。
    あと縁壱さんが鬼側に裏切るかも、なんて的外れな憶測もあったのでは。巌勝さんがいますからね。
    小さい親方様と煉獄家の方が救いです。
    戦国時代は命の価値が本当に低かったし、責任=切腹だし、しかたなといえばですが…

    煉獄の人は本当に…妻子亡くして虚ろな縁壱さんの面倒見て、剣士としても世話して、柱だろうに巌勝さんの事も自ら教えにきてくれて、責められたら庇ってくれて…
    優しさが遺伝子に詰められてるんです?好き。
    手紙を残したのは罪悪感からだとするとエモい。

    やばい、継国推しだからすごく長くなってしまいました…すいません!
    これはマジでクリスマスがくるしみますになる予感。
    戦々恐々として次を待ちましょう!
    キメツーーー!!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/12/22(日) 22:24:44 ID:b173a94f1 返信

      萌黄さんコメントありがとうございます!

      映画一本見終わった感じ!それ!!
      まさしくそんな心境でした……。

      清流や月夜や雪景色なんかを美しい綺麗だなと感じたことはありました。
      でも今回は、なんてこと無い風景がシチュエーションや人物像がこんなにも家屋と人物と夕焼けに美しさを紡ぎ出すものなのかと感動してしまいました……。
      やはりトンガリの殿堂に入る一コマです。
      綺麗なフレーズですね!
      詩の一節みたい!
      Sound Horizonさん……でしょうか?
      気になります。

      すみれちゃんの純粋さは紛れもなく救いだったと思います。
      それだけではないと思いますが、少なくとも縁壱さんの中に爽やかで健やかで清廉なものが差し込んだと信じてます。
      お腹いっぱいの美味しいものと幸せな風景を見て色んな感情を表に出す縁壱さんを見てみたいです!

      無惨もまた、すごかったですね。
      ちょっとずつ無惨のことが好きに……とはちょっと違うな、無惨の魅力というものが分かってきました。
      奈落のしつこさは若き日のトンガリのトラウマなので思い出したくない……。
      それにしてもポップコーンはダメです。
      とうとうほんの少しだけ残っていたシリアスさまでも弾け飛んでしまいました。

      今回の珠世さん可愛いし若く見えませんか!?!?
      髪型のせいでしょうか!?
      今までは綺麗で美しいものなイメージだけでしたが、今回の目をキラキラさせている珠世さんはすり減っていながらもどことなく幼さを感じさせる要素があったようなないような……。
      それでも少女はちょっと言いすぎかもですね。
      縁壱さんの視点は対象が鬼であっても本当に見たまま感じたまま捉えられるんですね。
      この人もまた無垢なる人なんだろうなぁと思いました。

      あ~確かに縁壱さんに感謝して戦っていた人は全員もうすでに亡くなっているっていうのはありそうですね……。
      だからどうしても風当たりが強くなってしまったと……。
      お館様と煉獄家の剣士さんは本当に……。

      むしろこの時代に痣が出なかったにも関わらず縁壱さんを庇えた人物って最も心が強かったのかもしれませんね。
      自身が自信を失くしてしまったことも隠さずに手記に残しているのも、きちんと向き合って受け入れることができて、縁壱さんに対しての想いがあったからなのかも。
      煉獄家の剣士さん好きです。(名前出て)

      クリスマスはどうなることやらですが、ここまで色んな流れで散々叩かれてきたのでどんな展開が来ても割と乗り越えられるんじゃないかと思っております。
      というかこの流れであんまり酷い展開にはならないだろうなんて思ってます!!
      油断しすぎでしょうか!?
      炭治郎復活までもう少しありそうだし無惨戦ここから何か動きますか!?
      ちょっと腑抜けすぎていたので気を引き締め直したいと思います!
      次回もまたよろしくお願いします!!
      キメツーーーー!!!!

      • 名前:萌黄 投稿日:2019/12/23(月) 13:48:40 ID:7a0b8c2bf 返信

        トンガリさん、返信ありがとうございます!
        わーそうですSound Horizonです!私ファンなので!
        今回のフレーズが出てくるのは「Roman」という、フランス語をイメージしたアルバムの「美しきもの」という曲からです。
        少女の歌声がとても綺麗です。
        これは複数説があるのですが「病で短い生涯を駆け抜けた弟、それを見守り歌い続けた姉」ですね。私のお気に入りです。
        もし興味があったら聞いてみてください^_^

        • 名前:トンガリ 投稿日:2019/12/25(水) 01:27:44 ID:9967c6525 返信

          あってましたか!よかった!
          Sound Horizonさんは世界観が気になってましたのでこれを機に少し手を出してみようかな……。
          実はトンガリ、メロディアスでゴシックな感じが好きなんですよね。
          とりあえず「Roman」をレンタルなりで手に入れてみようと思います。
          複数説あるところが聴き手に解釈を委ねてくれる懐の広さを感じさせますね……好きです……。
          情報提供ありがとうございました!!

  2. 名前:弱味噌 投稿日:2019/12/22(日) 03:11:17 ID:37c4b65fa 返信

    毎度毎度お邪魔させてもらっています、弱味噌です。まあ何と言うか今回は人間の弱さと鬼のある意味ではの強さがどちらも描かれていたような気がします。今回協議してもらいたいのは主に二つです。まず一つ目は無惨をばらばらにした縁壱さんの技についてです。おそらくこの技が炭治郎が求めているものだと思いますが………….       それにしても無惨はしぶとく生き延びてきた奴なんですね。美意識高めかと思ったら、 昔はそうでもなかったようです(笑)。この時はもしかするとそれほど強くなかったかもしれませんね。えーっとその技のことなんですけれど七つの心臓と五つの脳と一つの首を 瞬時に斬る技ということらしいので、この技は対無惨専用なのかもしれないですね。  そして無惨はこの十三個(ちょうど拾参)のパーツが全部斬られない限りは絶対に安全ということそうですね。再び炭治郎が透き通る世界を発動し、十三人の隊士で一人一パーツ斬るというのもみてみたいですけれど当の本人が戦線離脱しているしなかなかみんな集まれていないので難しそうです。次に縁壱さんが抱いていたすみれについてです。たのしそうに笑っていておそらく彼女が今回のタイトル、無垢な人だと思いますが私の直感でこの人は亡くなたれたうたさんの生まれかわりなんじゃないかと思います(というか縁壱さんのためにもそうであってほしいです)。ここで回想に入ったということはまだまだすんなりとは終わりそうに ないので次回も期待してます。キメツーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/12/22(日) 22:36:29 ID:b173a94f1 返信

      弱味噌さんコメントありがとうございます!

      言われてみると、人間の弱さと鬼の強さ……浮かび上がっていましたね……。
      残酷にも思えるリアリティと遣る瀬無さを感じました……。

      無惨がなりふり構わずしぶとく振る舞うのは珍しいことですよね多分!
      この局面は流石に余裕がないというか、まさしく追い詰められていたのだろうと思います。
      なるほど、七つの心臓と五つの脳と一つの頚で十三!
      縁壱さんが頭の脳を斬っていなかったので必ずしもそれらの急所を全て斬る必要はないかもしれませんが、
      炭治郎が透き通る世界を発動して、縁壱さんの十三ノ型を試みるも不完全な発動に終わる……けど十三ノ型の通りに柱たちが追撃してくれて
      みんなで十三ノ型を決めるという展開はイケそうなのでは!?
      めっちゃ熱いですよその展開!!見たいです!!
      すみれちゃんが“うた”さんの生まれ変わりって滅茶苦茶ロマンがあるじゃないですか……。
      物語の最後に「全ての生命は何度も何度も巡りゆくのだ」、って締められて巡り巡って結ばれる人が結ばれる未来なんか描写されたらトンガリは泣きます。
      そしてその流れならキメツ学園に滅茶苦茶スムーズに移行できますね。

      次回は縁壱さんの回想か禰豆子の到着か無惨戦か!
      まだまだ目が離せません!
      次回も楽しんでいきましょー!
      キメツーーーーーーーー!!!!

  3. 名前:まぐねこnezuko 投稿日:2019/12/22(日) 07:30:21 ID:2e12f8794 返信

    無惨バラバラフェスティバルw
    トンガリさんお疲れ様です!
    みんな長文凄いですねぇ…(汗)
    初めて読んだんですけど
    他のよりめっちゃわかりやすくて
    ね!

    ね!!(もはや察して語彙力ないので)

    今後楽しみです。

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/12/22(日) 22:53:13 ID:b173a94f1 返信

      まぐねこさんコメントありがとうございます!

      無惨の緊急脱出呆れるくらい清々しくてビックリしました。
      逃げる時は逃げる!
      厄介極まりないです!!
      わかりやすいなんて言ってもらえると嬉しいです~。
      書いてる時はあんまり記憶ないんですよね……。
      結構長く記事を書いてきたと思うのですが未だに手探り状態……。
      いつになったら安定した執筆ができるのやら……。

      これからももっともっとうまくトンガリの気持ちを伝えられるように努力していきますので、
      今後ともよろしくおねがいします!!

  4. 名前:トンガリ 投稿日:2019/12/22(日) 21:53:55 ID:b173a94f1 返信

    七味とうがらしさんコメントありがとうございます!

    無惨の呼吸無しでも柱を圧倒する身体能力の一端が垣間見えましたね。
    タコの脳はそれぞれの足にもあるから9つなんですよ!
    それぞれの足が位置関係を把握しているから絡まないんだとか……。
    無惨の触手攻撃が絡まったりしないのも同じ理由かもしれませんね。

    猗窩座や黒死牟の頚の弱点克服プロセスを考えると頚に見せかけて頚ではなかった魘夢パターンとはまたちょっと違うようにも思えます。
    鬼の頚が何故弱点で何故日輪刀で斬られると消滅するのか。
    この辺りも無惨滅殺に絡めて説明があると嬉しいなと期待しています。

    縁壱さんは不遇でしたね……。
    タイミングやら結果やら色んなものが凄くまずいタイミングで重なってしまったように思います……。
    竈門家でほんの少しでも縁壱さん自身の人生に意味を見出すことができていて欲しい……。

    堕姫や半天狗が炭治郎の姿に縁壱さんを見ているので血縁的なものがあってもおかしくありませんね!
    血縁的なものがあっても、血の繋がりがなくただ約束を繋ぎ続けてきたことで姿が重なって見えただけでも、どちらにしても鬼滅の刃が掲げる「繋いでいくことこそ人間の強さ尊さ」というテーマに相違ない熱い展開になりそう!

    珠世さんもトンガリの中では擁護できない存在です……。
    なので珠世さんが「これだけのことをしたのだから私の罪は許されただろうか」というような心境を表に出していたら冷酷に言及していたと思います。
    それが無かったから一度は悪に堕ちても信念を貫いた人物として記憶しています。
    黒死牟は時代背景のせいで共感を得られ辛かったかその前に死んだ猗窩座と比較されてか当たりがきつくなっていたのかもしれませんね!
    トンガリは前回のコメントでも書いたように黒死牟にも環境やタイミングに少なからず同情の余地があると考えるようにしてますので、
    黒死牟にも珠世さんにも、鬼となることを選択してしまった人物に関しては平等に冷静に考慮していますよ。
    人それぞれ大いに捉え方が異なり、それが吾峠先生の手腕によるものである繊細な箇所だと思いますので、あまり人の意見は気にしなくていいところなのではないでしょうか。

    縁壱さんの剣術って日の呼吸の型ってことですね!
    それは確かに一番最初に出逢った剣士に鬼と鬼狩りの話を聞いて剣技を見せてもらってその剣術をベースに~という流れ有りそう!
    一から全ての型を作ることすら造作も無さそうですけど、鬼狩りに有効だと思うものは何のこだわりもなく流用もしそうですし日の呼吸には色んな要素が含まれてるのありそうですね。

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/12/25(水) 01:42:48 ID:9967c6525 返信

      頚を斬られた鬼が崩壊するのは無惨細胞によるものというのは新しいですね!
      鬼の生態はまだまだ未知の部分が多すぎて興味深い……。

      すやこさんの記憶は、その前のページに炭吉さんが描写されていることから三人一緒にいる時の話で、すやこさんの言葉を炭吉さんが聞いていたとも取れますので解釈次第ですね!
      あとは家系図にしっかりと目を通しているであろう炭治郎が「縁壱」という名前を聞いてピンと来ていないのでそこも少し引っかかってしまいます。

      無惨の天敵は炭治郎のみならず同期の五感組では!?
      柱と炭治郎で追い込んで、同期組で完膚なきまでに無惨滅殺!
      これ以上熱い展開ありますか!?
      吾峠先生であれば容易に上を言ってくださりそうですね……。

      狛治が猗窩座を倒し、巌勝さんの最後の一欠片が黒死牟の一穴になったというのは間違いないですね。
      猗窩座の相手が炭治郎と義勇さん、巌勝さんの相手があの四人で良かったなと思います。

      『道を極めた物が辿り着く場所はいつも同じ』についてそろそろ話を聞きたいところです……。
      鬼滅まだまだ気になることばかりですねぇ……。

  5. 名前:弱味噌 投稿日:2019/12/23(月) 03:13:30 ID:3ec6552e1 返信

    ごめんなさい。再び弱味噌です。                         皆さん日の呼吸拾参ノ型で盛り上がっているところすみませんがヒノカミ神楽ってまだ 型でいうと十一個しかありませんよね ……………。             たしか、円舞、炎舞、陽華突、碧羅の天、幻日虹、列日紅鏡、日うんの龍頭舞い、   火車、灼骨炎陽、斜陽転身、飛輪陽炎、(円舞一閃)、がここまで出てきていますけれど、円舞一閃は炭治郎が考えついた技だと思いますし、見聞録にも新たに編み出した技と  表記されているので型ではないと思います。                    
    そうすると、(この考えがあっているとすると)今後拾弐ノ型も見られるかもしれません。とはいえ、メインは拾参ノ型だと思いますのでどちらも楽しみにしていたいです。
    それではお邪魔しました、キメツーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/12/25(水) 01:22:18 ID:9967c6525 返信

      ヒノカミ神楽の型、もう一個ありますよね!
      見聞録に載るまでは円舞と炎舞も同じ技かなと思っていましたがしっかり書き分けられていましたね。
      拾弐ノ型も出してないから炭治郎はもう一度無惨戦に戻ってきてみんなと戦ってくれることだろうと思います!
      柱のピンチに炭治郎と禰豆子が到着する展開なんて考えるだけでテンション上がってきてしまいます!
      無惨戦まだまだ二転三転すると思ってますのでどう戦っていくのか楽しみです!
      一緒に応援しましょう!!
      キメツーーーー!!!!