鬼滅の刃 第126話「彼は誰時・朝ぼらけ」感想・考察


どうも! トンガリです!
表紙は泣きながら蹲る炭治郎……。
後述!!

誰時たれどき。そして朝ぼらけ。
朝おぼろ明け。
いよいよ夜明けです。

上弦の肆・半天狗の頚を斬りましたが、今度は禰豆子がピンチです。
戦闘においては不死身の鬼ですが、日光を浴びてしまえば崩れ落ちてしまう肉体です。

遮蔽物のない開けた場所で禰豆子の身を案じた炭治郎はすぐに禰豆子を避難させようと動きます。

しかし度重なる戦闘で動きも遅くなっていたのでしょう。
逆に、禰豆子が声も出ない炭治郎の元へと駆け寄ります。

と思いきや、禰豆子は炭治郎を心配して駆け寄ってきたのではありませんでした。
炭治郎の後方を指差す禰豆子。
その先には頚を失い崩れ落ちたはずの半天狗の肉体が!
形を保つどころか、里の人間を喰うべく襲いかかろうとしていました!

斬り落とした頚を、よおく見ると半天狗の舌の文字が”恨”になっています。
実は前回の125話から薄ぼんやりと”怯”ではない字になっているなぁと思っていました。
でも”憤”にも見えたし印刷が荒いのかなぁとスルーしていました。
本当です。

どうやら半天狗最後の悪あがきで恨み鬼を作り出していたようです!(こいつにも名前はあるのか!?)

すぐに止めを刺すべく走り出しますが、その瞬間でした。

丘の上から日が差し込みました。
夜明けです。

そして陽の光が届いたということは……。

陽光が鬼である禰豆子の身を焼きました。

上弦の鬼たちとの激闘を繰り広げ、何度も大きなダメージを喰らっている禰豆子が「ギャッ」と叫び動けなくなっています……。
鬼にとっての陽光というのはそれほどに苦しいものなのでしょう……。
累くんも陽の光で鬼に拷問をしているような発言をしていました……。

咄嗟に禰豆子に覆いかぶさり庇う炭治郎でしたがそれでも守りきれません。
禰豆子に体を小さくするように指示を出していますが、完全に陽が登ってしまえば焼け石に水でしょう。

そうこうしている間にも半天狗は里の人を襲わんとしています。
玄弥も無一郎くんもまだ崖の上に……。
半天狗を止められるのは炭治郎だけ、しかし禰豆子を抱えての移動では間に合わない。
駄目だ決断できない……決断……。

ああー!!!!!!
なんで炭治郎はいつもこんなことになってしまうんだ!!
どうする! どうする!?

このどん詰まりの状況で、決断を下したのは意外な人物でした。

自身を守るために、覆いかぶさっている炭治郎を蹴り飛ばし、里の人を救うべく促します。
当然、禰豆子には陽の光が……。

身を焼かれながらも、炭治郎へと向けたその表情は、とても穏やかな微笑みでした。

今までずっと炭治郎から守られる立場であった禰豆子。
あくまでも炭治郎が妹を人間に戻すための旅、鬼殺隊への入隊。

しかし禰豆子はいつも周りの人間を守ろうとしていました。
最初は鱗滝さんがかけた暗示が効いていたからというだけかもしれません。
でも、今の禰豆子はもうそれだけではないとハッキリ感じます。
もう自分たちの家族のように辛い想いをする人たちが増えてほしくない。
平和な世を乱す鬼が許せない。

そんな鬼殺隊の一員としての強い意志を持って戦っていたんだと痛いほど伝わってきました。

そしてその意志は炭治郎にも伝播します。

禰豆子の意志を受け取った炭治郎は着地するよりも先に覚悟を決め、半天狗へと意識を向けます。

本体の位置を推測し、まだ近くにいるはずだと目星を付け、鋭い嗅覚を更に深く深く研ぎ澄ませ半天狗の位置を嗅ぎ分けます。

そして見つけました。

間一髪、里の人たちの頭に手をかけていた半天狗に追いつき腕を両断することに成功します。
そして集中した嗅覚によって位置も形も色も捉えている半天狗に向かって断罪のセリフを叩きつけます。

心臓に潜んでいる半天狗へと真っ直ぐに突き付けられた言葉は、半天狗の脳裏に人だった頃の記憶を蘇らせます……。

卑怯者!!

捻じ曲がった性根だ!!
悪鬼め!!!!

お前の頚は俺が斬る!!

生前からしてろくでもないやつでした!!
分かっちゃいたけど……分かっちゃいたけど……!!

スピードワゴン!!

こいつは生まれついての悪だッ!!

ありがとう!

というか外見すらほとんど変わらない(角生えただけ?)って……。

炭治郎頼むう!!
この悪鬼を滅殺してくれええ!!!!

悪鬼滅殺!!

今度こそ、完璧に半天狗の頚を斬りましたぁ。
何だかんだでやっぱりしつこかった。

ここで逃していたらそれこそさらなる惨事を引き起こしていたことでしょう。
強力で凶悪な上弦の鬼を討ち取ることができたのはこれ以上無い成果だと言えるでしょう。

今度こそ本当に本当に、半天狗の体はバラ…と崩れていきました。
鬼殺隊の勝利です。

しかし……。

禰豆子~~……。

禰豆子……。

表紙の泣き崩れる炭治郎はこの場面だったのですね……。

禰豆子ぉ……。

蹲る炭治郎に刀を抱えた里の住人が呼びかけます。

(妄想スタート)
この呼び掛ける際に名前を知っていたのって、きっと炭治郎が里に滞在している間に色んな方に大きな声で挨拶したり雑用のお手伝いなんかをしていたからだと勝手に解釈して、炭治郎の中では名無しのモブキャラとかでなく本当にちゃんとどんな人かも認識している一人の人間であって、それは禰豆子にとっても同じで、建前でなく本気で誰一人として死なせたくなくて、だからこそ力の源がたくさんあって、それで誰よりも強くなれるんだろうなあって勝手に考えていました。
優しい……炭治郎も禰豆子もとびっきり優しい……。
(妄想エンド)

禰豆子を失った悲しみでボロ泣きしてる炭治郎に鍛冶師さんたちは何かを訴えています。
炭治郎の後ろを指さしている……?

振り返ってみるとそこには――。

禰豆子ーーーー!!!!

おはよーーーー!!!!

そこには陽光の中に佇む禰豆子が!!
そ、そそそれに「おはよう」って!!
しゃべてる!!!

良かったああ!!
色々たくさん考察することはあるけれども今はとにかく良かったーー!!!!

夜明けを報すように微笑みは灯る!
これは日が昇るって意味の夜明けと、炭治郎にとって明けない夜だった竈門家の記憶に明るい朝が訪れるみたいな意味のダブルミーニングなんですね多分!(なんのこっちゃ)


はーい!
という訳で今度こそ半天狗撃破です!!

そしてそして!!
禰豆子が陽の光を浴びて生き残ったー!!

すごいですよねこれ!!
あれ??!
無惨さんアナタ太陽駄目でしたっけ????
あれえー??

とまあ無闇に煽るのはやめて展開予想といきましょう。

もう陽が出ているので他の上弦による急襲はありませんよね!?
やったーー!!

いつもいつも不穏な予想ばかりしてすみませんでした。
これからは明るい太陽のような展開予想を増やしていきます。(日の呼吸)

多分半天狗本体を倒したので憎珀天も消えているだろうし……。
この流れで蜜璃さんだけ現役続行不可な重傷を負ってるってことはないですよね!?

という訳で今回は鬼殺隊完全勝利!!
って予想でいいのではないでしょうか!

やったぜ。
お館様が感動しすぎて大変なことにならないといいけど。

当然、鬼側は暗黒のパワハラ会議の始まりですよね。
さあ、異空間無限城に集まるのだ。

今回は鬼がこれからどう動くかの方が気になりますね。
上弦が半分も欠け、柱を一人も殺せなかった。
人間側も力を付けていることが分かっただろうし、上弦も個々に戦わせていたら滅殺される可能性は十二分にあることが証明されました。

となると……。

となると、どうなる……?

とりあえず禰豆子の存在が鍵になってくるのは間違いないと思います。

無惨様がずっと探してる青い彼岸花。
これも本当にただ青いだけの彼岸花ではないかもしれませんので、もしかすると禰豆子こそが青い彼岸花ということも有り得そうです。

となると「死んだとはいえ、上弦の肆と伍はよくやった。我々の悲願である青い彼岸花を見つけたのだから」なんてゴキゲンな無惨様が見られるかもしれません。

あーでもやっぱりしゃべる禰豆子が一番気になります。

旅の記憶はあるのかな?
おはようと言っているから鬼にされてからの記憶は無いかもしれません。
今やっと意識が戻ったというか、本来の禰豆子の性格が表に出てきたといった感じで。

それか、優しい心を持ちながら激しい食欲によって目覚めた、究極の鬼になってしまっていて、
無惨様を凌ぐ強力なラスボス鬼になってしまっている可能性も……。(不穏)

なーんて!!
不穏な展開はもう鬼滅にはありませんよね!

蜜璃さんも軽傷、無一郎くんもすぐに復帰。
炭治郎はまた蝶屋敷で療養して、喋れるようになった禰豆子が看病しながら善逸や伊之助とてんやわんやするんですよ。
たまに玄弥や無一郎がお見舞いにきたりもします。

最高です……それで良いんですよ……?

とにかくトンガリはもうしばらくはのんきな展開予想しかしません。

半天狗に止めを刺した刀もあっさりきちんと研ぎ終わって、彫られている漢字一文字もあっさり判明。
そして鉄地河原鉄珍さんも無事に長老復帰して、善逸たちのパワーアップイベントとかが来るんだろうなぁ。

伊黒さんも蜜璃さんやたんじろの様子を見に来てくれたりしないかなぁ。

天元さんは出てきてくれる気がする!!
あと不死川実弥さんと悲鳴嶼さん!!
玄弥頑張ったしなんかあってほしい!!

あー来週は絶対ハッピーな感じだろうから早くみたいです!!
次回も土曜日に発売なんでしょうか!?
今週はうっかりしてて早く読まなかったので次回分は速攻で読みます!!!

さー祝勝会だー!!

『鬼滅の刃 第126話「彼は誰時・朝ぼらけ」感想・考察』へのコメント

  1. 名前:ばんぶー 投稿日:2018/09/18(火) 20:00:47 ID:d50a69a8f 返信

    キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!

    え?なんで?いつから?日の光当たって良かったの?
    ていうかなんで今まで喋れなかったの?
    しかもこのタイミングで。もう頭追いつかないっすよw

    にしてもホントに7体目いたんだ…。コブじゃなかったとはいえトンガリさんすごいw

    • 名前:トンガリ 投稿日:2018/09/19(水) 10:34:10 ID:6a327abe0 返信

      喋りましたね!!
      直前まで日光でダメージ受けてたし本当にあの瞬間に何かあったんだと思います!
      身勝手じゃない鬼とか人間を一度も食べなかった鬼とか、禰豆子は他の鬼と比べて特殊な部分が多くて日光克服の理由の予想がつきません!
      もしかすると日の呼吸が関連してるかもしれませんし、炭治郎が半天狗を滅殺していた時にいつものように竈門家の皆さんが禰豆子に語りかけていたかもしれません。
      とにかく急展開で同じくまったく頭が追いついていません…w
      しかしネガティブな展開でないのならトンガリは大歓迎です!ヒャフー!!

      コブの中に本天狗がいるんだ!みたいな予想してましたねw
      半天狗の走馬灯で人間時代から頭にあのコブがあったっぽいのを見て何というか…。
      なんかちょっと可哀想だなと思いました。
      感情鬼たちの外見はイケてる人間への憧れみたいなものがあったかもしれませんね…。

  2. 名前:抜刀斎 投稿日:2018/09/19(水) 11:39:20 ID:f18094579 返信

    禰豆子が青い彼岸花そのものになったのはありそうですね!
    そのうち久しぶりに珠世さん達が出てきてあれやこれや考察回するんですかね?

    ただ、禰豆子が青い彼岸花化したのなら、無惨様一向に拉致られそう…
    無惨様が太陽克服したらもう活火山にブチ込んで、噴火で地球から追放するしかなさそうですね…

    • 名前:トンガリ 投稿日:2018/09/19(水) 12:11:14 ID:135ba6ae6 返信

      青い彼岸花は早く詳細を知りたいですよね~!
      珠世さん再登場待ち望んでいるので本当に早く登場して頂きたい。
      きっと再登場しても美しいぞ。
      禰豆子さんの血液を調べていて新たなことが分かりました~って再登場も違和感ないですよね。
      無惨様を倒した後にでも鬼の起源を追究していく鬼源探求編みたいな展開があったりするかも!?

      禰豆子を巡る戦いになってしまいますよね!!
      無惨様が考えるのをやめてしまう~!!