鬼滅の刃 第144話「受け継ぐ者たち」感想・考察


おはこんばんにちは!!
トンガリです!!

タイトルの「受け継ぐ者たち」が強烈な鬼滅の刃ワードで今回も期待が盛り盛りです。
表紙のこのキャラクターはお館様の後継者……?と気になりましたが今回は炭治郎と水柱・冨岡義勇さんの場面からスタートです。

どうやら無限城は鬼殺隊の隊士たちを分散すべく、常にトラップを仕掛けてくるようですね。
できるだけ各個撃破したいという仕掛けは複数人の柱が相手では上弦の鬼も危ういと感じているからでしょう。
こう姑息なことをされると「人間は鬼には絶対に勝てない」というスタンスが情けなく感じますね……。

炭治郎は無惨に接触している珠世さんが今も無事で、そしていつまで耐えられるかを心配し無惨の元へ早く辿り着かなければと考えているみたいですね。

当事者である炭治郎たちはどこで誰が戦っていてどうなっているのか分からないですもんね……。
読者だってしのぶさんと義勇さん以外の柱がどうなってるか分からないんだもん……。
カナヲも同じくらいの修羅場でピンチだよ……。

と、次の瞬間。

突然の訃報!!

鎹鴉ーーーー!!!!
君たちはいったいどれだけ有能なんだ!!!!
(ああぁっていうかしのぶさん死亡なんだ……)

というかこれを見越してこういった伝達手段を考えていた産屋敷一族かな……?
いつのまに鴉を無限城に忍び込ませていたんだろう……。
元々、鬼側にもこういう拠点があると推測していてチャンスがあれば即時投入しようと準備していたのか……。

それにしても柱である義勇さんが「伝達が異様に速い」と考える程の速さ。
鴉の首には愈史郎が使う“眼”の札が下げられています。
どうやらこれで戦況を確認しつつ伝達しているので、いつもの鴉テレパシーのみの場合よりも戦況把握とその伝達が随分と速い模様。
集団戦での自軍の戦力把握等の情報は考える以上に重要であることは間違いないでしょう。
珠世さん愈史郎組と手を組んだ成果は大きいですね。

しのぶさんの悲報を聞いて、涙こそ浮かべないものの、驚いたような表情を浮かべる義勇さん。
すぐにいつもの冷静さを取り戻してはいますが内心ではどう思っていたのか……。
ただでさえ表情に何の情報も出てこない義勇さんが一瞬とはいえ表情に変化があったのですからそういうことでしょう。
煉獄さんの時も一言しか喋ってなかったけど内心ではめっっっっちゃ色んなこと考えてたんだろうな。

そして登場したのは産屋敷家当主・産屋敷輝利哉きりや

鴉による伝達も彼が主導で行っているようです。
そして愈史郎の札によって“眼”を搭載した鴉で行っているのは戦況の把握のみではなさそうです。

その手元には建物の見取り図。
どうやら産屋敷輝利哉くんは無限城の見取り図を作成しているようです。

齢八歳にして産屋敷家当主となった輝利哉くん。

「父・母・姉二人を亡くしても悲しむことすら許されない」
「それは後ろに控える妹二人も同じ」
「妹の名はくいな かなた」
「姉の名はひなき にちか」

「父は厳しかった」
「長く生きられないので子供たちを早く大人に育てなければならなかった」

「同じように厳しく優しかった母ももういない」

「そして輝利哉は父に代わり 鬼殺隊の隊士こどもたちの父にならなければならない」

鬼殺隊のどの隊士にも劣らない厳しく過酷な人生ですね……。
自分よりも年上の隊士たちの父に……。
いくらそのように育てられたからといっても、難しいですよね。
少なからず年配の隊士たちが支えていくことになるでしょう。
完璧に見えた前お館様だって、囮の話をしていた時の感じを見ると岩柱・悲鳴嶼行冥さんなんかには支えられていた部分はあったのではないでしょうか。

無限城から生還した炭治郎から本物の優しさというものを嫌というほど与えられたらいいと思います。

「愈史郎さんの“眼”を借りた鴉は半数に届いたかな?」ってどういう意味でしょうか。

  • 無限城の外で鴉に“眼”札を付けて無限城に送り込んでいる
  • 無限城の中で鴉に“眼”札を付けている

前者は無限城に鴉を送り込む手段がなさそうな気がするから後者でしょうか。
だとすると、扉が出た瞬間に鴉を大量に侵入させていて、現在進行形で鴉に“眼”札を付けていっているということになりますね。
ということは愈史郎も無限城に行っているということになります。
大量の鴉たちが一羽一羽愈史郎の元に辿り着いて一枚ずつ首に掛けてもらってるのかなと少し和む想像をしてしまいましたが、現在進行系で地図を作成中なのにそんなに的確に愈史郎の元へ向かうこともできませんよね。
となると、愈史郎の元に辿り着けた鴉が、“眼”札を大量に貰って、色んなところを飛び回りながら色んな鴉に“眼”札を配りまくっている、という感じでしょうか。
「鴉たちに一枚でも多く“眼”を撒くよう伝えて」との発言がありますので、たぶんだいたい合ってる。

しかしよくそんな大量の鴉を無限城に送り込めましたね……。
もしかして、鬼舞辻無惨と柱たちを送った時の無限城の扉ってまだ消えてない?
描写ありましたっけ?

あとさらっと鬼舞辻無惨の位置は把握できてて笑った。
これなら思いの外早く無惨と戦える柱が出てくるかも?

そして話は上弦と対峙している隊士へ。
現在上弦と対峙している隊士は、栗花落カナヲと我妻善逸の二人。
今回は善逸の場面が描かれます。

「チビでみすぼらしい」「壱ノ型以外使えるようになったか?」等と煽られる善逸でしたがなんと、めっちゃキレッキレに煽り返しています。
獪岳って登場人物からも適当な穴埋めで上弦になったと思われてるんだ……。

そして明かされる善逸の怒りの理由。
元雷柱の御老公は雷の呼吸の使い手から鬼を出したからという理由で切腹をした、とのことでした。
それも、介錯人の立会も無しに、腹を切ったあとに喉をついたりもせずに死んでいたそうです。
それは自ら長く苦しむことを望んでいたかのような、覚悟の切腹だったからでしょう……。

そのことを手紙で知った善逸の心境はどれほどのものだったのでしょうか……。
きっと強くなって剣を極めて……善逸と御老公との間には色んな約束があったと思います……。
「俺が柱になったら育手も引退してゆっくりしなよ!」とかそういう会話があったりしたんじゃないかと想像しているだけで辛い気持ちになってきます……。

ふと思ったのですが、手紙を読んでから善逸はずっと我慢していて、無限城で獪岳に爺ちゃんへの想いをぶつけたこの場面で、初めて涙を流したのではないでしょうか……?(妄想)

元師匠の死の事実を知った獪岳。
少しは思うところがあるかと思いきや、「知ったことじゃねぇよ」と全く悪びれる様子もありません。

獪岳……。
どうして爺ちゃんはこんなヤツを善逸と共同で後継に……?
本当に獪岳の本性を見抜けなかったの……?

っていうか雷の呼吸の継承権とかを持っていても柱の耳には何の情報も入らないのかな?
悲鳴嶼さんはミスリードで無ければ過去に獪岳と接点(しかもかなり重い)があるから名前を聞いたら何かアクションがありそうなものだけど……。

鬼滅史上最高に胸糞悪い鬼に対して鬼滅史上最高にかっこいい善逸が大見得を切ってくれたので悲しみ以上に善逸への期待と応援が膨れ上がってきました。
獪岳が煽られてあっさり切れてしまっているので小物感もすごいすごい。

そして気になっていた部分もあっさりと披露してくれます。

雷の呼吸 肆ノ型 遠雷

とうとうお披露目の雷の呼吸の他ノ型!!
使うのが獪岳だと言うのが残念でなりませんが雷のエフェクトはかっこいいですね!
しかし四方八方に雷が広がるこのエフェクトがどんな動きを表しているのかは全然わかりませんでした……。(アニメ化に期待)

そして雷の呼吸の技を繰り出した獪岳にすれ違いざま一閃!!
あっさりと獪岳に一太刀入れることに成功します!!

獪岳もそれほどうろたえてはいませんが、はっきりいってこれは圧倒して圧勝する展開ではないでしょうか!

次回もう決着しちゃっててもいいかっこいい引きで次回へ!!


やったー善逸勝利!!!!

と先に言っておくことにします!!
もう次回決着ですよねこれ!!

まぁ決着後に雷の呼吸と獪岳の回想を一話くらい使ってもいいですけど。
もう善逸も変にダメージ負わず圧倒的な勝利でいいですよ。
これは何のフリでもなくマジでそんな感じでお願いします。
実は爺ちゃんがかなり好きだったので強くなって柱になった善逸の姿を見せられない事実だけで、どんな過去や何があったかなんてお構いなしに獪岳が大っきらいです。
もう反省することも改心することもできないと思うのですぐに滅殺してください。
爺ちゃんのことを思うと無念です……。

輝利哉くんもすでに凄く頑張ってて胸が痛い……。
でもこの決戦で鬼舞辻無惨さえ滅殺できれば全てが報われるんだ……。

正直、鬼滅の刃が終幕に近づいていくのが嫌で、この無限城決戦編で全ての戦いに決着はつかないで欲しいと思うところあったのですが、キャラクターたちの気持ちを考えるとやっぱりここで決着をつけなくちゃ余りにも悲劇が過ぎると思い直しました。

という訳でこれからは何としても鬼舞辻無惨を討ち!上弦を全滅させるべく応援していきたいと思います!!!!

ま、新たな敵が出てくるだろうしきっと連載は終わらないよ。
大丈夫だ……未来はもう動き出してる……。

という訳で次回は展開は分かっていてもどう演出してくれるかが気になってもうすでに待ちきれません!!!
まだ無限城決戦編は序盤と言っても過言ではないのにもうこの盛り上がりですからね!?
このままのペースでトンガリのメンタルはもつのでしょうか……。

善逸頑張れーーーー!!!!!!!

『鬼滅の刃 第144話「受け継ぐ者たち」感想・考察』へのコメント

  1. 名前:抜刀斎 投稿日:2019/02/06(水) 02:10:13 ID:ae5dd24bc 返信

    獪岳の刀の黒刀に稲妻の意匠が不覚にもカッコよかったです笑
    技もジゴ○パークみたいで結構好みですので、獪岳が瞬コロされると他の型が見れないなぁというジレンマ!

    それにしても善逸の舌戦キレキレでしたね!見ていて気持ちよかったです!やはり善逸はやるヤツと思ってましたよ私も!

    あと、獪岳は悲鳴嶼さんとも因縁がある上、件の悲鳴嶼さんもその辺にいるわけですし、来週あたりに善逸と合流しそうな気もしますが、善逸が瞬殺しそうな気もします笑
    ただ、今回は仕留めきれず次の編でという可能性も無くは無い気も…

    善逸を含め、炭治郎たち同期が柱になった姿を見たいんですが、この編で無惨が討たれるとそもそも鬼殺隊もお役御免ですし、
    なにより現柱で新柱に残りそうなのが年少で炭治郎たちとタメの時透くんと、おっぱい枠の甘露寺さんの二人辺りかなって考えると、それってやはり敗走エンドだよな…っていうジレンマを感じつつ来週も期待です!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/02/06(水) 14:20:44 ID:8b2846aea 返信

      あまり言いたくはありませんが…正直獪岳の刀と技のエフェクトはかっこいいです…!
      鬼化して黒くなってるのが多分かっこいいんでしょうね!?
      少年漫画の敵としてはまぁなんというか、良いんじゃないですか!?(半切れ)
      なので技は一通り出させてあげてもいいですよ

      善逸見事です…ほろり…
      元から毒舌は得意でしたもんね!
      爺ちゃんからも認められてましたし腹が据わればこんなもんですよ!

      悲鳴嶼さんどうしましょうか…
      あの人はもう過去を乗り越えて生きているので…
      でも死んでしまった子どもたちの供養のためにも精算しなければならないこともありますよね…

      無惨を倒して次の編で真の鬼の存在とかそれ以外の化け物とかを出してくれたら良いんです…
      実は上弦の鬼はそいつらを抑えるのに結構な時間と労力を使っていたとか…
      どちらにせよ無一郎くんは是が非でも欲しいです
      最悪撤退になったとしても悲鳴嶼さんがその気になったら無惨と上弦の壱と参を同時に相手にしても他の柱が逃げる時間くらい作ってくれると信じてます…!

  2. 名前:ばんぶー 投稿日:2019/02/06(水) 12:46:24 ID:327caffb5 返信

    輝哉さん享年23歳、輝利哉さん8歳・・・うーむ

    善逸が起きてるのに強い!
    目にくまがあるようにも見えるし、寝る準備もばっちりですね()
    というか善逸しかいないし、これで勝ったら善逸が柱になっちゃいますよ!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/02/06(水) 14:27:38 ID:1ac5cbf31 返信

      改めて文字に起こしてみるととんでもない一族ですね…
      というかよくこれまで血を絶やさずに…
      8歳の息子の姉もいるので姉が年子で双子だったとしても耀哉さん14歳の時の子ということに…

      善逸しばらく寝ておらず、追い込まれて寝る展開あるでしょうか!?
      それでこそ善逸という感じもしますが今回は爺ちゃんのこともあるので知らん間に倒してたではなくしっかり意識ある状態で倒して欲しい気持ちはありますが…
      無意識と覚醒の狭間の究極の心理状態に到達して完全善逸になる可能性も!?
      もしや至高の領域とは…
      というか埋め合わせとはいえ上弦ですもんね!!
      撃破したら文句なしに柱ですよ柱!!
      ヒャー!!
      ここまでのやりとり見てるとかなり期待感あります!
      善逸頑張れ…!!

  3. 名前:胡蝶って名字が良かった 投稿日:2019/02/08(金) 21:21:00 ID:a62c8814d 返信

    無惨が死んじゃうと、鬼がみんな死んじゃうから、そうすると、もう鬼滅の刃終わっちゃうから自分的には、上弦の壱が無惨吸収して無惨の力を手に入れた上弦の壱(元、日の呼吸の使い手…だったらいいな)がラスボス。
    的なやつがいいな。
    てか、とにかくこれ以上誰も死んでほしく無い。しのぶさん好きだったし、不死川が弟が無限城にいるなら庇って死にそう(もしくは重傷)にはりそうだし。

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/02/08(金) 21:36:21 ID:8277ad4cf 返信

      コメントありがとうございます!
      鬼滅の刃のネーミングって綺麗だったり繊細だったり、秀逸なものが多いですよね。
      無惨が死ぬと鬼が全滅する設定は難しいですよね!
      トンガリ的には無惨は滅ぼされるよりも、人間に戻された方がこれまでの悪行に対する罰を与えられるのではないかなと考えています。
      なので人に戻る薬が陽の光で100%作用して無惨が人に戻ればいいなぁと。

      >これ以上誰も死んで欲しく無い。
      文句無しに激しく同意です。
      どう考えても死者が増えるよりもう誰も死なない展開の方が好きです。
      ただ死んでも守りたい、死んでも倒したいという想いのキャラが多すぎます…だから心配で毎週ハラハラして毎週一喜一憂しています…。
      不死川兄弟の交流はありそうですよね!!
      トンガリは玄弥が鬼を捕食し過ぎて鬼化が進行しかけてピンチに、という展開に合わせて不死川兄弟の再会が来ないかなぁと期待してます!

  4. 名前:時透君がカッコよすぎてヤバい 投稿日:2019/05/05(日) 17:53:15 ID:2973df74c 返信

    あの、かなをと童麻はどうなったんですか…?
    誰が、童麻を倒したんですか?ジャンプは買ってなくて、この記事見たけど載ってないので
    教えてください。
    追加で、今のところ、どの鬼が倒されたかも良ければ教えてください。
    多くてすいません⤵よろしくお願いします‼

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/05/06(月) 13:38:39 ID:96da488cc 返信

      カナヲと童磨は現在戦闘中だと思われます
      鬼側は猗窩座戦が決着しましたよ〜

      単行本派の方でしょうか?
      ジャンプで毎週連載を追うのも楽しいですよ〜!
      単行本でまとめて読む方が話の流れがスムーズに入ってきやすかったりもするかもしれませんが、トンガリは完全に毎週連載を追う派です!
      最新話を読んで毎週あーだこーだ考えるのは最高に幸せです!
      これを機に電子版のジャンプ+の導入をご検討してみたはいかがでしょうか(^^)

  5. 名前:かすが 投稿日:2019/12/07(土) 16:23:01 ID:67bc9f664 返信

    えーー獪岳嫌いなんですか、残念…。
    この回の善逸起きてるのにすごくつよいですよねぇ