鬼滅の刃 第180話「恢復」感想・考察

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第180
週刊少年ジャンプ201948


おはこんばんにちは!
トンガリです。

表紙が、すでに泣かせにきています!

しかしトンガリ、すでに前を向いてそれなりに立ち直っているので颯爽と本編を読んでいきます!!

まずは炭治郎、水柱・冨岡義勇さんコンビの元へ鴉による勝利の報告と――……。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第180

ダメでした!!

またもトンガリはダメなやつになってしまいました!!
たったの1ページで……。

訃報を受け取り涙が零れ落ちる炭治郎を見てそのまま込み上げました。

たんじろ……最期の最期まで戦い抜く……みんながそうしたように……。
炭治郎は強い……。

「みんな死んでしまう」と瞬時に二人がこの世からいなくなってしまった実感が湧いているのが悲しい。
それだけ極限状態の戦いであるということ。
泣いて立ち止まっている時間は無い……これまでにそういった戦いを乗り越えてきた炭治郎だからこその、この力強く走り続ける姿が誇らしくて誇らしくて……。

うおおおおおお炭治郎頑張れええええええええ!!!!

微笑みかけてくれている二人も絶対炭治郎のことを応援してくれてる。

炭治郎は「受け継ぐことが出来なかった者」であることが判明しました。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第180

ヒノカミ神楽は十三の型まである!

さらっと手紙の内容に触れてきました!

炭治郎は十二までしか知らないそうです。

炭治郎には踊れないことを見抜いた炭十郎さんが教えなかったの?
それとも十三の型はそれぞれの形でそれぞれの数だけあるとかそういう少年漫画心が爆発しそうな程かっこいい設定?

これは!!!!
炭治郎は自分自身の十三の型を編み出して活路を開く超絶激アツな展開の予感!!!!

だって炭治郎、走り続けてますからね。
泣いてるくらいなんだって言うんですか。
むしろ強くなるってもんです。

自分の知らない十三の型の存在を突き付けられながらも、無惨滅殺の気持ちは微塵も揺らぐことのない炭治郎。
凄く立派です。
頑張れ……!!

しかしその炭治郎の涙ぐましい覚悟に水を差すかのように無惨の復活が示唆されます。

無惨の復活がもうすぐそこまで迫っていることを予見した輝利哉様は無惨のいる位置へ向かわせている鬼殺隊員を一時退避させるよう指示を出します。

しかしそれよりも早く、鬼舞辻無惨が復活してしまいます。

復活した無惨によって向かっていた隊員は全て喰い殺されてしまいました。

…………。

……………………。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第180

全員喰い殺されてしまいました。

第二陣も。

無惨の元に到着した隊士の一人がこう言いました。

「待機なんてしてる場合じゃないだろ!」
「柱が来るまでに少しでも役に――…」

確かに、トップの命令や指示に従わないのはまずいです。

しかしそれも“鬼舞辻無惨滅殺”という最終目標への想いが強いからこそ。

それだけのために命をかけ、悲しみや絶望を乗り越え、厳しい修行にも耐えてやってきた剣士たち。

役に立ちたいという願いも叶わず、あまつさえ自身が食糧となり無惨を回復させてしまうという、そんな出来の悪い悲劇のような最期……。

この最悪の敵が復活した、たった数ページだけでこの不愉快な気分ときたら……。
吐き気を催す、とはよく聞きますが、この胃の腑がムカムカするような何とも言えない感情はどうしたものか……。

鬼殺隊員を喰い散らかした無惨は手にしていた珠世さんに「お前の薬も効きはしなかった」と話しかけます。

「お前…は…今日…必ず…地獄に堕ち…る…」

「今まで何百もの人間が私にその言葉を吐き散らかしたが」
「それが叶うことは決して無かった気の毒なことだ」

「私の…夫…と…子供を…かえ…せ…」

ならばすぐさま死んで己が殺した・・・・・身内の元へ行くがいい


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第180

もおおおおぉぉぉぉ…………。

珠世さんも無惨の掌にある悍ましい口で喰われてしまいました……。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第180

珠世さん様子を見ていたであろう愈史郎の衝撃は想像を絶します。

立っていられなくなった愈史郎はうつむき地面に手をついてしまいます。

畳を握り潰し、文字通り鬼の形相で怒りを露わにしながらも、耐えています……。

珠世さんからの頼みを守り続けています……。

無惨は炭治郎や義勇さんのいる方向とは逆方向に進行しているようで、すぐに駆けつけられる柱がいません。

止めるもののない無惨は鬼殺隊員たちを蹂躙し続けます。
かなりの数の隊員が犠牲になっています。

こうして、珠世さんやお館様、悲鳴嶼さんが連携した策によって与えたダメージがおそらく回復されてしまいました……。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第180

圧倒的な鬼舞辻無惨。
始まりの呼吸の剣士・継国縁壱ですら仕留めきることができなかった諸悪の根源。
上弦の鬼たちを狩り尽くそうとこの鬼から余裕を奪うことはできていません。

この先どうなるのか、柱がどれだけ渡り合えるのか。

柱ならきっと、という思いもありますが、輝利哉様の反応を見ていると上弦の壱・黒死牟の事態と比べてもなお上回る絶望感……。

いよいよ最終決戦が始まります。


始まりました。
鬼舞辻無惨の夜です。

ただ鬼の身体能力で大暴れしているだけでこの殲滅力は嫌になります。

でも上弦の弐・童磨や上弦の壱・黒死牟のように部屋を設けていないからほんのちょっと格落ち感が……。

とも言っていられない現状。
隊士を喰って回復されてしまったのは状況的にも心情的にも物凄く厳しいです。
厳しいです!!!!

珠世さんもきっちりバリバリッと喰っている描写がありましたが、しのぶさんの時のように仕込み毒が……「また?」と感じてしまうでしょうか?

でも、これが余裕綽々な態度でしのぶさんを捕食した童磨の行動と似てると少し思ったり。

あと自身の血族である産屋敷のことを皮肉とは言え褒めたり、「鬼にしてやってもいい」と言うのが、自身の末裔である無一郎くんを鬼にしてもらおうとしていた黒死牟に重なるようにも。
勧誘部分は猗窩座かな?

その他上弦に重なる部分は特にないように思えるので、上記の3つはありがちな鬼の行動パターンとして一致しただけかなとは思いますが、もしかしたらこれまでの鬼の残念な部分を全てなぞってから伝説的な憤死を魅せてくれるんじゃないかとうっすら期待してしまいました。

はぁぁ~~……。
今回も重いですね……。

珠世さん……。

トンガリ的には珠世さんが喰われて破裂しそうな程の怒りを堪えている愈史郎が今週のベスト鬼滅の刃でした。
殺してやりたいくらいの怒りだろうにどうして単身無惨の元へいかないのか。
やはりどんなことがあっても珠世さんの頼みは……。

正直最愛の人の望みが「生きて欲しい」だったとしてもこんなことになったら復讐を選んでしまいそうではあります……。
胡蝶姉妹や不死川兄弟だってそうですよね……。
もしもこのまま愈史郎が珠世さんの頼みを貫き通したら好きなキャラトップ3に入ってしまいますよ……。

「人間には限界がある」
「では鬼なら?」

というフレーズを覚えておられますでしょうか。
堕姫戦の時に、炭治郎が人間にある「命の限界」ギリギリまで戦い抜き、その後禰豆子が堕姫を圧倒するところまでいった時のナレーションです。

今回の愈史郎は当時の禰豆子以上の激しい怒りによるブーストがかかるんじゃないかなと思いました。

「その激しい怒りが無限に体を突き動かす」
「敵の肉体がこの世から消えて無くなるまで」

あの時と違うのは、無惨が鬼の細胞も破壊・捕食できることとですね。(条件きつすぎ)

愈史郎が術を用いながら時間を稼いで稼いで稼いで稼いで、命を使い果たす寸前、術が解けたその時、鬼舞辻無惨を囲む柱たちの姿が。

とかそういった展開ができるくらいのキャラクターだと思ってます。
珠世さんが「ありがとう愈史郎」とか言いにきたらシンプルに泣き喚くだろうなトンガリ……。

珠世さんこのまま何も無しに死んじゃうのは嫌だーーーー!!!!

無惨のビジュアルどうですか?

無惨は大っ嫌いですが悪役としてのこのフォルムはまぁ悪くないですね。
全てのものを喰い尽くす存在であるかのような口の数、邪悪で禍々しい風貌。

捕食者という感じがしますね。

でも、正直無惨の行動って迂闊ですよね。
鬼狩りは今夜潰すとは言ってますけど、禰豆子の居場所とかって既に分かっているのでしょうか?
全隊員を無限城に閉じ込めた自信があるんでしょうか。

黒死牟を殺めることができた剣士たちに対してどうしてここまで余裕なのか。
鬼殺隊には縁壱さんの再来のような剣士が隠されていたとか考えないのでしょうか。
黒死牟に「柱を何人倒した?」とか聞いてましたよね。
ということは視覚共有はしていなかったんだと思うのですが。

まぁ油断してくれている方がまともに戦闘できるので助かりますけど……。

どうやって戦うのかなって思ってましたが結構武闘派でした。
これでさらに血鬼術まで使い出すのかぁ……。

とりあえず柱と戦ってくれないと戦闘力が読みづらい……。

あと“鬼を人間に戻す薬”は効かなかったとか言ってるけど喰い物が美味に感じるくらいには消耗したんじゃないか……。
ふんっ……。

そして千寿郎くんからの手紙!
さらっと明かされましたね!

過去の炎柱は「ヒノカミ神楽は十三の型がある」と言われて自信を失くしてしまったの?
十二までは形だけなら真似できたけど十三は理解すらできなかったとか?
それとも十二の内ひとつもできていないのに本当は十三だよとフェイントくらって嫌になっちゃったのか。

炭治郎の記憶の遺伝で十三の型がどういった性質のモノなのかは彫り探れると思いますが、
炭治郎が使うのは縁壱さんが使うものとは別物になると思うな~~。

そっちのが良いな。
なんでもかんでも縁壱さんというのもね。
縁壱さんは無惨を倒せなかったし兄弟を救えなかったけど炭治郎はどっちもやるんだ。
炭治郎たちはみんなでそれを叶えるんだ。
今は縁壱さんたち、今まで戦い続けてきた剣士たちが繋いでくれた道の先なんだから。

でも受け継いだ者もどっかにいるんじゃないかと思ってしまうんですよね。

実は、受け継いでいるのは禰豆子なんじゃないかなと思い浮かびました。

禰豆子は鬼になってからの例外的扱いが凄いし、教えるまでもなく鬼としての在り方が分かるような持って生まれた才能があったんじゃないか、なんて。
縁壱さんが剣士としての才能が抜きん出ていたように。

と言っても鬼としての才能ってなんじゃいと思いますし、何か違いますね。

十三の型は炭十郎さんは知っていたのかとか気になる点がたくさんありますが今はまだ情報が少ない……。

無惨が出てきてしばらく不穏な空気が続きそうな流れがもやもやと立ち込めてきました。
こうなると早く鳴女を倒して欲しいので次回くらいから恋柱・甘露寺蜜璃さん蛇柱・伊黒小芭内さんの鳴女戦を進行させて頂けないでしょうか。
というか蜜璃さんの真剣ながらもどこか微笑ましい恋の呼吸特有の気勢が見たい……。

恋の呼吸はトキメイてないと戦闘力が激減してしまうのであのテンションは仕方がないんですよ!!
悲しんだり思い悩んでいると柱としての力を発揮できないので仕方がないんです!!!!
一人くらいは最終局面でもああいったテンションで戦い続けてくれる剣士がいてもいいと思います!!!!!!
そりゃ流石に全然関係ないところでキュンキュンしてたりフザけた戦い方をしていたら言語両断ですが、蜜璃さんはいつだって真剣で一生懸命でとっても優しい頼れる柱ですので!!!!

そろそろ小芭内さんの色々も知りたいのでちょうど良いタイミングではないでしょうか……。
もう柱としてのバックボーンが描かれていないの小芭内さんだけになってしまいましたし……。

この二人は無惨戦に絶対必用な戦力だと思うので鳴女には無傷で勝ってもらいたい。

とにかく誰でもいいからこの流れを変えてくださーーい!!!!

鬼舞辻無惨いやああああああああ!!!!

とまぁ前回に引き続き今回もメインキャラの一人が殺されてしまいました……。
本当にもういつ誰が死んでもおかしくない限り限りの状況なんだなぁという思いです……。

次回はこの不穏な流れに光明が指しますように。

ここ最近の怒涛の展開の連続で少しタフになっているトンガリでした。

次回まで全力応援の呼吸で自分に待機命令です!!

キメツーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

「鬼滅の刃」各話まとめはこちら

おはこんばんにちは! トンガリです。 トンガリにしては珍しくまとめ記事です。 自分が見直す時に使うメモの様なものなのですが、ジャン...

『鬼滅の刃 第180話「恢復」感想・考察』へのコメント

  1. 名前:七味とうがらし 投稿日:2019/10/30(水) 04:17:37 ID:4425e6e79 返信

     とある警官は言いました『大切なのは「真実に向かおうとする意思」だと思っている、向かおうという意思さえあればたとえ今回は犯人が逃げたとしてもいつかは辿り着くだろう? 向かっているわけだからな・・・・・・違うかい?』

     とある青年は言いました『俺はこのSBRレースでいつも最短の近道を試みたが、「一番の近道は遠回りだった」 「遠回りこそが俺の最短の道だった」 この大陸を渡ってくる間ずっとそうだった。そして、おまえがいたからその道を渡って来れた』

     ヒノカミ神楽十三個目の型、それを受け継ぎ損ねたと嘆く炭治郎ですが、あの愚直なまでに真摯で真面目な一族が果たして失伝させるようなミスをするでしょうか? 炭十郎さんが受け継がせる前に病で命を落とすとも思えません、とするならば十三個目の型はおそらくすでに彼の身に刻まれているハズです、それと気付いていないだけで。

     炭治郎はいつだって迷いながら、遠回りになろうとも過酷な状況や運命に立ち向かい突き進み遂には『透き通る世界』にまで辿り着いてきた男です。これまでと同じようにきっと思い出の中にそれがあるはず、最終決戦です・・・・・・ここまで辿り着いたなら、我々はもう見守るのみですね。

     復活ッ! 鬼舞辻無惨復活ッッ! 鬼舞辻無惨復活ッッ!! 14キロの砂糖水ではなく隊員を食ってついに無惨様が復活してしまいました。喰われた隊員の中には見たような覚えのある顔も・・・・・・しかし村田さん強運としか言いようが無いですね、はぐれていなければ彼も食い殺されていたのですから。というかコミックスで明らかになった驚愕の事実、彼水の呼吸だったんですねえ・・・・・・うっすいらしいですが柱稽古で多少は濃くなったんですかね?

     しかし無惨様の場所へ向かわせていたはずの義勇さん&炭治郎コンビが逆方向に向かっていたのは鳴女さんの妨害でしょうか? にょろにょろコンビは苦戦している様ですね、隊員たちが無惨様の場所へと辿り着いてしまったのも彼女の仕業なのでしょうか? だとするなら地味にヤバいですね、柱二人掛かりでその余裕、さすがに負けないとは思いますが斃しておかねば面倒な相手ですし・・・・・・

     そしてコミックスといえばキメツ学園にて玉壷の在り様が半分わたしのネタ予想に近かったのには苦笑いでした、妖精ではなく妖怪だったんですねえ。本命の予想では彼、人間バージョンが実は超絶美形でやたら壺にこだわる美術教師か魚クンみたいな魚類愛溢れる生物教師でもやってるんじゃないかとか思ってたんですが・・・・・・ある意味予想外しました(笑) 

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/10/31(木) 01:39:32 ID:2f18a1dc6 返信

      どちらも素晴らしき金言……好きな言葉です。

      確かに、約束だけは絶対に守り通すだろうと断言できる竈門家が十三の型だけ「受け継げなければ仕方がない」と諦めるとは考えづらい……。
      十二個の型の中に十三の型の要素が含まれていたり、十二の型全てを完全に収めれば自然と辿り着く境地があるとかなんらかの要素がありそうですね。
      それか縁壱さんがわざと竈門家には十二の型までしか教えておらず十三の型は自分たちで作って欲しかったとか。

      でも炭治郎なら諦めずに、自分や仲間たちの力で何としても切り拓いてくれるだろうという信頼がありますよね!!
      ここまでずっとそうして乗り越え続けてきているので、最終決戦になろうと今まで通り信じて見守ります!!

      いやもう隊士たちが無惨に雑に喰い散らかされて激しい怒りによって何かに目覚めそうですよ。
      肉の繭の中で人間化薬に侵されていた無惨の体は復讐を誓っていたんでしょうかね……。
      村田さんは何気にキーパーソンになってくれるんじゃないかと思ってます。
      そしてまた間接的に錆兎の株が上がればいい。
      水の呼吸で薄いって言われてちょっとむかついてるところを見て惚れ直しました。
      「THE人間」として大好きです。

      鳴女さんの手が入っているとしたら妨害の可能性は十分にあると思いますが、何か柱を避けるように気を回したら逆ギレされそう……。
      かといって無惨が「柱がいないとこに飛ばせ」って指示してたらそれはそれで残念な無惨になってしまいそう。
      なので肉の繭を中心に、炭治郎義勇さん組が迫っている方角とは逆向きに飛び出していったというだけかなと推測しています。
      鳴女はどうにかして倒さないと無惨を日光下に引きずり出せないので何気にかなり重要な場所なんですよね……。
      二人で滅殺できるのでしょうか……心配になってきました……。

      玉壺は本当にひとがたを見ることができずしかも既に退場済みで爆笑してしまいました。
      何故こうもネタ方向に全振りしてしまったのか。
      美形だったらめっちゃ嫌ですけどでも悔しいけど見てみたかった~~!!
      人間だった時の姿はどんな機会でもいいので何卒欲しいところ!
      トンガリは美形説推していきますので魚類系生物教師の方はまかせますね……!

      • 名前:七味とうがらし 投稿日:2019/10/31(木) 14:07:02 ID:2f18a1dc6 返信

        >確かに、約束だけは絶対に守り通すだろうと断言できる竈門家が十三の型だけ「受け継げなければ仕方がない」と諦めるとは考えづらい……。十二個の型の中に十三の型の要素が含まれていたり、十二の型全てを完全に収めれば自然と辿り着く境地があるとかなんらかの要素がありそうですね。

         拾参ノ型はそれこそ実は『日乃神神楽』という名前だったりするオチかもしれませんよね。というか、すでに我々は答えを知っているじゃあないですか、彼はこう言っていましたよ? 『道を極めた者が辿り着く場所はいつも同じだ』と、12の型を修め透き通る世界に辿り着いたならその時おそらくそれは姿を顕すのではないでしょうかね。

        >肉の繭の中で人間化薬に侵されていた無惨の体は復讐を誓っていたんでしょうかね……。

         薬が裏返って毒になってくれてもよかったんですが、ここは流石に始祖であると認めざるを得ないですね。けど無惨様は夜明けには滅びる事になるでしょうね、彼は神も仏も見たことが無い、罰も当たった事が無いと嘯いていましたが・・・・・・神様のバチっていうのは罪深ければ罪深いほど後から来るものなのだそうですよ・・・・・・千年分溜まりに溜まったバチの付けはどんだけ凄まじいものやら、想像もできませんよ。

        • 名前:トンガリ 投稿日:2019/11/02(土) 15:50:31 ID:2602ebd48 返信

          十三の型の披露の前に義勇さんが“凪”を編み出した時の話とか差し込んで兄弟子っぽいところ見たいですね。
          あんまり飾らない義勇さんからなら考えたんじゃなくていつの間にか技になっていたとかそんなヒントめいたこと聞けそう。

          無惨の滅殺は恐ろしく悲惨な演出がされて欲しいものですが、鬼滅の刃なので意外とあっさり朝日によってバサッと崩壊しそう。
          出来るだけ苦しんで滅んで欲しいと思うのは感情的すぎますよね……。
          どんな形であっても構わないので、こちらの被害がこれ以上広がらないよう滅殺されて欲しいです。
          炭治郎並の聖人ムーブ。

  2. 名前:九喇嘛 投稿日:2019/10/30(水) 11:56:14 ID:d74387366 返信

    感想お疲れ様です!前回二人の死が重すぎてコメントが出来ませんでした、、風柱さんが辛すぎる。
    玄弥と時透君の死が辛すぎて鬱になりかかりましたが、それでも立ち上がります!だって炭治郎も鬼殺隊もそうやってきたんだから。
    今回は想像していたけど、実現して欲しくなかった未来だと思いますね。
    無惨に関してはクズだけど鬼のボスですからね。そう簡単にはやられてくれませんよね、
    臆病でクズだけど。
    これまで無惨の戦闘シーンは描かれたことがないから少し楽しみではあります。なんせ今までは道端の酔っ払いに下弦の鬼とか、裕福な家庭の女中さんとか、ぶっちゃけ上弦の鬼なら簡単に出来そうな殺し方しかやってませんし。案外、命を握ってる部下を虐めることしかできないもやしっ子だと思ってました。
    唯一の血鬼術が下品な口と、血の茨だけですからね。上弦みんなの血鬼術に比べて地味ですよねー。
    今現在、自分は怒り心頭です。全部無惨に対してのイヤミしか言ってません。なぜなら、無惨はどうしようもないクズだからです。それに上弦が鳴女しかいないなら、もう鬼側に可哀想だと思えるヤツがいないからです。
    無惨に関しては童麿以上に同情など示せません!病弱な自分の体に苛ついて主治医を殺し、殺した後で薬の効き目に気がついて、千年以上たっても材料を見つけらないのを部下のせいにする、さらに自分を殺しかけた剣士の子孫を殺しきれず、先のことを考えずにすぐ下弦を全滅させる。
    無計画極まりません、ハッキリ言って馬鹿です。コイツからはゴミのような匂いしかしません。(スピードワゴンの兄貴曰く、)
    下品な発言すみません。でも前回の後にコイツだったから当たり散らしたいんです。
    玄弥が死んだ時からこの一週間ずっと悲しかったです。ワンピースでエースが死んだ時以上です。実弥さんが心配でなりません。
    しかも、珠代様までいなくなってしまいました。無惨を迎え撃とうとした隊士の人達の顔が頭から離れません。
    頼むから無惨を倒してほしい!!こんな人間としてもクズみたいなニセインテリ野郎はこれ以上生きていてはいけません!
    キレ気味のコメントごめんなさい。

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/11/01(金) 02:36:06 ID:da82f65bc 返信

      九喇嘛さんお疲れさまです!
      コメントありがとうございます!

      鬼滅の刃は感情移入ひとつするのにも覚悟が必要ですね……。
      敵勢力の最高幹部の最強格だったとは言え、かなりしんどい犠牲でした。
      もう無惨滅殺まで突き進むしかありません……。

      無惨の戦闘シーンが無かったので楽しみだという気持ちは実は凄くあります。
      あまり強さを見せるシーンがなかったので小物ボスとか臆病者と言われがちでしたが、戦って弱いはずがありませんよね。
      血鬼術の披露回とかで軽く絶望的な戦力を見せられるかもしれないなと思いハラハラしています。
      ただ、無惨に関してはそれだけです。
      悪の親玉としてそれなりの強さは持っているであろうことは想定していますが、無惨に関してだけは何の感慨も無くただただ滅殺して欲しいとしか感じていません。
      印象転換が図抜けて巧みな鬼滅の刃であっても、彼奴の印象が少しでも好転することは無いでしょう。
      断言しないのは、吾峠先生の魅せる力がトンガリの予想とかそういったものではまるっきり計り知れないものだからというだけです。
      まーー、トンガリも頭にきてますよね。
      黙っていられませんが、どこかこれまでの怒りよりは静かにお腹の底が熱くなるように怒ってます。
      犠牲も出ましたが、ここまで繋いできたチャンスです。
      どれだけ絶望的な展開になっても応援し続けます。
      無惨だけは徹頭徹尾、滅殺です。
      鬼殺隊の悲願である「悪鬼滅殺」が成し遂げられることを願っています。
      一緒に応援してくださいね……めそ……。

  3. 名前: 投稿日:2019/10/30(水) 18:00:30 ID:028fe72f0 返信

    トンガリさん、更新どうもありがとうございます。前々回の記事へ初コメントさせていただいた者です。いつも全てのコメントへ 想いの込もった返信をされていて 真摯なお人柄を感じます。

    今週もまた 恐る恐る本誌のページをめくりながら読みました。一番危惧していたことがついに……という展開でしたね……
    犠牲になってしまった大勢の隊士達 柱稽古を乗り越えて きっと皆『悪鬼滅殺』の志を抱いていたことでしょう……惨状に加え 鴉が斬首された描写も 個人的には苦しかったです…

    珠世様は自身の命を懸けるんだろうと 正直読む覚悟はしていたんですけれど 最期があまりにも惨たらしく辛かった(涙)
    愈史郎君の精神も心配です……しかしながら この二人は 吾峠先生の作品『過狩り狩り』に登場していたんですよね。それゆえ 単にこのまま終わらない気がします。最後に何か覆す重大な展開がある予感です!

    そしてヒノカミ神楽十三番目の型!すでにあちこちで 様々な考察が飛びかっていますよね。(自分自身の考察もありますが、書くと長文すぎるので心に留めています)間違いなくこの十三番の型が 無惨討伐の決定打になるでしょう!炭治郎と仲間を信じましょう!
    それでは本日も お目汚し失礼しました。

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/11/01(金) 03:05:06 ID:da82f65bc 返信

      雀さんコメントありがとうございます!

      同じく恐る恐る読んでいましたよ!
      そして血の気が引きました!
      みんな遺書を書いて、自分の残された人生の幸福よりも誰かの幸せを守るために悪鬼を滅殺する道を選んだ隊士たち……。
      余りにも呆気ない名前も知らない隊士たちの死が凄く悔しいし、それを我がことのように感じているであろう輝利哉様の心中を考えると……。
      当事者である輝利哉様は自分の力不足、不甲斐なさまで感じているかもしれませんし……。

      珠世さんの死も見ていられませんでした。
      珠世さんが無惨を長く押し留めてくれていなければ今の状況は有り得なかったと思うのでただただ感謝です。
      そして珠世さんと愈史郎の二人がこのまま終わる訳がないとトンガリも同じく信じています。
      愈史郎が怒りに耐え、動いていることを考えると絶対に何かあるはず……。
      頼む……愈史郎……。

      十三の型!
      やはり台風の目になっていそうですね!!
      鬼滅の刃は技を繰り出せば勝つって感じの作品ではないので、十三の型もそれを繰り出すまでの持っていき方で物凄く惹き込まれそうです。
      そういう魅せ方が凄く巧妙なんですよね~鬼滅の刃。
      無惨の余裕がどこまで続くか、見届けてやりますよ……。

      今はただ、志半ばで散っていった隊士たちの気持ちを背負って、残された剣士たちの勝利を信じたいと思います。
      トンガリのそれしかできない感やばいですね。
      少し筋違いかもしれませんが、無力なことが悲しい悔しいという思いは現実世界に昇華して日々の生活を充実させていきたいと思います。

  4. 名前:萌黄 投稿日:2019/10/31(木) 00:49:27 ID:62f821e54 返信

    こんにちはトンガリさん、また来ました!
    毎回丁寧なお返事ありがとうございます!

    表紙から炭治郎まで悲しいですね…
    特に無一郎君は体が華奢な女の子みたいに小さくて…ほんと逝くの早いよって思います。
    これは失血死しますね…宇隨さんは本当に体に恵まれてたんだなぁ。

    皆さんのコメントが無惨への嫌悪すごいなぁ…と思ってちょっと気が引けたんですけど、
    私は滅茶滅茶テンション上がってしまいました…
    色んな別視点とかやって閑話やって落ち着かせるのかと思ったら、容赦なく無惨復活して感情が色々吹っ飛ばされました。
    吾峠先生の「アクセル全開で行くぜ置いてくぞ!!!」と言いたげなシナリオ展開すごい。
    ここでこの話入れる!?天才か??

    輝利哉様は経験の浅さが出てしまいましたね、無一郎君が腕落とされたの思い出します。
    8歳だもん…厳しい教育されたとはいえ、まさかの初陣指揮が無惨とか、判断が遅れてしまいますね。
    柱稽古で炭治郎をお袋とか呼んで、ご飯うめーって言ってた子達がみんないなくなってしまいました…
    恐らくこの為に鳴女さんが隊員をガンガン無限城に入れてたんですね、なんでこんなに人いるのか不思議だったんで納得。
    これ村田さんと愈史郎君と一緒の子以外一般隊員全滅ですかね。
    珠世さんの最後は報われずに終わってしまって痛ましい…これ本当悔しかったでしょうね。

    無惨はまともな戦闘描写ほぼなかったので、童磨みたいな術師タイプかと思いきや、わりと強い?
    千年 人食ってるし、そもそもの基礎スペックが大幅に違うんでしょうか。黒死牟より700年くらい年上ですもんね。
    縁壱の事もあって強化に努めてたのかも。
    しかしナチュラルに炭治郎&義勇コンビから逃げてるあたりちょっと笑いました。さすが無惨ブレない。

    今の無惨は恐らく、解毒の影響でまだ本調子ではないと思います。髪白いのそのせいでは?
    さて、珠世さんとしのぶさんが重なるので、恐らく珠世さんの仕込みはまだあるでしょう。
    私は憤死しそうなのに駆けつけない愈史郎君がキーだと思います。
    鬼殺隊救助してますが、彼には他にも超重要な、それこそ童磨の食らった藤毒くらいの仕込みを託されているのではと思います。
    確か珠世さんの頼みって詳しく出てませんでしたよね?だからこそ駆けつけずに耐えてるんじゃないかなーっと。予想ですが!
    あと全然話が出てない、トンガリさんの大好きな伊黒さん!
    ここまで伏せられてるってことは、この絶望的な状況をひっくり返せるような何かが彼にありそうですね。全然予想つかないけど!

    ヒノカミ神楽13の型。私はてっきり1から12
    の型を並べて、動きを削ぎ落としたら浮かび上がる十三番目の型とか、ギミックを考えてました。
    炭十郎さんが、手順覚えたらあとは余計な動きを削ぎ落とすーとか言ってたので。

    またもや長文失礼しました!
    ついにクライマックス突入でドキドキです!
    無惨を倒すには無限城から出さないといけないので重要な恋蛇コンビですが、
    ゆえに無惨来そうなんですよね…こわ…
    無惨は享楽ではなく合理的に動くタイプなので。
    寒さに気を付けて来週また会いましょうね!
    キメツーーー!!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/11/02(土) 15:43:10 ID:2602ebd48 返信

      萌黄さんコメントありがとうございます!

      無一郎くんほんと体ちっちゃい……。
      あんなに無茶して……。
      宇髄さんのように体格に恵まれていることによるタフさというのがきちんと長所として描かれているのは嬉しいのですが……。
      体格の問題を無視しがちな少年漫画にしては残酷過ぎるほどにリアルです。

      無惨の復活は本当にフルスロットル感ありますけどね!!
      もう息抜きの一話すら入れる状況じゃないということがよーーーーく分かりました!!!!
      週刊誌でこんなにスピード感出す必要ある!?と思うくらいです。
      盛り上がりますけどね。
      ラスボス登場はやはり燃えます。

      輝利哉様かなり頑張ってるし凄いと思うんですけどね!
      どうしても年齢が……どう頑張っても埋められない経験の差は無一郎くんの時と同じですね……。
      自分の判断ひとつで大勢の人間が死ぬって、大人でも耐え難いプレッシャーだと思います……。
      いやああ柱稽古の時の仲間たちリアリティ有りすぎてしんどすぎます!!!
      まだ全滅はしてないと思いたいです……。
      珠世さんもきっと何か残してると……信じてます……。

      無惨いまのところ肉体派ですね。
      自分も術タイプかなと思ってましたが流石に千年の鬼生活は伊達ではありませんでした。
      復活してすぐは一般隊士たち喰いまくって回復をはかってるの本当に鬼舞辻無惨ですよね。
      生き残るということに関しては本当に優れているのかもと少し評価しています。

      本調子ではない説トンガリも推していきます!
      珠世さんと愈史郎は絶対キーパーソンですよ!!
      珠世さんの頼みもまだ詳細出てませんね!
      無惨由来でない鬼である愈史郎くんなんて本当にジョーカーだと思ってます。
      ここまでの描写はおとなしいものですが。
      あと小芭内さんは必ず理知的な方法で窮地を救ってくれると信じてます!!
      同じくここまで描写が凄くおとなしいので!!!
      未だに何故蛇柱なのかという辺りが語られていないのでどこかしらで良い活躍を貰えるだろうと今から準備しているところです。

      十三の型はこれまでの型にヒントありそうですよね~。
      “透き通る世界”で無駄を削ぎ落として1から12までを繰り出し続けるとか……そういえば夜が明けるまで踊ってましたもんね……。
      炭十郎さんは十三の型も舞えそうなくらい不思議な方でしたよね。
      キメツ学園に出てきて不思議お父さんっぷりを発揮して欲しい。

      重要な恋蛇コンビ……早急なる活躍が望まれます……主にトンガリのために……。
      でも無惨の初戦だけは嫌!!!!
      でも活躍見たい!!!!
      寒かったりちょっと暑かったり難しい季節なので体調不良だけは何とか避けたいです~。
      萌黄さんもお気をつけてください。

      キメツーーーー!!!!

  5. 名前:フィン 投稿日:2019/11/01(金) 23:49:20 ID:5c2f2d3ed 返信

    こんばんは!
    また、お話したくてきてしまいました。

    もう、絶望しかないです。
    落とし込みの半端なさが…。

    予想通り鴉から報告を聞いて炭二郎泣いてましたね。それでも走り続ける姿に、私は心から凄いなと思いました。
    普通なら立ち停まっちゃいますよ。
    泣き叫びたくなりますし、冷静でいられるかもわかりません。見ている事しかできないのが辛いです。

    悲しみを乗り越えて頑張ってほしいです!

    無惨復活して、気になったのがカラー版で見た髪の色でした。黒から白髪に変わっていて、これは珠代さんの薬のおかげなのかなとか考えてました。
    しかも、初めて戦ってる姿を見て
    ちゃんと戦闘できるんだって思ってしまいました。部下に任せすぎてるので肉弾戦は得意じゃないのかなって思ってました。

    でも、珠代さんには一矢報いてほしいです!
    これがきっかけになるといいです!

    柱も誰か無惨を止めにいってほしいですね。

    早く来週になーれ!ですね‼︎

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/11/02(土) 16:27:18 ID:2602ebd48 返信

      フィンさんこんばんは!
      コメントありがとうございます!

      上弦の壱を突破して鬼殺隊に追い風が!と思いきやこの展開ですよ。
      本当に突き抜けてますよね鬼滅の刃は。

      炭治郎の涙がやばかったです……。
      強い子なんですよ炭治郎……。
      この悲しい戦いには絶対に終止符を打たなければなりません……。
      炭治郎の強い行動に応援することしかできない我々の心も鍛えられますね……。

      カラー版!
      髪も長くなっていて雰囲気だいぶ変わりましたよね!
      髪が白いのは何らかの力を使ってしまって消耗した雰囲気ありますね。
      とりあえず無惨自身も餓えたと言っていましたので珠世さんの薬が全く効果がなかった訳ではありません。
      何か突破口になるようなことがあってほしいです。
      愈史郎もいますしね。

      とりあえず無惨を止めるためには柱。
      柱の集合が急務です!
      無惨を倒せば全てが終わるのですから!!
      お館様の自爆から随分経ったように思えますがようやくここまできました。
      後は応援するだけです!!!(それしかできない)

      次回もよろしくおねがいします!!

  6. 名前: 投稿日:2019/11/03(日) 10:18:21 ID:63b1bbe7c 返信

    トンガリさん更新どうもありがとうございます、休日朝からコメント失礼致します。

    今回は まさかまさか水兄弟の前に べべん!で無惨転送という 思いもよらないダイレクトな展開でしたね……!これは吾峠先生の まごうことなき終結への決意なんだと受け止めて 震えております………!!
    個人的には村田さんが合流し 義勇さんへ刀を託すのを期待してましたが(村田さんも水の呼吸だし 義勇さんの同期という繋がりがあるので)今後の戦闘が全く予想できません。

    甘露寺さんを掴んだ手は 愈史朗だと思っていて、無限城打開するキーマンになると信じてます。珠世様が『何か』託しているのは間違いないかと!
    鳴女の空間支配は 本当に厄介ですよね……善逸がこの場にいれば 彼の速度で 鳴女に認識される前に居合で斬首できるのかも?ですが 善逸は全身裂傷な状態ですしね……。蛇恋の状況が早く知りたいです!

    トンガリさんの挙げた十三名が 胸熱でしたよ!とても心奮いました!!!
    今回号から次回までの本誌が 少し待たないといけないので もどかしいところですね(汗)
    では 良い連休をお過ごしくださいませ。