鬼滅の刃 第164話「ちょっと力み過ぎただけ」感想・考察


おはこんばんにちは!!
トンガリです!!!!

蛇柱&恋柱タッグの戦闘がきましたーーーー!!!!

という訳で今回は有頂天のトンガリでいきます!(いつもと変わりなし)

童磨撃破でひとつの戦闘が落ち着いたということで、またそれぞれの状況といった感じですね。
表紙のべそかいてる二人はなんとも味があります……。
重症は負ってないかもしれませんが心身ともに消耗が激しいと思うので鬼と遭遇しないことを祈ります……。

そして気になる炭治郎と水柱・冨岡義勇さんの水の呼吸一門。

めっちゃシュール。

「火事だ!」ってリアクションも面白いしそれを上回る義勇さんのシュールな行動もツボ。
といってもギャグでは無く止血のための至極真っ当かつまともな行動ではありますが!!

調べてみると焼灼止血法というれっきとした名前がついていました。
原始的な治療法かと思いきや現代でもレーザーで出血部を焼いて止血する方法もあるとか。
原始的な方法に着目して近代科学でより適切に用いられるのってなかなかにロマンありますねぇ。

閑話休題。

きちんと弟弟子の状態をチェックして精神面のケアも行う義勇さんは兄弟子の鑑ですね。
今一度炭治郎の気を引き締め次なる戦いに備えます。

ってやっぱりまだまだ戦う気なんですね……。
刀折れても血が止まらなくても戦い続ける……。
義勇さんもとっくに刀が折れても心は折れない剣士なんですね……。

「最終目標は無惨」
それまでは死ぬまで戦い続けるつもりなんだろうとは思いますが……。
骨折れてないし休んだら体力回復する設定なのかな……。
出血多量も割と取り返しつかないと思うんだ……。
この時代は輸血とかない……よね……?

上弦の弐・童磨撃破の報を受け取り場面は変わって蛇柱・伊黒小芭内さん&恋柱・甘露寺蜜璃さんのタッグ。

上弦の肆・鳴女を見つけます。

とても個人的な感想なのですが、このコマの蜜璃さんがコマからはみ出してて何か可愛い……。
学園モノラブコメ漫画みたいに躍動感のある一コマ。

上弦の肆を見つけて「もう補充されているのか」と分析する伊黒さん。
善逸が上弦の陸を撃破したことが知れ渡っていれば鬼の補充は周知されているはず。
善逸の上弦撃破は報告されてない?
それとも「上弦の肆は倒したばかりなのにもう」という意味の発言でしょうか。
上弦の陸撃破の二ヶ月後に上弦の肆・伍を撃破してるので柱稽古の期間がどれだけだったか分かりませんが上弦の再補充は割と早いと認識してるものと思っていました。

それと風柱・不死川実弥さんは鳴女の偵察目玉握り潰して、「肆」の文字が刻まれた眼球見てますよね……?
その後バッタバタだったから報告しそびれたんでしょうか。
鴉めっちゃ有能だからどんな情報でもすぐさま全隊員で共有したら思わぬところで役に立つと思う。

しのぶさんの命懸けの戦いに感化された蜜璃さんの特攻!!
難なく弾かれて鼻血出して照れてる蜜璃さん。
そして落下していく蜜璃さんをピックアップしてかなり気を遣ったフォローをする伊黒小芭内さん……。
緊迫感が……無い……。
相手の能力がわからないうちはよく見てよく考えて冷静にいくことは大事だ……。
これかなり日本語も分かりやすく、且つ傷つけないような言葉を選んでフォローしてますよね。
蛇さんまで汗かいてるのはさすがに笑ってしまう……。
蜜璃さん自身も「ちょっと焦っちゃった力みすぎちゃった私何してるのかしら!」と赤面しているので自他ともに認めるとてもお粗末な攻撃だったんですね。

琵琶の音で建物を自由に操作する上弦の肆・鳴女。
柱が回避に徹する辺り、相当な速度で結構な威力のかなり多彩な操作ができるみたいです。
しかしまぁ能力が割れていれば対応できないほどではなさそう。
特に柱クラスなら順応するのもすぐでしょう。

(と思っていたら蜜璃さんが絶叫系アトラクションばりのリアクションかましてて真顔に)

蛇の呼吸 弐ノ型 狭頭の毒牙

蜜璃さんも伊黒さんも良い感じに攻撃を仕掛けていますがそこはさすがに上弦なだけあって、鳴女自身への攻撃に関してはかなりきっちりガード。
伊黒さんにこれだけ迫られてもガードが間に合う血鬼術の速度もさすがです。

そして伊黒さんのこの技は……これは……なんだろう?
蛇の呼吸の真髄はまだまだ焦らされそうですね。
鬼滅ってそういうの説明しないですよね。
毒牙って言ってるけど毒を用いるわけじゃないんだろうな。
斬り方とか刃物の形状次第で鬼の再生を遅らせられる技術とかあるのかな。
技名とかめっちゃ凝ってるからそれぞれの呼吸や型にもしっかり設定ありそうなのに……。
16巻と同時発売のファンブックに期待です。

あと伊黒さんの刀、ちょっとしなってます?
作画の問題でしょうか?

本体は一歩も動いていないのに建物自体を動かすことで想像以上のやりづらさ。
攻撃能力はともかく索敵や分断、妨害等々のトラッパー的な能力が脅威ですね。
一歩も動かないというか、一歩も動けないのかもしれませんね。
うしろの壁、ひいては無限城全体と融合しているような状態なのかもしれません。

どうせ自分の周りにも偵察眼球鬼がたくさん設置してあって色んな角度から戦場を見渡していることで死角がないとか隙がないとかそんな感じなんだ。
伊黒さんがカメラを壊していって、蜜璃さんが本体にトドメを刺す!
これですね!!

「長丁場になりそうだ」と伊黒さんが言ってるので上弦の壱戦には合流しないかな。
というか、戦闘がメインではなさそうな上弦相手で、特に因縁のなさそうな恋柱と蛇柱って絶対生還しますよね。
蜜璃さんの雰囲気もあってかなり気楽に見てられるんですが大丈夫でしょうか。
さすがに上弦の参と弐の後だと脅威度としても見劣りするので、倒せるか倒せないかというよりも、先に無惨の元へ辿り着いた剣士を邪魔する無限城のギミックを一秒でも早く止めなければ!というアクション映画ばりの時間制限ハラハラ感を演出してくれたりするのでしょうか。

強者を撃破しても曲者が出てくるとかなかなかにヤキモキさせられますねぇ……。

そして場面は岩柱・悲鳴嶼行冥さんと霞柱・時透無一郎くん。
鴉に先導してもらい「鬼舞辻の居場所が近い油断するな!」と、かなり無惨の元へ迫っているっぽです。

次の瞬間いきなり分断されてホラーです。
「油断するな!」と言われた直後にも拘わらず痣が発現したこともある天才剣士・霞柱の時透無一郎くんが微塵も反応できない速度でこの質量の物体が衝突してきたらそれだけで結構なダメージになると思うんですが。
しかも柱ふたりが警戒しているとはいえ最終目標の無惨の元へ駆けつけている速度にピンポイントで直撃させる精度の高さ。
これも鳴女の仕業で、戦闘中に行っているとしたら恐ろしすぎませんか?
なのに上弦の弐・童磨がまさかのピンチに陥った時も特に手出しせず……。
もしかして鳴女さんは鬼殺隊の味方なのでは!?

そしてギャーーース!!!
無一郎くんの飛ばされた先は最凶の鬼、上弦の壱・黒死牟のフロア!!
懐かしい…気配だ…と世間話に応じてくれそうでしっかり刀を握っている隙のなさ!!
上弦の弐戦が終わったばかりなのにいきなりバンバン戦闘始まりすぎです!!!
でも戦場ってそういうものですよね……。
このスピード感がたまりません。

さあさあ、現在間違いなく鬼殺隊最強クラスの一人である霞柱・時透無一郎対上弦の壱・黒死牟!
大方の予想としては黒死牟相手なんて一人じゃ絶対ムリだよーーー!!!と感じだと思いますが、トンガリ的にはもしかして一対一でもそれなりに戦えるのではと少し期待しています!!!
無一郎くんの無は“無限”の“無”なんだ!!!!

怒涛の展開(なんかいつも言ってるな…)で次回へ!!!!


盛り上がってまいりました。
というかなかなか休憩の話が入りませんね。
激しい戦闘で熱く、キャラクターの動機や生い立ちで切なく、そしてどんどん次なる展開へ。
嬉しい悲鳴なのですが凄く忙しく凄く密度が濃いなと感じます。
単行本で読み返す時いつもすごくワクワクするんですよ。
ずっと面白いイメージが残ってるので毎週読んでるのに単行本の発売日って凄く嬉しいんです。

はてさて、まずはこのまま始まりそうな黒死牟戦。
岩柱・悲鳴嶼さんは無一郎くんの「俺に構わず進んで下さい」という言葉通りそのまま無惨滅殺に向かうのか。
それとも剣士と言えど自分の眼の前で子供は死なせられないと救援に向かうのか。
どちらであっても責められません。
鬼殺隊的には……ここは無惨の元へ向かうべきなんでしょうか……。
しかし悲鳴嶼さん一人でも無惨を滅殺できる保証がないという無惨の不気味さ……。
かと言って無惨到達までが遅れると人間化薬を分解されて無惨がフリーになり珠世さんが死んでしまう……。
というか無限城内での無惨ってどうやって滅殺するつもりなんでしょう。
太陽光以外では滅殺できないのに。
とりあえず人間化薬を分解する余裕が無いくらい攻撃して無惨のエネルギーを使わせるとかそういった作戦なのかな。

トンガリ個人的には悲鳴嶼さんには黒死牟と戦って欲しい。
黒死牟の圧倒的強者オーラすごいけど悲鳴嶼さんだって負けてませんよ。
始まりの剣士だかなんだか知らないけど、血筋とかでなく突如として現代最強の剣士が生まれたっていいでしょ。
それが悲鳴嶼さんだったんですよ。
それでも積み重ねてきた年月の差で、一人では勝てないというのは悔しいけど受け入れます……。
受け入れるので絶対死なないで欲しいです。

黒死牟のバックボーンがまだ語られていないので分かりませんが黒死牟が人として生きていたその時代の“最強”になったことがあるんでしょうか。
最強同士の戦いはやはり燃えます。

意外にも黒死牟が無一郎くんに「懐かしい…気配だ…」と話しているので過去話を聞けそうな気配はしますね。
口下手だと思ってたから死に際にチラッと語るだけかなと思っていたので楽しみ。
でも黒死牟に一太刀入れたらひとつ、とか条件つけてきたら怖い。
そして相変わらず痛そうな黒死牟の刀の柄……。

鳴女もいよいよ戦闘開始!
物凄くたくさんの仕事を任されていそうで大変ですね!!!
自分の周りにいる人間全部黒死牟のところに送っちゃえばいいのにと思いますが、そうしないのは距離制限とかあるからなんでしょうか。
襖を通ったら黒死牟の元へ、とかはさすがに出来ないのかな。
それぞれ近くにいればある程度移動させることはできる、くらいに考えるのが自然でしょうか。

鳴女の血鬼術が鼓鬼こと響凱とかぶってるんですよね……。
正直響凱の血鬼術は凄かった。(タイムリー)
まさか響凱に妻がいたなんてことはないでしょうし万が一何かあっても妹くらいでしょうか。
空間系は厄介。

対する蛇柱・恋柱のタッグは柱同士だしなんかこのままだとまるで負ける気配がなくて、ここに復活した無惨が乱入してきても驚きません。
嘘です。
でも冷静に観察もできる伊黒さんもいて、痣が発現している蜜璃さんがいるのでかなり安心感あります。
戦闘は描かれず鳴女滅殺、ということは流石にないと思うので見せ場がくるまでトンガリ待機です。

それにしても風柱の柱と遭遇できない感は凄い。

不死川兄弟、愈史郎、千寿郎くんの手紙なんかも残っているので次回素直に黒死牟戦が始まるかはわかりませんが……。
最近の鬼滅見てるといきなり本格的に戦闘開始しててもおかしくないのでしっかり気持ちの準備をしておきます!!
そして単行本16巻とファンブックを読んでアニメを観たらすぐに次回が読めると思うと今週はめちゃんこご機嫌です。

そわそわ。
早くファンブック読みたい。

それでは次回もよろしくおねがいします!!!

キメツーーーー!!!!!

『鬼滅の刃 第164話「ちょっと力み過ぎただけ」感想・考察』へのコメント

  1. 名前:ばんぶー 投稿日:2019/07/03(水) 20:24:49 ID:f6706c232 返信

    よりによって上壱に1人ですか…
    過去回収だろうけどかなりヤバい気が
    炭治郎も流れキてるとか言ってるし、ここでめっちゃピンチになるパターンやんけ

    でも、上壱襲撃もないなら禰豆子たちはなにするんだろ?新上伍ですかね?
    そんな強そうなポジションじゃないハズだけど…禰豆子暴走でもするのかな?

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/04(木) 00:58:19 ID:b62982236 返信

      本当によりによってですよ…
      ずっと一人ということは無いと思いますが…
      炭治郎の希望的観測はフラグでしょうか…絶対最後までそううまくはいきませんよね…
      柱集結してカッコいい合わせ技で勝利とか燃えますけどそういうの無さそうなメンツなんですよね
      読めない

      こうなると禰豆子や輝利哉様のところには残っている新上弦の伍になるんでしょうか。
      鬼側としては柱を全滅させてからゆっくりと産屋敷家を襲撃すればいいからわざわざ外に戦力を割く必要が無いとも思えますが…
      禰豆子の暴走はありそう
      禰豆子真ラスボス説

  2. 名前:九喇嘛 投稿日:2019/07/03(水) 20:32:39 ID:9560d71b1 返信

    試験突破して、堂々と読みました!
    義勇さんの焼却止血に、恋柱さんの女性芸人並のリアクション、動きまくる伊黒さん、黒死傍と時透くんの遭遇、もうこれでもかってぐらいの戦況ですね!鬼滅の刃の時代は日露戦争の後の1913年辺りだと言われてますが、義勇さんの言葉が戦地に立つ兵隊さんのように聞こえます。
    相変わらずの顔だけど、あれだけ傷麻酔ナシで焼いたら、ショック死するのが普通なハズです。
    蜜離さん、さすが炭治郎タイプ。
    女の子なのに「潰されるー!」ってリアクションとれるのドリフみたいで笑いました!鳴女さんが少し笑ってるように見れるのは自分だけてすかね?
    そして自分も待ちに待った伊黒さーん!動く度にカッコイイし、蛇の様に相手の背後をとる、まさに毒牙!
    ぜひ無双してほしいです!
    しかし、喜ぶヒマがないのが鬼滅。
    時透君が一人で黒死傍と戦うなんて!日の呼吸の剣士に繋がる伏線だとしても、これはヤバすぎる!
    お願いだから時透君を殺さないで!
    自分としては、風柱何処だー!?って言いたい!今こそアンタの出番でしょうが。このまんまじゃ、アンタ一人デク柱になるぞ!と、
    先週まで、『倒れてる義勇さんと炭治郎の元に烏の報告を聞いて駆けつけた風柱が富岡さんに愚痴を言いながらもさりげなく労って「後は任せろォ」って行こうとしたら、義勇さんが起きて、懐から出して風柱に渡したのが、(血塗れのおはぎ)でした!!
    モチロン風柱キレる、「一生眠ってろ!!」と義勇さん叩く、また失神。』
    ってなカンジのコント想像してたんだけどなぁ。
    とにかく、早く風柱には時透君に合流してもらいたいとひたすら祈ります!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/04(木) 01:10:53 ID:93367afa0 返信

      試験お疲れ様でした!
      今回の話は色んな場面が盛りだくさんでしたね!
      義勇さんのみならず煉獄さんや伊黒さんなんかもみんな鬼殺に全てを捧げていますよね……。
      悲壮感まで漂うかのような覚悟は軍人さんのそれに近いものがあるかもしれませんね。
      焼くのって絶対めちゃくちゃ痛いですよね。
      義勇さん声ひとつあげなさそう。

      蜜璃さん伊黒さん見せ場きますよこれ〜!
      蛇の呼吸のお披露目回が絶対あると信じてる…!
      伊黒さんは冷静沈着に緻密で繊細な剣技を魅せてくれるはず!!!!

      無一郎くんは黒死牟と当たる予想は多かったように思いますが、ひとりでなんて聞いてません……。
      援軍は来るとして、柱3人でも足りない恐れがあるので風柱の到着は必須ですよ!必須!!
      このまま上弦と遭遇しないで終わったら本当に笑話になってしまいます!!!!
      ちょっと柱同士の良い話読みたいなと思っていたのでぼろぼろの義勇さんとの絡み妄想捗りますね。
      しのぶさんの訃報にもビキビキ来てるかもしれないので生存は素直に喜んでくれると思うしそっちに風柱さん行くのもいいな……。
      いやでも急務はやはり黒死牟ですね!
      ここはどれだけ戦力が揃っても安心できません!!
      少なくとも眼の数が対等になるくらいは人数ほしい!です!

      • 名前:九喇嘛 投稿日:2019/07/04(木) 08:22:59 ID:5547de435 返信

        黒死傍と眼の数が対等にするには、村田さんもこないといけないかもしれません。今回初めてわかったけど、眼だらけの刀、鍔の裏までびっしりと眼ですからね。
        黒死傍はカイガクの回想シーンでは刀を握らずに妙な持ち方してましたよね。あれ見た時、異形なのに仏像を拝んでいる様な感覚がありました。何人たりとも、近づかせない観音様やお不動様のような出で立ちで敵なのに自分も拝んでしまいました。
        黒死傍の血鬼術と過去は「眼」に関係するのは必然かもしれませんね。

        • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/05(金) 19:43:58 ID:983def4b8 返信

          鍔の裏まで目があるのは流石にやり過ぎですよね…
          あの刀誰が打っているんでしょう…
          指で挟む謎のお洒落な持ち方してましたね!
          わかります!不動明王のような威圧感ありますよね!
          圧倒されてしまうのは無理もないと思いましたよ……。
          これだけの猛プッシュはもうほばほぼ確実に“眼”に何かしらの要素があるのは間違いないかと思います。
          楽しみでもあり恐ろしくもあります。

  3. 名前:ポンチョ 投稿日:2019/07/04(木) 18:56:09 ID:2940e0fad 返信

    蛇&恋のタッグ…!
    ついに…ついに伊黒さんの見せ場にもう大興奮。
    トンガリさんと同じく蛇柱の出番を待ち望んだ者として、足の感覚が無くなるほどの正座待機をしていたかいがありました…!
    個人的にはあの口元を隠している布(さらし?)の下も気になってましたので、ここでお披露目と過去、生い立ちが分かると信じて再び正座待機です。
    そして蜜璃ちゃんのうっかりミスにも優しく声をかける伊黒さん…!さすがに蜜璃ちゃん相手だとネチらないのですね…!(これが冨岡さんだったらネチィ…ずぬー間違いなしなのにw)

    時透くんのパートは不穏な空気すぎて胃がやられそうです…死なないでおくれ…。
    未だ合流も対峙もしていない実弥と、兄より先に上弦経験済みの玄弥の不死川兄弟の登場が待たれますね。
    風柱の良い所がみてみたい…!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/05(金) 20:05:10 ID:b7d8b34b2 返信

      伊黒さん来ましたねーー!!
      まだ大活躍という程ではありませんが伊黒さんの確かな鼓動を感じます…感慨深いです…。
      ええー!口元披露してしまいますか!?
      それはかなり刺激が強いです…!
      過去や鬼殺隊入隊の理由等々知りたいことばかりです!!
      ここまで待ちに待ってきたんですから信じてますよ!
      きちんと伊黒さんにスポットが当たるのを!!
      蜜璃さんへのフォローの優しさめっちゃなごみました…w

      無一郎くんひとりはまずいですひとりは…。
      無一郎の一はひとりぼっちの一…。
      風柱さんどこで何してるんでしょうね。
      無限城そんなに広いんでしょうか。
      今のところ見せ場皆無なので何のフォローもできないのが辛いです。
      お館様を悼んで涙していたところを見て少し好きになってきたのですが…。

  4. 名前:鬼読隊 投稿日:2019/07/04(木) 21:10:19 ID:41a1bdf1a 返信

    こんばんは!!やっと期末考査が終わりました〜(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )

    鬼滅みたらえらいこっちゃですね!!
    まず義勇さんかっこいい……♡♡最初のコマはは笑いますけど‪w 炭治郎を気遣うところとかもうキュン死にですよっ!!私、炭治郎になりたいです……♡‪w
    それからついにおば蜜!!楽しみにしてたので嬉しいです~〜!蜜璃ちゃんかわいいし、小芭内さんかっこいいし……。これからが楽しみですっ!
    そして無一郎くん!!!上弦の壱……。やっぱり黒死牟に対して1人はきつそう……。でもそれに渡り合う無一郎くんが見たい!!のが心情です。
    黒死牟の過去が早く見たいですっっっ!!!でもそれを知るといよいよ物語の終盤と言う感じがしてちょっと複雑ですが……

    今話はとにかく義勇さんと炭治郎が無事だと言うのがわかって良かったです!(*ˊᗜˋ*)

    無一郎くん、おば蜜がんばれ〜~っっっ!!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/05(金) 20:23:35 ID:fe64dccee 返信

      期末考査お疲れ様でした!
      えらいこっちゃですよ〜!!
      色んな迷いを振り切って自他共に認める水柱になった義勇さん本当にカッコいいです。
      かなりカッコいいです。
      まだまだ戦う気なので無事を祈るばかりです…。
      炭治郎はズルいですよぉ!
      ふたりがざるそば早食い勝負したそば屋さんの常連客はいかがですか!?

      早くみなさんと小芭内さんのことたくさん話し合いたいです……。
      蜜璃さんとのやりとりも流麗な剣技もまだまだたくさん見たいし未だ明かされない過去も待ち遠しすぎて苦しいです……。
      なんだかんだ鳴女との戦いも激しいものになると思うのでふたりの無事を祈ります〜!

      無一郎くんひとりは困ります…。
      でも分かりませんよね!
      トンガリは結構渡り合えるんじゃないかと考えてます!!
      そんな甘い考えではしのぶさんに怒られそうですが無一郎くんは柱3人前くらいの頼もしさを見せてくれると信じてます!!
      黒死牟の過去が明かされると色んな伏線が一気に繋がる可能性が高いですよね。
      複雑な心境、痛いほど分かります……でも面白くて読まずにはいられないんですよね……。

      義勇さんと炭治郎は心からお疲れ様ですと労いたいです!
      少し回復に時間を取ってもらいたい!
      トンガリも次なる剣士たちの戦いを応援します!!
      みんながんばれーー!!!!

  5. 名前:七味とうがらし 投稿日:2019/07/06(土) 01:06:36 ID:1a878eedf 返信

     新上弦の肆VS蛇柱&恋柱。響凱の上位互換としかいいようがない無限城そのものという巨大な敵相手ですが、この空間転移の力、直にチョンパみたいな真似ができたら怖いですね。甘露寺さんの刀はカラリで用いられるウルミがモチーフのようですが伊黒さんの刀はフランベルジュがモチーフの刀みたいですね・・・複雑に歪んだ刃が傷口を癒着させず腐らせてしまうというなんともエグい武器を使うものです、さすがは蛇柱というべきですか。

     というか、無限城の要と思われる彼女に無惨様が護衛をつけてないということは名ばかりの上弦というわけではないようです。柱を引き込んで殲滅させる策だというのにそうしなかったのは複数の柱相手にしても勝てるという無惨様からの信頼と自信があるということ、油断できそうな相手とは思えません。

     しかし鳴女さんと響凱、能力もですが楽器鳴らして転移させたり建物動かすあたりも被ってますね、同系統の血鬼術なのでしょうか? いや一応彼も元とはいえ十二鬼月・・・・・・何か関係があるのやもしれませんね。

     ちなみにこの時代、輸血と言う概念はありますがまだ日本では知られてすらいないか一部の人間しか知らないくらい(しのぶさんクラスなら知ってるかも?)のレベルですね、ちょうど黎明期くらいです。

     コミックスと言えば、悲鳴嶼さんの悲劇の真実としのぶさんの意外な事実が明るみに出てましたね。っていうか彼らを鬼に売った子供ってアイツですよね? わたしはこの話読んでた時ほぼ失明しかけてたんで気付けなかったんですが、鬼になるべくしてなってたんですねえ・・・・・・『彼』よりも前に悲鳴嶼さんが『アイツ』と出遭っていたのなら、これもまた因縁の対決になってたんですね。

     そしてしのぶさん、童磨は剣士でもない毒使いとかほざいてくれてましたけど、あの事実鑑みたら彼女対人戦闘だったら鬼殺隊最強だったじゃないですか! 突きってそもそも禁じ手になるくらい殺傷力高いですし実戦最強の剣術士集団だった新選組の基本はまさに突きです、彼女なら新撰組一番隊組長任せられても問題ないレベルの腕前だったはずです。そんなんが上弦ですら見切れない動きで攻撃してくるんですよ? 身体が小さいのは逆に利点です、ぶっちゃけ某人斬り抜刀斎でも返り討ちに遭ってたでしょうね・・・・・・

    >弟思いで、人を守るために戦っていたとしてもやり方が暴力的過ぎて引いてしまいました……。

     というか、よく見たら(前までは物理的に見えてませんでした(苦笑))炭治郎が意味深なことを玄耶に告げてましたね。というか実弥さんてある意味口だけというか、凶状持ちなの利用して脅して円満に片付けようとしてる節があるんですよね。この方がもし言動どおりの性格なら「ブッ殺すと頭の中で思った時にはスデに行動は終わっている」という某プロシュート兄貴の教えを実践しまくってるはずですし。

     ・・・・・・まさかと思いますが、この悲劇にまたもやあの男(獪○)が関わってるとかないですよね? わたしにはもうなんか無惨様よりあいつのほうが鬼殺隊にとっては諸悪の根源としか思えないんですよね(笑)

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/07(日) 02:01:12 ID:b629993f0 返信

      空間移動のゲートを通過中に閉じると切断されるアレですね……ゲートの役割が建物の襖とかを使っているので挟まって引っかかるだけにとどまってほしいところですが……。
      ふたりの剣は特殊で面白いですよね!
      武器として実際にある形状なのはさすが吾峠先生です!
      伊黒さんの日輪刀が何故あの様な形なのか説明ありますかね……他の柱との差別化の為に、とかメタ的な理由だと悲しいのでしっかり掘り下げして欲しいところです!

      さすがに上弦という最高幹部に護衛をつけるというのは本末転倒というか、上弦よりも強い鬼がいないので難しいのではないでしょうか。
      それこそ上弦同士2体ずつ組んで戦わせれば敗北は無いかもしれませんが、元々圧倒的に有利な状況の鬼が分散した人間の剣士相手にそれをやるのは……とプライドの高い無惨なら思うかもしれません。
      鬼側のホームグラウンドで破れるようなら上弦もいらない、くらい思ってるかもしれませんよ。

      ちょうどアニメで響凱との戦闘を放送していたばかりだったのでどうしても血鬼術の類似点が気になりました。
      関係あったところで盛り上がるかどうかはわかりませんが……そんなちょい足しエピソードみたいなところでもしんみりさせたりほっこりさせたりするのが鬼滅なので油断できません。

      悲鳴嶼さんかなり大事なところがおまけに書かれていましたね〜!
      グッと込み上げるものがありました!!
      悲鳴嶼さんにも何が何でも生還してもらいたいです……。
      うちは単行本派の方にはネタバレ申し訳ないのですが雑誌派のブログなので名前出しても大丈夫ですよ!
      というか散々書いてしまってるので!
      鬼になる性根ですよね〜。
      彼がどれだけ爺ちゃんのところで修業していたのかは分かりませんが変わることは出来ませんでしたね……。
      悲鳴嶼さんはあの時の子供が鬼殺隊に入っていたことを知っていたんでしょうか。
      気になります。

      しのぶさんも意外な事実でしたね!!
      ただ柱はみんなどこかしら人間離れしたところがありますので対人だけでも最強かどうかは……。
      それにしてもよりによって鬼と相性の悪い突きだけというのが本当に悔しいです〜。
      刀鍛冶の里の方々でも突きで頚を斬れるような形状の刀は作れなかったんでしょうか……。
      十文字槍のような形状であれば出来なくはないんじゃないかと思うのですが……。
      しのぶさんの動きどことなくフェンシングっぽい感じしません?
      動いてるところ観れるのが楽しみです。

      実践してたじゃないですか玄弥に!
      炭治郎が止めなかったら目玉潰されてましたよ!
      本当は潰す気がなかったとかであれば炭治郎は嗅覚で分かるはずですし!
      恐怖ですよ恐怖!

      獪岳は人を鬼にできる無惨と取引できるほどの才覚はないんじゃないかな……たぶん……。
      なのでその晩に鬼になって正気を失い家族を襲った不死川家の悲劇には関わってないと思いたいです。
      やはり無惨のやってきたことと比べたら獪岳は小物ですよ。

      • 名前:七味とうがらし 投稿日:2019/07/07(日) 23:42:40 ID:0e77aee9e 返信

        >さすがに上弦という最高幹部に護衛をつけるというのは本末転倒というか、上弦よりも強い鬼がいないので難しいのではないでしょうか。

         鳴女さんはそもそも戦闘タイプではなく無惨様がゴリ押しで強化したら探索型の能力身に着けた的な感じに見受けられましたんでそれなりに重要な立ち位置に居るはずなんですが・・・トンガリさんの推論読んで思ったんですけど、無惨様自分以外を最早用済みとして柱と相討ちにさせて全部後始末するつもりなのかもしれませんね、某フェイスレスがサハラ砂漠で某自動人形と某しろがね全員を噛み合わせてまとめて始末したように。

        >ただ柱はみんなどこかしら人間離れしたところがありますので対人だけでも最強かどうかは……。

         小さくて速い相手って想像以上にやりにくいものなんですよね、あくまでも対人ならということで戦闘力には直結してないのは確かなんですが素の突きが水の呼吸最速の雫波紋突きより速いという時点でしのぶさんの対人能力は折り紙付きだと思いますよ。それも動きが直線的ならまだしも蜈蚣の舞い・百足蛇腹とか使われたら反応できる柱は居ないんじゃないでしょうかね。

         しのぶさんは鬼の頚を落とせないことを内心でコンプレックスに感じていましたけど、彼女の持つ毒というアドバンテージは鬼殺隊髄一のもので他の柱に決して見劣りはしていませんでした。しのぶさんだからこそ童磨を討てたのです、彼女は童磨にとっての天敵ですらあったんじゃないかなと今では思っていますよ。死んだのは悲しく悔しいことですが彼女は本懐を遂げました、実に美事な生き様でした・・・・・・

         あとしのぶさんは確かキメツ学園で薬学部とフェンシング部掛け持ちしてましたんで無関係ではないと思います。

        >本当は潰す気がなかったとかであれば炭治郎は嗅覚で分かるはずですし!

         解っていたと思いますよ、たぶん眼に回復可能な負傷をさせてトラウマ与えて戦えないようにしようとか考えてたんじゃないですかね?炭治郎はそれでも怪我をさせたくなくて止めたんじゃあないかなと思ってます。そもそも鬼滅のキャラってわりと洒落にならない蛮行してる人多いですよ、炭治郎ですらも。

         というか、それ言っちゃうと伊之助が善逸ごと箱を突き刺そうとしたことってそれこそ許しがたい蛮行になりますし。彼は最初に遭った者がもし黒死牟とか猗窩座だったらあっさり鬼になってた可能性すらありました、炭治郎と会い、煉獄さんの生き様を見るまでの彼は正直言って鬼に転んでも不思議ではない性格でしたからね。

         妙にわたしが実弥さん贔屓してるなーと感じられるかもしれませんが、おはぎ好きなのを炭治郎にばらされ羞恥からアッパーかましてた彼が悪い人に見えなくなりました(笑)

        >なのでその晩に鬼になって正気を失い家族を襲った不死川家の悲劇には関わってないと思いたいです。

         いや、単に獪岳が出くわした鬼から逃げようとして不死川母を囮にしたとか不死川家の近くまでトレインしてしまったとかいらんことしぃな真似してたんじゃないかなと。こいつが鬼殺隊に入った理由って多分ですが屈辱を味あわされた復讐とかそんな理由だったんじゃないですかね? 最後の最期までくだらないゲス野朗のまんまでしたからねぇ・・・

        • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/08(月) 00:30:26 ID:62c34da2f 返信

          たしかに探知探索タイプや空間系能力はレア能力というか貴重そうですよね〜。
          なるほど……用済みな鬼の処理……。
          強すぎる黒死牟の処理とかも含まれる可能性ありそうですね。
          無惨の思惑ってどうなってるのか分かりませんよね。鬼による日本支配とかでもないし。
          太陽を克服したらどうしたいんでしょう。
          なんかまだまだ裏というか謀略がありそうで意外と底が知れない無惨様ですね。

          しのぶさんが弱いとは思ってませんよ!!
          むしろ凄く強いとは思っています!!
          ただ他の柱も同じようにズバ抜けた部分が多いのであまり「最強」と断じたく無いというか、断定しないのがブログの方針でもあるんです!
          あくまでも公式の発言準拠というところです!
          比較対象の水の呼吸が特に速度を売りにしている呼吸とかでもないので呼吸全体だとどれだけの速さなのか分からないので断言できません!
          例えば速さと言えば元音柱の天元さんなんかの方が上かもしれません!
          小さいと言えば無一郎くんもしのぶさんと10センチ差で小柄とは言えますね。
          加えて最高速度は上弦の伍である玉壺をも上回ると語られているのでしのぶさんに並ぶ速度でさらに緩急をつけた動きができるかもしれません。
          それに恋柱・蜜璃さんも「技の速度は宇髄天元をも上回っている」と言われています。
          彼らの動きもしのぶさん同様に、例え柱であっても容易に反応できるものではないでしょう。
          道場で、決まった立ち位置で、ヨーイドンで、最速の攻撃を用いて雌雄を決するというルールであればしのぶさんが勝つかもしれませんが、「しのぶさんより早く動ける柱はいない」とも言われていない以上勝てない可能性もあります。
          なので「反応できる柱はいないんじゃないでしょうか」と言われれば「それは分かりません」としか答えられないんです!

          ああっ!
          そういえばキメツ学園でしのぶさんはフェンシング部でしたね!

          伊之助と比較しちゃうのは一応お館様の前ではきちんと喋る風柱が可哀想です。
          理性的なところもあるのに鬼が絡むと途端に暴力的になるのが怖いです。
          まだ考えの足りない伊之助は鬼殺隊の仕事は鬼を滅殺することなんだからそれが一番優先されることだと思ってしまっていたのかもしれません。
          しのぶさんも禰豆子を滅殺しようとしそれを止めた義勇さんに攻撃を仕掛けたりはしています。
          全て鬼を滅殺するためです。
          しかし風柱は上弦の鬼滅殺に多大な貢献をした剣士を自分の考えのみで再起不能にしようとしています。
          弟だから戦って欲しくなくて、という理由であればきちんと話し説明し諭せばいいのにそれすらせずに頭ごなしに暴力で解決しようとしています。
          柱合会議では言葉の足りない義勇さんに説明を要求するのに自分はなんの説明もせずに暴力で解決しようとしていました。
          まだ未熟な段階とかでなく柱として鬼殺隊を支えていかなければならない立場でありながらです。
          なのでどうしても身勝手な印象が拭えません。
          ただお館様への忠誠心等は見ていて伝わってくるのでここからどう印象転換してくるのか非常に楽しみにしているキャラでもあります。

  6. 名前:おきょぉ 投稿日:2019/07/07(日) 00:03:29 ID:b76e2d9cf 返信

    初めまして。
    ずっとひっそりと読まさせていただいてました。
    トンガリさんの感想、考察が楽しみで楽しみで更新が待ち遠しいです。
    鬼滅の刃ですが私は考察が苦手で単純に読んでしまっているだけなので良い感想が書けなくて申し訳ございまさんが、これからもトンガリさんのブログ楽しみにしていますということを伝えたくコメントさせていただきました^ ^

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/07(日) 02:10:31 ID:857022763 返信

      コメントありがとうございます!!
      ひっそりとでも読んで頂けて嬉しいです!!
      もはやほぼ感想垂れ流しのブログとなっているので考察と言って頂けるとうれしはずかしです……///
      鬼滅の刃はあまり穿ち過ぎず、シンプルに読めば盛り上がれるとても素敵な作品だと思います。
      というかそれこそが少年漫画の王道、最高の形のひとつだと思います。
      トンガリなんかは毎週毎週続きが楽しみすぎていらんことまで考えてしまっているだけに過ぎません。
      感想なんて「伊黒さんかっこいいがんばれ」だけで、ああ蛇柱好きなのかなと分かりますし十分ですよ!!
      好きなキャラや好きな展開は人によって違うので自分の気持ちを言葉にしてみると意外な発見があったりするかもしれませんよ!
      なのでまたコメント頂けると嬉しいです〜!!
      今度は好きなキャラクターとか鬼滅を好きな理由とか教えてくださるととても嬉しいです!
      トンガリは鬼側のキャラクターが好きという方も受け入れますよ……。
      衝突はするかもしれませんがそれはそれ、仲良しだけが仲間ではないので……。

      • 名前:おきょぉ 投稿日:2019/07/08(月) 23:28:19 ID:7021a67c0 返信

        トンガリさん!私の拙いコメントにこんなに返してもらってめちゃくちゃ嬉しいです!ありがとうございます(T ^ T)
        もちろん鬼滅の刃は大好きでいろんな人たちが大好きですが私の文章力がなく上手く伝えられなくて…なのでトンガリさんのような率直かつ的確かつ感情溢れる文章力が羨ましいです。。
        鬼滅の刃を好きになった理由は単純で…1巻が途中まで立ち読み出来たので読んだら世界に引きずり込まれてしまいました…次どんな展開が来るんだろう…この人はどうなっちゃうんだろ…あ、義勇さんカッコいい…から始まり皆辛い過去を持ちどう成長していくんだろうと。止まらなくなりました^ ^
        そして私が好きなのは天元さんです^ ^嫁3人かよ!って思いましたけど3人ともちゃんと大事にしているしお嫁さんたちも仲良くてみんなが天元さんを好きって…嫁さん同士で取り合いにもならないし天元さんが一人一人を平等に大事にしているからこそ!そして炭治郎への修行の時のあの笑顔がたまりません(*^^*)死ななくて良かった…
        でも…柱は皆んな好きです…杏寿郎さんの時は号泣でした…あと錆兎。辛いです。
        そして鬼は基本好きにはなれません…欲望のままかつ自己中心的な発言は、ん〜…無理だなって思っちゃいます。あ!でもアカザだけは少し人間臭いって思ってましたけど回想を見て切ない気持ちになってしまいました。復讐は自らを滅ばせてしまうのでダメって思いますけど、どれほどの苦しみ辛さだったのかと思うと…
        鬼滅の刃は読んでいて家族の温かさ大切さをすごく感じるし辛いシーンからいきなり軽くなる所も好きですが辛いところはどうしても辛くてしんどいです。でもだからこそ素晴らしいシーンがたくさんあって心に残る素敵な漫画なのかなぁって思いつつ虜になってます^ ^あ!アニメも欠かさず観てますよ☆声は何も違和感なく、スッと鬼滅の世界に入り込んでます!
        長々とすみません…
        トンガリさん!夜な夜な読むのが今私の一番の楽しみです!本当にありがとうございます!体調に気をつけてくださいね!

        • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/08(月) 23:59:04 ID:314ef55c3 返信

          コメント貰えるのすごく嬉しいので喜んで返信しますよ!
          自分の感想にコメント貰えるってたぶん想像しているよりも何倍も嬉しいものですよ…?

          文章力がないなんてとんでもない!
          とっても素敵なコメントをありがとうございます!!
          鬼滅の刃のこと本当に大好きじゃないですか…凄く伝わってきましたよ…。
          天元さんは男前です。
          嫁3人はたまげましたがそれ以上にかっこよかった。
          初の上弦撃破はシビれました…今でも大興奮で投稿してたの思い出します…。
          宇髄家の幸せな未来が見たいです〜!お子さんとか!
          鬼滅は好きじゃないキャラがほとんどいません…ずっと語れてしまいますね…。
          鬼は本当にもう自己中心的で身勝手でわがままですよね!!!!
          悪鬼許すまじ!!
          それでも回想等が入ると色んなことを考えさせられるから鬼滅の刃は凄いです。
          視点が増えて印象が変わるんです。
          家族の大事さとか人の怖さ、理不尽な悲劇等々色んなことを教わりました。
          猗窩座の背景は特にそういったところが顕著でしたね…単行本で読み直したらまたしんみりするんですよトンガリは…。
          だってどうしたら良かったのか…。

          「辛いシーンからいきなり軽くなる所も好きです」という部分で思わず笑ってしまいました。
          まさに鬼滅の刃ですね。
          残酷なシーンがとにかく辛いので合間にある炭治郎の優しさやコミカルな仲間との掛け合いがとても響きます。
          本当に素敵で大好きな作品です…。

          アニメも盛り上がってきましたね!
          トンガリは「ここは漫画の方が良かったな!」「おっ!これはアニメならでは!見事!」って感じにぶつぶつ呟きながら観てます!変なやつ!

          何度も繰り返して申し訳ないのですが、こちらこそ本当にありがとうございます。
          コメントを頂けること、ましてやこんなにも暖かい言葉を掛けて頂けることは比べられるものが無いくらいに幸せです。
          拙いブログではありますが、今後とも見守っていて頂けると嬉しいです。

          鬼滅の刃に大大大感謝です!!!!

  7. 名前:匿名 投稿日:2019/07/07(日) 23:37:01 ID:64359b14a 返信

    家族で僕だけがジャンプを定期購読していて兄たちは単行本しか読まないのでネタバレしたくなってしまいます笑笑
    一回したらブチ切れられました
    でも我慢できない何より単行本との差が大きいですから

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/07/07(日) 23:51:04 ID:cf9deeeb2 返信

      コメントありがとうございます!
      気持ちめっちゃ分かります……。
      雑誌派と単行本派の確執を無くすこともトンガリの夢のひとつですので……。
      単行本派の方たちってすごいですよね!?
      一週間でも待ちきれないのに何ヶ月も!
      できたら雑誌派に増えてもらいたいですが、人それぞれの主義主張があるので押し付けはできません……。
      なので雑誌派仲間で楽しく仲良くしているところを見せてこちらに引き込みましょう!!
      トンガリは雑誌派ですよ!!!!(さりげないアピール)