鬼滅の刃「煉獄杏寿郎特別読切」 感想・考察

鬼滅の刃「煉獄杏寿郎特別読切」 感想・考察

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切
週刊少年ジャンプ202044


おはこんばんにちは!

トンガリです!!

うひゃーーなんかめっちゃ久しぶりに感じる!
鬼滅の刃の感想だーー!!!!(大興奮)

はふはふ。

やっぱり鬼滅の刃という作品には強烈に思い入れがありますね。

今回は鬼殺隊となった煉獄杏寿郎の初任務……ということで。
それだけでもうテンション爆上げで妄想爆発なのですが本編読んだら更にヤバかったです。

これが劇場入場者特典だけでしか読めなかったら何か問題が起こっていたんじゃないかと思うクオリティでした。

とりあえずあらすじいってみましょう!

マンガモアでは週刊誌で連載中の最新話をメインに感想を書いています!
単行本派の方はネタバレ注意です!!

また感想・考察は個人的な解釈に基づいたものとなっておりますので原作者様の想定している解釈と異なる場合がございます。
その点をご理解、ご容赦頂ければ幸いです。

『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎 特別読切 あらすじ


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

「お前も千寿郎もたいした才能はない」
「くだらん夢を見るな」

「炎柱は俺の代で終わりだ」

「お前は炎柱になれない」

開幕一発目は煉獄槇寿郎さんの言葉から。
妻が死に、自信を無くし、荒んでいた頃の槇寿郎さんです。

鬼殺隊となり初任務へ赴く息子・杏寿郎への言葉です。

父の言葉を受け、才能の無い者の努力、また誰かの力になりたいと思う心に価値はないのだろうかと思い悩む煉獄さん。

煉獄さんが小さい頃から槇寿郎さんがこうであったなら煉獄さんも悩んだりしなかったと思います。
槇寿郎さんも昔は誰かの命を守るため精一杯戦う人で、煉獄さんや千寿郎くんの鍛錬を見てあげる精力的な炎柱だったというのが辛い。

そんな複雑なことに思いを巡らせながら千寿郎くんが鍛錬をしているところを眺める煉獄さん。

鍛錬に集中していた千寿郎くんは煉獄さんの気配にすぐに気づくことができなかったことを恥じ入ります。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

「それだけ千寿郎は稽古に打ち込んでいたのだ」

「素晴らしいことだ!!」

ああ~~~~煉獄さん!

これこそ煉獄さんという素敵な返し!
胸中に複雑な思いを抱えつつも、自分の考えることはスパッと発言してくれる煉獄さんが大好き過ぎます!!!!

こういうストレートなところは煉獄さんの魅力のひとつですね。

煉獄さんの言葉を受け取った千寿郎くんの表情もめちゃんこ可愛い。
最高です。

「俺はこれから初めての任務に向かう!」
「その間千寿郎は家を守っていてくれ!!」

と言葉を残して初任務の地へと向かいます。

千寿郎くんがその背中に「兄上みたいになります」と声を掛け、その言葉にふと過去の出来事を思い出す煉獄さん。

千寿郎くんと同じ様に「貴方みたいになりたいです」と感謝と告げた最終選別を共にした剣士
最終選別で鬼に刀を折られていたところを煉獄さんに救われたようです。

しかし、その剣士にいつも通りに「一緒に頑張ろう!」と声をかけようとした時、一瞬詰まって言葉が出てこなかった。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

「彼がどうしてか死んでしまいそうだったからだ」


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

「その時ふと 父が俺たちに冷たくなった理由を考え」

「“死なせたくないから”というのが頭に浮かんだ」

「父の気持ちは父にしか解らないけれど」

これは槇寿郎さん外伝も読みたい……と思わせるような独白。
槇寿郎さんを消耗させてしまったモノのひとつに、自分の手からこぼれ落ちてく命の重さもあったかもしれません。

炎柱として戦い続けてきた槇寿郎さんの気持ち、知りたいなぁ……。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

そんな思いを抱えながら、辿り着いた任務の地では凄惨な状況が待っていました。

恐らくこの鬼にすでに殺されている鬼殺隊の剣士が九人。
鬼によって喰われた子供の死体が四人分。

そして、鬼殺隊に守られた怯える子供、たった一人の生存者。

父・槇寿郎さんがよく言っていた言葉を思い出す煉獄さん。

「つい先日 笑いあった仲間が死ぬのはよくある話」

怒りに心を燃やし、鬼に斬りかかりましたが躱されてしまいます。

鬼が取り出したのは笛。

笛の音を用いる何らかの血鬼術。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

音が届く前に瞬時に耳を塞ぎます。

しかし、刀を握った状態では完全に耳を塞ぐことはできず、そして刀を持たねば戦えない。
両耳を塞ぐためには戦うのを止めるしかないという究極の選択です。

そしてこの鬼の血鬼術は、笛の音を聴いたものの神経を狂わせる
足を動かそうと思えば頭が動き、手を動かそうと思えば足が動く。

どれだけ努力してきたとしても思うように身体が動かせなければ水の泡……。

動けなくしたところを使いの犬を放って殺すという、初見では防ぐこと能わぬような能力です。

「人生は選ぶことの繰り返し」

「けれども選択肢は無限にあるわけではなく」

「考える時間も無限にあるわけではない」


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

「刹那で選び取ったものがその人を形作っていく」


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

「誰かに称賛されたくて命を懸けているのではない」
「どうしてもそうせずにはいられなかっただけ」

「その瞬間に選んだことが自分の魂の叫びだっただけ」

「そうだろう みんな」


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

一閃。

動けるはずの無い剣士からの一撃。
反応することもできなかった鬼は頚が地面に落ちてから煉獄さんがしていたことに気付きます。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

「耳を塞ぐ時平手で強打し己の鼓膜を破ったのか!!」

言われればそれしかないという選択。

仲間が指文字で能力を示してくれていたと言い放つ煉獄さん。
その情報もみんな体が思うように動かない中での断片的な情報

それでも煉獄さんにとっては十分だったと。

恐ろしく冷静で判断が速い。
これが後の炎柱・煉獄杏寿郎

こうして、煉獄さんの初陣は幕を閉じました。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』特別読切

「君たちのような立派な人に いつかきっと俺もなりたい」

感想

この引きで劇場版観るのかよおおおおおお!!!!

とんでもないコンボ。
ええええ、どうしよう、劇場版を原作知らずに観る人ってどれくらいいるんだろう!!!

感想書きたいけどネタバレだらけになってしまうのだが?
でも感想書きたいんだが?

原作読んでおらず劇場版で鬼滅の続きを楽しみにしている方はこの先の感想は絶対に読まないでください!!!!
物凄く勿体ないのですぐに原作を全巻読むか劇場版視聴後に原作を全巻読んでください!!!!

良いですね!?
原作未読ファンは読まないでくださいね!?

ああああああ煉獄さんかっこいいよおおおおおお!!!!

読切読んで思いましたがやっぱり吾峠先生って短編を描くのめちゃくちゃお上手じゃありませんか?

煉獄杏寿郎初陣物語凄く良かった……。
というか初陣がこの鬼……順番が違えば煉獄さんが指文字でヒントを出す立場だったかもしれないのかな……。

恐らく柱なら一太刀目で頚を落としているんでしょうね。
それにしても初見殺しの血鬼術。
なんか初期の鬼滅の刃を読んでいるみたいですごく面白かったです。

やっぱり鬼滅の刃めっちゃ面白い……吾峠先生凄い……。
この感じで各キャラクターたちの読切を半年に一回か一年に一回くらいのペースで描いてくれるだけで死ぬほど盛り上がれるのだが……。

それにしても当然っちゃ当然ですけど煉獄さんの良いところ盛りだくさんの読切でしたね!
千寿郎くんや同期の彼への明朗快活な態度や、槇寿郎さんの言葉を受けての曇った感情。
そして、命を懸けて戦った仲間たちが示してくれた進むべき道、信じるべき姿。

ここから煉獄さんが炎柱になるまでどれだけの修羅場をくぐってきたのか、想像するだけで色んな想いが溢れてきます。

無限列車編ラストの問答をする煉獄さんを作り上げたのはこうした戦いなんだなぁと感極まりました。

劇場版めっちゃ楽しみです……。
劇場入場者特典欲しいなぁ……手に入るかなぁ……。

笛鬼と戦い、散った剣士たちの指文字。
あれが何を指しているのかよくわかりませんでした。
鬼殺隊で用いられるハンドサインなんでしょうか。

童磨戦でしのぶさんもやっていたので、視覚・聴覚・嗅覚等に作用する神経系の血鬼術には対応したサインがあるのかな?

はぁぁ煉獄さんかっこよかった。

次号も平野稜二先生による煉獄杏寿郎外伝の前編が掲載されますし久々の鬼滅尽くしで超ゴキゲンです。

映画もすぐに観れたらそっちの感想記事で感想書こうかな!
映像作品の感想って難しそうだけど多分めちゃくちゃ興奮してるだろうからその感情のままに文章残しておこう。

あ~~ワクワクしてきた。
煉獄杏寿郎外伝も楽しみ。

ではでは次回もよろしくお願いします!

キメツーーーー!!!!

「鬼滅の刃」各話まとめはこちら

おはこんばんにちは! トンガリです。 トンガリにしては珍しくまとめ記事です。 自分が見直す時に使うメモの様なものなのですが、ジャン...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『鬼滅の刃「煉獄杏寿郎特別読切」 感想・考察』へのコメント

  1. 名前:はな 投稿日:2020/10/09(金) 22:53:50 ID:41c24e329 返信

    トンガリさんお久しぶりですー!

    各キャラクターたちの読切を半年に一回か一年に一回くらいのペースで描いてほしいって激しく頷きながら読んでました。
    そして単行本にしてほしい。。。

    ワニ先生が描いたのが読みたい!
    映画感想楽しみにしてまーす。

    キメツー!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2020/10/14(水) 14:58:49 ID:d86cfb024 返信

      はなさんコメントありがとうございます!
      鬼滅の記事なんてほんとに久しぶりで凄く楽しいです!

      ほんとにどれだけ需要があるのか分かりませんよね……。
      それぞれのキャラクターたちが魅力的過ぎる……。
      でもやっぱり創作をする方たちはどんどん新しい物語、作品を創り出していきたいのかなぁとも思います。
      吾峠先生は他にない独自の才能をお持ちの方だと思うので特に……。
      でも惜しまれ求められるくらい鬼滅の刃が素晴らしい作品であることは間違いありませんよね!

      映画めっちゃ楽しみです!!
      感想書くかな!?
      公開されたら色んなところがめちゃくちゃ盛り上がるだろうな~~!!

      次回もよろしくお願いします!
      キメツーー!!

  2. 名前:ちなの 投稿日:2020/10/11(日) 22:17:52 ID:fe1aca607 返信

    お久しぶりです!
    更新待ってました!!

    吾峠先生の作品はやはりいいですね… 煉獄さんはいつもポジティブではっきりと褒めてくれたりするいい兄貴分的な存在ですが、悩んだり苦しんだりした上で今のカッコいい煉獄さんがいるんですよね。21巻のコソコソ噂話で「大声で笑ってなければ楽しいと思っていないわけではないし、大声で泣き喚いていない人は悲しい気持ちになっていないわけではない」という言葉に表されるように、吾峠先生の描く作品にはそんな内面まで考えられていて本当に深い。それに先生独自の言い回しとか細やかな心情の描写や表情の書き方が上手くて、読んでいてどんどん引き込まれていきます。先生のペースでいいので、たまに外伝とか新作を是非出して欲しいですね。

    指文字に関しては鬼殺隊独自で作ったものなのかなぁ… と私は思いました。
    手話とかありますが、刹那の戦いで咄嗟に伝えるとしたら、しのぶさんみたいに「吸うな」とか、注意を促すものは簡単に伝えられるように工夫されてるのではないでしょうか。「聞くな」「狂う」「複数」とか。
    でもそれもよく考えたら殉職率の高い鬼殺隊では、戦いの最中伝えるというより、死んでもなお仲間に情報を残すという意味合いの方が強い気がして、鬼を倒すため他の人を守るために覚悟を決めて戦ってる人たちは立派すぎるぐらいです(涙)

    私も映画を観に行きたいとは思ってるのですが… 今回の話、夢の中で炭治郎が家族と再会、そして猗窩座まで出てきてしまうようなら、もう両隣の人に迷惑をかけるんじゃないかと思うぐらい序盤から泣きそうでちょっと行くのを躊躇してます…
    市松模様方式の席しか座れない劇場を探そうかな…

    それではまた、更新を楽しみに待ってます!

    キメツーーー!!!(懐かしい…!)

    • 名前:トンガリ 投稿日:2020/10/17(土) 18:40:26 ID:01f924241 返信

      ちなのさんコメントありがとうございます!
      お久しぶりですー!

      鬼滅のキャラたちって一つの側面だけじゃなく、必ずもう一つの側面を持っているところがありますよね……。
      そのギャップに強烈な深みを感じてしまうともう戻ってこれない……。
      吾峠先生はそういう物語の登場人物以上に実在の人間のような心情の描き方や魅せ方が圧倒的にセンスを感じてヤバイです!
      刺さる人はどうしようもなく貫かれてしまいますよね!
      ほんとに……劇場版に合わせたものだというのは分かっていても、こういうメディア展開をされると未練が……。
      キャラの掘り下げ……欲しい……。

      鬼殺隊独自だとしても確かに瞬時に驚異を伝えられるものが作られてそうですよね。
      ほぼほぼ命を使って伝えることになるので考えるだけでもしんどいですけど……。
      それでも鬼殺隊は命を繋いで悪鬼を滅殺していくんだよなぁ。
      改めてその覚悟に敬意を払わずにはいられません。

      というかこの話題が思いっきり劇場版の内容に繋がってきてしまいますね……。
      守るために繋ぐ……繋いでいく……。
      そりゃそうか……劇場入場者特典の読切ですもんね……。
      同じく劇場版観てたら泣くだろうなぁ……。
      最近違うアニメ映画を観て引くほどボロ泣きしてしまった経験値があるので声は抑えられる自信があります。
      あと平日なら市松模様方式で行けそうなので土日はスルーして平日に行くことにしました。
      トンガリ英断です。

      煉獄外伝の方も記事書きますのでもしよろしければそちらもよろしくお願いします!(今更過ぎる宣伝)

      ほんとに懐かしい……そして嬉しい!
      それでは!

      キメツーーーーーーーー!!!!

  3. 名前:猫好き 投稿日:2020/10/14(水) 20:18:12 ID:e8b6b7c70 返信

    トンガリさま御無沙汰しております、猫好きです。
    ジャンプ44号からの煉獄伝からLisaさんの『炎』がリリースと、先週から映画解禁に向けて煽られまくってます。
    トンガリさま更新されてないかしらと思ってたら、期待を裏切らない考察にニンマリしてます。お元気そうで何よりです♪

    …にしても、吾峠先生が描く男性の立ち姿って、何であんなに艶があるんですかね?
    煉獄さんの初登場は、私の中では「ヤベー奴おる」と散々だったんですが(失礼)
    先生の煉獄さん初任務を見たら、「…義勇さんばりに色々葛藤してらっしゃる」ことに驚きました。(本当に失礼だな)
    判断力はもとより、人を想う優しさも際立って、炎柱杏寿郞さんに魅了されてしまいました…こんなん惚れるわ。
    にも関わらず、今週末に杏寿郞さんロス確定なの辛い…残酷過ぎませんか。ねぇ?涙

    年甲斐もなく、先日の深夜TOHOシネマズのアプリを二時間近く起動出来なくした1人です…多分。ごめんなさい。

    でも、この悲劇の先に『鬼滅の刃』は一層目が離せない展開になっていくので、涙を飲んでLisaさんの「炎」のエンドロールに耐えたいと思います。
    号泣の果てにアニメ化二期決定とか告知されたらガッツポーズしそう…泣きながら。

    平野先生の外伝も嬉しいんですが、吾峠先生の原作に飢えてたなあと痛感しました。
    この勢いで他の隊士や柱のエピソードを読切にしてくれないかなぁ…。
    個人的には鱗滝さんと桑島さん(元鳴柱)の現役柱時代とか、実弥さんその後とか。
    無惨鬼化の今昔物語なんかもいいなぁ。
    勿論現代の彼等でも『お腹一杯』になりますが。
    メッセージ入りのぬり絵のイラストとか、サービス精神旺盛な先生の作品に、トンガリさまとまたリスペクト出来る事を祈りつつ…キメツー!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2020/10/17(土) 18:58:57 ID:01f924241 返信

      猫好きさん!
      コメントありがとうございます!
      お久しぶりです!

      ハッキリ申し上げさせて頂くと、劇場公開に向けての鬼滅の動きに浮足立っており良くも悪くも凄く元気です。
      そのエネルギーが全て行動力に転換できるかどうかはさておき!

      煉獄さん初任務はちゃめちゃに尊い構成でしたね。
      これ秋に入った今の季節感が合いすぎて変なモードに入ってしまいそうでした。
      こんなにも立派な人が心を痛めながら戦い続けなければならない鬼との因果……。
      今となってはその悲願が成就すると分かっているので平気ですが、劇場版観たらあの時の衝撃が蘇ってきて滅茶苦茶感情揺さぶられそう。
      義勇さんも全く分からないのに内面はとんでもなく思い悩んでる人でしたよね~~。
      鬼滅の登場人物たちの心理描写ほんと無理です。
      トンガリに刺さりまくります。

      トンガリは劇場版は平日観に行く予定なので待ちきれません!(平日だと一席飛ばしで席取れる)
      観終わったあとどうなってるのか全く予想できない……。
      観たら終わってしまうと思うと観るの怖い……続報欲しい……。

      ほんとその勢い支持したいです。
      鱗滝さん、桑島さんと若かりし槇寿郎さんとかメッチャ見たいですよ~~~~!
      というかどのキャラをピックアップされても全身全霊で楽しめそうなのほんと凄い……。
      戦国編でも滅茶苦茶嬉しいいし……。

      ま、吾峠先生の次回作とかでも一向に構いませんけどね!
      いつまでも吾峠先生の色んな作品にリスペクトを続けられる漫画業界であることを祈ってます!

      それでは次回もよろしくお願いします!
      キメツーーーーーーーー!!!!