鬼滅の刃 第171話「変ずる」感想・考察

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第171話
週刊少年ジャンプ2019年39号


おはこんばんにちは!
トンガリです!!!

「変ずる」ってサブタイトルで扉絵が玄弥の鬼喰いって……。

そして10月4日発売予定の「吾峠呼世晴短編集」が派手に気になります。
そわっ。

今回の扉絵はそのまま本編に繋がる形。
玄弥の面倒を見る無一郎くん。
こんな状況ですがなんか仲良さそうな雰囲気で少し和んでしまった。
刀鍛冶の里編で戦ったメンバーはその後交流があったのでしょうか。
鬼滅はそういうのあんまり描かないからな~~~~。
玄弥だって無一郎くんの柱稽古を突破しているはずなので絡んでるはずですよね。
炭治郎に向けるニッコリスマイルを玄弥にも向けてたりなんてしたら……トンガリはもう……。

現実逃避しているうちに本編は笑えない状況になっていきます。

黒死牟の髪を喰い、凄まじい速度で回復することができた玄弥でしたが、どうやらその血の濃さによって随分と鬼化が進んでしまったようです。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第171話

やばいですね。
「気分がいい…」という一言がどうしようもなく不穏な気配を感じさせます。
黒死牟の刀の刃先、「あれを喰えればもっと…」と考えてしまうのもかなり……。
そして何よりもビックリしたのが、鬼舞辻無惨の声が聞こえるようになっていること。
無惨の声だと認識した時の玄弥の青ざめた表情が見てられません……。
もうこれ以上は鬼の捕食は……とも思いますが、兄や仲間たちを守るためならもう戻れないと分かっていても鬼喰いをやめることはないのでしょう。
玄弥パートがかなりしんどい展開になりそうで怖いです……。
どうなっていくんだ……。

トンガリ的にはかなり絶望感ありますが、戦闘面で見ると無惨に気付かれずに無惨の声を傍受できているのは大きなアドバンテージになる気がします。
再生速度も段違いに上がっていそうですし、血の巡る速度が上がるとあるので身体能力の向上も期待できそうです。
先程は黒死牟に一蹴された玄弥ですが、黒死牟を喰った状態であれば攻撃を受ける盾の役割やダメージを気にしない援護ができるようになったかもしれません。
だからといって更なる鬼化を考えると、暴走する展開が見えてきてしまうのでやっぱりこれ以上は……。
玄弥が兄や仲間たちとの絆の力で一時的に血鬼術に目覚めて友情パワー炸裂からの全員で黒死牟撃破みたいな展開を予想していましたが、やはり玄弥の鬼化はあんまり明るい雰囲気で描かれていないの黒死牟の刀とか食べなくていいです。
硬いし美味しくないよきっと。

すっかり再生してるのに、片手にも拘わらずしっかりと止血して励まし続けてる無一郎くんに癒やされることにします。

さて、黒死牟と岩柱・悲鳴嶼行冥さん & 風柱・不死川実弥さんの戦いはというと。
黒死牟による戦力分析が行われております。

黒死牟の予想では岩柱、風柱が柱の中でも実力上位とのこと。
これは実際にはどうなんでしょう。
上位といっても上位6人が実力伯仲で横並びとか言われたら上位とは?ということになってしまうので少なくとも半分より上(上から4・5番目)までには入っているということなのでしょうか。
となると、岩柱を筆頭に痣持ちの霞柱、恋柱、水柱、風柱、辺りがノミネートされる?
霞柱は今回の黒死牟戦で経験不足な面が厳しく咎められたので一歩下がるか。

しかし蛇柱があの態度で水柱や風柱と大きな実力差があるとは考えづらい……。(半分願望)
という訳でトンガリ的には、柱の実力は蟲柱のように特殊な戦法を用いるもの以外はほぼ横並び。
そこに経験の差、痣の有無でバフがかかる、くらいに考えておきます。
経験の差はすぐに補えるものではないので、経験値の高いものが痣を発現した際の強さは推して知るべしですね。
まぁ全く同じことが黒死牟にも言えることに軽く絶望したので経験の差に触れるのはやめようと思いましたまる。

また黒死牟の分析で悲鳴嶼さんの盲目設定もしっかり練られていたことが分かりました。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第171話

「鎖を振り鳴らす音の反響で空間や動きを極めて正確に把握している」

なるほどそうか!

悲鳴嶼さんは相手の発する動作音や呼吸音のみで戦っているのかと思っていましたが、
まさかのエコーロケーション方式でした!!
すごい!!

柱の中でも屈指の肉体を持ち、盲目であることを補うべく考え尽くされた武器を用いる……かっこいい……。
まさか鎖にもきちんとした説明がされるとは思っておらず興奮です!!
なんか漫画的な勢いとか特に説明の無い“心眼”で戦っていると思っていました。
吾峠先生ごめんなさい……。

あ、だからずっと鉄球を振り回し続けていたんですか!?
まずい今まで鉄球振り回し続けてたのをシュールな絵面だなぁと微笑みながら読んでました。
生まれつきとは言え、盲目でありながら命を懸けた戦闘をしているんですから余裕なんてある訳ないですよね……。
常に周囲や対面している相手に注意を向けてる描写だったのか……。
はっきり言ってめちゃくちゃかっこいいです。

黒死牟をして「俄かには信じ難いが紛れもなき事実」と言わしめるその実力。
ここからどう魅せてくれるのか非常に興味深いです!

鬼殺隊最強の男を2対1で相手にするのは得策ではないと踏んで、まずは実弥さんの武器を破壊しようと動く黒死牟。
しかし痣を発現させた実弥さんは黒死牟の動きにしっかりと対応し悲鳴嶼さんとの連携で再度黒死牟の髪を斬ることに成功します。(どっちの攻撃が斬ったかは不明)

「痣を出したからと言って通常ならば戦闘不可能な致命傷を負わされた者がさらに動きの精度を上げてくるとは」と、こちらも評価が上がっています。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第171話


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第171話

そしてとうとう岩柱・悲鳴嶼さんの刃が黒死牟を捉えます!!
耳だけとは言え初の肉体へのダメージです!!
一瞬で再生されていますがそれでもとうとう黒死牟に触れることに成功しました!!
悲鳴嶼さんの踏み込みがもうほんとにかっこいいこと。
今まで散々色んなところで持ち上げられてきた悲鳴嶼さんですが、いざ戦闘が始まれば前評判に違わぬ強さを存分に見せつけてくれます。
これは惚れ直してしまいますねーー。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第171話

風の呼吸 漆ノ型 勁風・天狗風

岩の呼吸 壱ノ型 蛇紋岩・双極

天狗に鍛えられた源義経の身軽さを思わせる、空中で身を翻すようなド派手な動きの風の呼吸・漆ノ型に、
二匹の蛇が相手を挟撃しているかのような鉄球と手斧の攻撃が、阿吽の呼吸で繰り出され、かっこいいの上限を突破してます!!!!
柱稽古していてくれて良かったああああ!!!!

欲を言えばこの二人だけでなく様々な柱の組み合わせで合わせ技を見たい……。
今ならカラーもあるし水と風とかエフェクトが凄いことになりそう。
組み合わせて映えそうな呼吸と言えば炎だけどもう……。
いや炎と音は可能性あるな!?

岩と風の合わせ技は派手に決まったかの様に見えましたが、どうやら黒死牟には届いておらず、二人は頚を斬るまで畳み掛けろと再び攻めます。
しかし黒死牟の攻撃が届くはずもない距離にも関わらず悲鳴嶼さんと実弥さんの体に傷が!!
悲鳴嶼さんでさえ何をされたか認識できていない攻撃。
その正体は――。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第171話

「着物を裂かれた程度では…赤子でも死なぬ……」

刀身が伸び、さらに刀身から刀身が生えているかのような異様な刀。
禍々しさを増した黒死牟の刀が牙を剥きました。

そして斬り裂かれた着物の中から鍛え上げられた肉体が……!!
これは分かります。
本気を出すと全身に眼球が浮かび上がるんですよね。

漸く本気の戦闘モードを見せてくれそうな黒死牟。
二人を強者と認めここからが本当の勝負になりそうです。


さあ黒死牟の本気です。
刀は伸びましたが、未だに刀にまで眼がある理由が見えてきません。(眼なのに見えない)

冗談はさておき、いかにも扱い辛そうなこの刀。
人間では扱えないかもしれませんが、鬼の膂力とさらにそれを呼吸でパワーアップできるなら!?
なるほどそうきたか!という感じです。
しかもそんな無茶な使い方をしたらきっと並の刀であれば刀身が保たないんじゃないかと思いますが、黒死牟の肉でできた刀なら問題なさそうです。
いま思えば黒死牟が日輪刀を奪って使っても、刀の方が耐えられないのかもしれませんね。
それにしても今回の戦いは武器のギミックが悲鳴嶼さんの鎖の音でエコーロケーションといい、凝ってますね。
あとはやはり一番特徴的な目玉にも意味を持たせてくだされば……。

この異形の刀、手元に近い順番に眼の数が2つ、3つ、4つと増えていってるのですが何か法則性があるのでしょうか。
形状的には七支刀に似てるような……炭十郎さんがヒノカミ神楽を舞う時に持っていた神具に似てるかなと思って見直してみましたがちょっと似てても何だか方向性が違うような印象。
でも変貌した黒死牟の刀は直刀っぽくなっているし何か繋がりがあってもおかしくなさそう。

この長さの刀(きっともっと伸びる)を普通の刀のように超速で扱うとなると次回以降の戦闘描写がとんでもなく派手なことになりそう……。

しかし悲鳴嶼さんは黒死牟の刀を折れるんですよね。
……実はこれ的が広がっただけなのでは?
それとも刀身が伸びて間合いが広がったということを認識した後でも対応できない程スピードも上がっているのでしょうか。
ふーむ。

鬼舞辻無惨が「まだ此方へは来させるな」とメッセージを送っていましたね。
ということは、まだ動けない、人間化の薬を分解しきれていないということ。
チャンス……!!
無惨が動けないままトドメを刺すという展開はどれだけ希望的に観測しても流石に無いかなと思います。
空間転移で無惨への接近を妨害する鳴女に、一度戦いが始まれば圧倒的な戦力で柱ですら圧倒できる黒死牟。
まだふたつの壁が残ってますのでそもそも無惨に辿り着けるなさそうですが……。
それでもこれだけ分解に時間がかかっているのなら、分解する前に効いていた人間化薬による弱体化等はありそうですね!

あとジャンプ+のフルカラー版鬼滅の刃を読んでいて気になった箇所が一点。
黒死牟の斬撃の色がはっきりと変更されているんですよね。
以前まではこう(週刊少年ジャンプ2019年38号 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第170話)で、
今回はこう(吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第171話)なってます。
フルカラー版も吾峠先生による監修とかってされてると思うので、黒死牟が本気を出し始めて剣筋が変わった演出?
それとも描いてる内にイメージが変わってきて思い切ってチェンジ?
トンガリ的には今回の色合いの方が好みなのでイメチェンと言われても許してしまうのですが……。
黒死牟の刀の色も変わったりしてますしまだカラーに関しては厳密な設定が決まってなかったりするのでしょうか。
興味深い。

玄弥の行く末も気になりますしこの戦闘での介入も気になります。
意味深に無惨の描写も出てきましたし、これはもしかすると増援無しで他のメンバーたちは無惨の元に集結するという事態も有り得る……?
でも無一郎くんは黒死牟の滅殺だけはしておかないとって感じでしたよね。
玄弥が無一郎くんに自身に起こってる変化を相談して?とか?

ここまできても先が読めませんね……。
どれも有りそうで、全然考えてもいなかった展開になったりしそうで……。
少なくとも、次回は黒死牟がこれでもかと猛威を振るうことでしょう……。
柱がピンチになるのは嫌な反面、黒死牟のビジュアルがかっこよく見えてきて困ります!!
人型にして異形な黒死牟がこんな刀を扱っていたら……多分映えるんですよねぇ。

サブタイトルの「変ずる」はもしかして黒死牟の刀のことか。
いやどっちものダブルミーニングでしょか。

もう少し黒死牟にまともなダメージを与えてから本気を出してほしいものです~。
あ、まだ本気の本気ではないのか……?

次回、悲鳴嶼さんが刀折りまくって、玄弥が拾い喰いしまくって、上弦の壱の血にも慣れてきたぜ!って特に異常もなく戦っていて欲しい。
最近ギャグ描写が減っていて少し恋しいトンガリでした。

久しぶりに炭治郎に会いたい~。
アニメでもいよいよ柱たちが動いて喋る。
そっちの方もワクワクが止まりません。

ここまでお付き合いありがとうございます。
それではまた次回。

キメツーーーー!!!!



『鬼滅の刃 第171話「変ずる」感想・考察』へのコメント

  1. 名前:鬼読隊 投稿日:2019/08/29(木) 10:19:17 ID:c324d4844 返信

    お久しぶりです!
    今日から学校で、テストだったんですけど、大雨で休校になりました!!

    実弥さんと悲鳴嶼さんめちゃくちゃかっこいいですー!黒死牟の耳を切った時はもう、感動でした……。

    玄弥も何だか凄い展開になってきていて、期待と心配と不安でいっぱいです……!

    これまで色んなことが明かされていてドキドキですけど、まだまだ謎なとこも多いです。
    これからも目が話せませんっ!!

    アニメも次回は柱が喋るので楽しみですっ!!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/08/31(土) 02:47:18 ID:42cee85f8 返信

      お久しぶりです!
      大雨、大丈夫でしょうか?
      ニュースで自然災害の報道を観ると居た堪れない気持ちになります。
      どうか出来る限り被害が最小限に収まってほしいと願っています……。

      柱たちが凄くかっこいい戦いを見せてくれていて最高に毎日の生活が楽しいです!!
      これほどまでに毎週毎週楽しみにできる作品は久しぶりです……幸せです……。

      柱の覚悟は既に受け入れているのであとは応援するのみなのですが、玄弥がどうなってしまうのかだけが心残りです。
      お兄さんを守りたいと言う気持ちも分かるのですが玄弥にだって無事であってほしいです……。
      今まさに死線に在りといった感じなので毎週目が離せません……本当に……。

      アニメ楽しみです!!
      こちらではさっき声優さんが発表されました!
      声優さんはあまり詳しくないのですがそれでも知ってる名前の方がちらほらと……。
      落ち着いていられなくて漫画読み直してます!!

  2. 名前:七味とうがらし 投稿日:2019/08/30(金) 00:06:48 ID:2b39f8090 返信

     玄弥が黒死牟さん食べた場合の反応は二通り予想してました、今回のパターンと食べても何故か大して能力向上しないというパターンです・・・・・・個人的には後者であって欲しかった、これで黒死牟さんが鬼としては弱いという予想が9割がた潰えたからです。予想が外れるから嫌だったわけではなくこれでわたしが一番最初に予想した『黒死牟さんがひとりで柱全員殲滅』のフラグが建ってしまったからです。

     9割に留めているのは『黒死牟さんが人喰いをしない鬼かもしれない』という僅かな可能性を棄てていないからです、禰豆子のように再生は早くとも持久力に欠けるという欠点さえあれば光明が見えますからね。逆に言えば何がしかの弱点が無ければ勝てる相手ではないですよこのお方・・・・・・!

     あと玄弥もかなりヤバいです、無惨様の声が聞こえたという事は玄弥が無惨様に『把握』されてしまったのと同義ですし最悪無惨様の呪いまで身に宿してしまった可能性があるからです、戻れる戻れない以前に命の危機ですが、喰わねば生きる事も勝つ事も出来ない・・・・・・ジレンマですね。

     柱の強さ順はわたし的には痣抜きで 岩柱 炎柱 風柱 霞柱 水柱 蛇柱 恋柱 音柱 蟲柱 の順じゃあないかなと予想してます。といっても岩と炎がかなり上位であとは僅差くらいでしょう、ぶっちゃけ鬼の能力によっては強い柱でも相性で負ける可能性もあります。例えば悲鳴嶼さんが童磨とかち合ってたら殺される可能性はかなり高かったでしょう、あいつの攻撃は鎖を氷漬けにしてしまって封じる事も出来たでしょうし何よりヤツが「遊ばず」本気で攻撃してきていた可能性が極めて高いですからね。

     煉獄さんは彼が亡くなった際の柱達の反応見た限りかなり上位に食い込んでいたのは確かでしょう、特に宇髄さんの『上弦の鬼には煉獄でさえ負けるのか』というセリフが顕著だと思います。それに鳩尾ブチ抜かれて尚筋肉で締めて腕を固定し頚を狙うあの気概、あとはわたしの願望ですね(笑)

     変貌した黒死牟さんの刀、わたしも炭十郎さんがヒノカミ神楽で振ってた七支刀を連想しました。しかしこれ目の数もですが生えてきた刃の向きもなんか妙ですね、逆刃刀みたいな感じになってます。この刀、一瞬で13kmまで伸びたり中に毒が仕込んであったりしそうでちょっと怖いですね(笑)

     アニメではついに柱が勢揃いですね、先週のラストで炭治郎の目の前に居た5人があのメンツだったのは制作陣の遊び心だったんでしょうかね? そしていつまで続いてくれるのか・・・・・・クール的には36話くらい、煉獄さんの最期あたりが一期の最終回ですかね。

    >ファンブックに長男と書かれているのに「実は次男でした」は少し荒れそうですね……。

     すいません、完全にわたしのポカです(笑)

     ただ書いたようなことを直感したのも確かなので兄弟ではなく宗家でありながら日の呼吸が使えなかった黒死牟さんと分家なのに日の呼吸を使える始まりの剣士の確執とかかもなと修正させていただきます。あとこれも書き忘れてたんですが黒死牟さんの顔にある痣って始まりの剣士が持ってた痣を真似ているんじゃないかなーとか思えました、月の呼吸の痣には思えませんしあまりにも似すぎていますからね。

    >お館様があえて政府に知らせておらず、剣士たちの命を懸けて積み重ねてきたものが人間社会の欲のために利用されないようにしていたって完璧すぎますね……。

     無惨様追うのに国家と結託せず独自に動くのはかなり無理があるはずですからね。この辺りから日本という国は暴走し始めてますからお館様なら第二次世界大戦の日本軍の酷い有様を予見してても不思議ではありません、さすがはお舘様です、さすおや!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/08/31(土) 03:28:12 ID:42cee85f8 返信

      黒死牟さんストレートに鬼としても強そうですね……少しずつその実力が垣間見えてきていよいよ厳しい空気が……。
      人を喰わずして上弦の壱、とかだとこれまでの鬼とのギャップに圧倒的な強さを感じますけどね!
      何かしらの突破口が無いとほぼ勝ち目が無いというのは過言ではないですよね〜。
      それが肉体的なものなのか心理的なものなのかは予想もつきませんが……。
      そもそも黒死牟は頚を斬られても死なない可能性もありますからね。
      並の鬼より弱点がない可能性も……。

      玄弥かなりやばいですね!!
      鬼化はともかく無惨と関わるのほんとやだ……とか思ってしまいました。
      もしかしたらトンガリは鬼がみんな嫌いというより、鬼がみんな無惨の配下だから嫌なのかもしれません……。

      やはりほとんどは僅差予想ですか!
      炎柱の柱内でのポジション興味深いですね!
      風柱さんの時のように、みんなが柱になる時の様子とその後の数日間はめっちゃんこ読んでみたいです!!
      水柱も結構古株なので、風が柱になった時や、炎、蛇が柱になった時にどんな声をかけたりしたのか気になります。
      フルシカトして颯爽と次の任務へ、でしょうか……。

      ちょっと似てますよね!?
      少しくらい関係してくるかもですね……。
      そしてその黒死牟の刀は長さよりも伸びる速度の方がやばそうですね……!

      アニメは全26話だったかと思います!
      公式Twitterで呟かれていた記憶があります!
      なので無限列車に乗り込むくらいのところで終わって、すぐに二期の制作が決定!!みたいな発表かなと思ってます!!(希望的観測)

      おおっ、宗家と分家。
      戦国時代といえば名門にはそういった確執が無い方がおかしいというイメージがあるので凄くありそう。
      たしかに宗家・黒死牟で分家・日の呼吸の剣士で、黒死牟の兄弟とも交流があったりするのは色んな辻褄が合うかも?
      あと黒死牟の痣は本当は出ていなくて、鬼になった時に似たような紋様が浮かんだというのはいいですね!!
      鬼と化した後も自らの顔面に憎い相手を思わせる痣が貼りついているのは究極の皮肉になるのでは。

      お館様の凄さは身罷られた後であっても微塵も霞むことはありませんね!
      残された子供たちへのプレッシャーも凄そうですがどうなんでしょう……。
      お館様は何歳の頃から凄かったんでしょう。
      悲鳴嶼さんを柱に迎えた時にはもうすでに凄かったのでかなり早熟だったことは予想できますが……。
      兎にも角にもさすおやです!

  3. 名前:TOULU 投稿日:2019/08/30(金) 03:38:50 ID:97c39c7ec 返信

    おこんばんにちは!
    お久しぶりです。
    ファンブックと小説読みましたょ!
    小説は文章読むの面倒がりの息子なので全て音読しました!(笑)
    ファンブック((+_+))読破…しきれてないかもですが、分かりました。10月のは予約しますた!!w

    後は、今後の流れを見つつ、場面毎に、めげそうになりながら、ホントにもう気合いで無理矢理良いように脳内変換しています。

    痣者、大丈夫です。漠然として言ってますが、全員有無を言わさずに例外ないわけない。
    というか、むかーし昔に例外が居たのなら、当時と同じわけがない!

    愈史郎が善逸達とばらけた事にも意味があるように私も思っています。
    叶うならこの時点で、負傷者は一旦治療場面に切り替わって欲しかったなぁと。
    物語の進行度合いが速い分、少数でも回復してないと後半持たないと思ったので。
    珠世さんが気がかりです。たまらなく。
    ぁぁ誰かお願い、電ノコみたいのでも良いから無惨と珠世さんを切り離しておくれぇ~~!!

    痣出現から次の段階へ、上弦との戦闘経験値からジャンプアップしちゃう人出ませんかねぇ
    主人公チームが有利になるには、そんな事があっても追いつかないかもかも…。
    遊郭での戦闘で渾身の一撃のその百倍の力を捻り出せって炭治郎が成し遂げてたように、今を闘っている隊士にしか出て来ない、それこそ柱修行した隊士にしか出来ない事があってもおかしくないかなぁと妄想。
    あと、間取りを把握しきった瞬間、無限城(鳴女)の攻略出来て、屋敷の爆破地点に全員戻って蝶屋敷の薬を駆使して負傷者完全回復等々…都合良く展開してくれないと皆の痛みが無駄になりかねない。
    “(-“”-)”無一郎の怪我、治してー(せっかく記憶戻って、元の良い子になったのに…)

    無限城自体のギミックが地味に邪魔過ぎるから、早くそこを打破して頂けると幸いです。
    蛇・恋柱は重傷(部位喪失)はなくとも長期戦で消耗しまくると思うし、痣より先の覚醒可能な戦闘要員が少なくなりそうなのが先々見ると心配します。
    (何度もすみません)だから蝶屋敷の薬か珠世さん救出!とグルグルと回って思考がショートしそうですw

    駄目だ、考えなくては!思考を止めたら駄目だ!
    絶対に打開策は存在する。
    うん、絶対涙流して「良かったぁぁぁぁあ」って言える場面がやってくる!
    今の世で終わらせてやるんだから!
    んなろー、まけん、折れん、・・・・ERを連れて行きたい衝動を押えつつ次回までに都度暗示を自分にかけときます!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/08/31(土) 03:53:44 ID:ea08972bd 返信

      おはこんばんにちはーー!!
      お久しぶりです!
      おおっと、判断が速い!
      早速チェックなされたのですね!
      トンガリももう一度記憶を消して読み直したいです……。
      10月発売の最新巻と短編集楽しみですね!
      というかもうご予約しているとは!!
      もう教えることはない、ですね!

      希望的観測具合がトンガリに負けず劣らず鬼殺隊贔屓で感動しました。
      しかし痣を超えるパワーアップとは!
      痣の発現は準備が整った合図に過ぎず、ここから痣の種類ごとに固有のパワーアップがあるとか、燃えます!!
      ずっと黒死牟に何か突破口は無いかと考えていましたが、そうですよね、鬼殺隊の誰かが限界を超えるパワーアップをして黒死牟を完全には上回らないにしても、予想を遥かに超える力でチャンスを作ったりできるかもしれません!!
      TOULUさんは16巻後のジャンプ連載分はまだきちんとお読みされていない?かもしれませんので多くは語りませんが、読み返してみると少なからずパワーアップの可能性を示す兆候はあるかもしれないと感じました。

      圧倒的な強者を前にしてしまうと竦んでしまっていけませんね。
      黒死牟にかなりビビりまくってました。
      無一郎くんだって誰かを守るためなら無限の力が出せる、と記憶を取り戻したことで急激にパワーアップしましたし、何がきっかけで鬼殺隊に変化が起こるか分かりません。
      なんかちょっと心配よりもワクワクが強くなってきました……!

      そういえば産屋敷家のみんなで間取り作ってましたね……。
      すごく一生懸命やっていたからアレも何か役立って欲しい……。
      無限城の間取りを完全把握して、核となる場所を見つけてそこを破壊したら無限城が維持できなくなり産屋敷邸跡に戻ったりとか……。
      とにかく分散させられていて夜明けがきてもどうなるのかわからない敵の本拠地である無限城で戦い続けてるのはそれだけでも不利ですよね。
      蛇恋柱や水の呼吸組がそれらを担当する可能性ありますね。

      今の時代の痣ものだらけの柱たちはかなり凄いと思います!
      大きな見えない流れが無惨を倒すべき時に戦うべき剣士たちを集めたようにしか思えません!
      きっとやってくれると信じてます!!
      柱たちの覚悟を胸に一緒に応援しょー!!

  4. 名前:匿名 投稿日:2019/08/31(土) 01:03:09 ID:896033044 返信

    いよいよ柱のキャスト発表とのことで心臓飛び出そうな気持ちで鬼滅テレビを見ていました…いやぁそう来ましたか…本当に豪華な声優陣で信じられないくらいです。
    悲鳴嶼さんがネタキャラにならないことを願います。
    SNSでは黒死牟さん3人の剣士説などもあり、であれば目が6つあるというビジュアルにも納得なのですがトンガリさんのご意見はどうですか?
    単行本派ですがこれからも更新楽しみにしています!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/08/31(土) 04:07:03 ID:87e85fe9f 返信

      コメントありがとうございます!
      鬼滅テレビは観られなかったのですが、情報確認致しました!
      声優陣すごいんですよね……声優さんにあまり詳しくないのですがそれでも知っている方が何人も……。
      めっちゃくちゃそわそわしてます。

      3人の剣士説!!
      何ですかそれは!!
      多重人格でも良いし、強力な戦国時代の剣士たちが日の呼吸の剣士への妬みで協力した、とかでもいい。
      面白いですね……。
      そういえば黒死牟が鬼になった時は3日くらいかかったというようなことを言っていたのも……。
      3人……3日……。
      黒死牟さんはまだまだご自身のことを語りきれていないと思うので一度休憩がてら過去回想モードに入ってくれないかなぁと思います。

      応援ありがとうございます!
      これからも一緒に鬼滅の刃を盛り上げていけたら嬉しいです!!

  5. 名前:TOULU 投稿日:2019/09/01(日) 20:41:25 ID:5d5258141 返信

    お返事ありがとうございます!!
    長年にわたって培われてきた私の脳内希望的観測=ジャンプキャラは、友情・努力・「勝利」
    鬼滅のキャラクターの幼少期や過去、これはマイナスを前倒して消化していると思えば、あとはもうプラスに変わっていくと思っています!

    16巻までの単行本とファンブック&小説をチマチマ読み返しては、土曜はテレビで、他はPCで動画ループしてトンガリさんの解説を見て把握している状態です(笑)

    布石が何か所かに用意されているとは思っていて、展開を変えやすくしているように感じています。
    海外ドラマも好きでよく観ているのですが、少し似ているんです。場面切り替えが日本寄りでは無いと思いつつ、毎回楽しんでいます。

    すみません(*’▽’)応援?支援?の表現が凄い事になっていて、お見苦しい所を各要所に見せてしまいました!

    血鬼の原液を持つ無惨を、打倒するのがこの戦の早道というのは、共有されていると思い込んでます。
    伝達できずそのまま?直近の確信になった結論はやはり無理だったのでしょうか
    (岩柱の中の人、別作品だと太陽の力を操る役で今回と同じ声色使ってるのにぃって変な考えが巡りはじめると朝方…だったりします。)
    そういえば禰豆子、現状どうなってるのかなぁ~苦しそうだったぁ、鱗滝さん看病していたけど、その後が気になります!

    アニメでは、柱合会議の随分前に、息子と私で既に出ている中の人を書き出し、出ていない人で予想していました。
    自分が気持ち悪かったですwwリストアップ(手書き男女計20人程…お見せしたかったw)、今後出てきそうな面々も含めて予想を書き出していたのですが、その人達内でキャスティングされていたのでw
    いやぁ~トンガリさんの解説も待ち遠しいですが、放送時間までが、毎週これまた待ち遠しいです!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/09/02(月) 01:16:35 ID:04af74a21 返信

      とても幸福とは言えない境遇は後の希望のための貸しという考え方素敵です……。
      痣を発現して強さのために寿命を前借りしていますが、そもそも圧倒的に鬼による不幸で貸しを作ってるんだから全部返してもらって全員生還しても大して都合が良いとは思いませんね。
      なんやかんや全部うまくいく展開、あると思います。

      やはり週刊誌の定期購読は少し精神的ハードル高いでしょうか……。
      金銭面以上に、鬼滅以外読むものがないとか他の連載作品を知らない等々、購入を躊躇う要素は多々ありますよね。
      電子版に限り鬼滅のみ購入可とかあればもう少し勧めやすいのですが……。
      むつかしい……。

      鬼滅の布石や伏線はスムーズに繋がりそうで繋がらないんですよね!
      その上でまた別の真相が発覚したりするし本当に頭をひねりながら楽しめています!
      海外ドラマ……あまり観たことがないので後学のためにも少し触れてみたいなと思ってます。

      お見苦しいだなんてとんでもないです(^^)
      さらけ出していきましょう!笑

      トンガリは無惨滅殺で鬼が全滅という事は少なくとも柱は烏を通じて認識しているだろうと考えてます。
      炭治郎含む一般隊士には何処までの情報が共有されているのかという部分は今後の話の展開にも関わってくる要素なんじゃないかなと思います。
      例えば痣の発現で二十五で死ぬとか無惨の滅殺で人間化が間に合わなかったら禰豆子も危ないかもしれないとか……。
      岩柱の中の人が演じている波紋の戦士はその一族の中でも一番好きかもというくらい好きです笑

      TOULUさんも息子さんも声優さんに詳しいのでしょうか!
      トンガリは視聴したアニメに何度も同じ方が出ていたりすると少しだけ覚えられるんですが……。
      しかもリストアップして当てていくのがガチ感あって良いですね。お見事です!
      アニメの盛り上がりも誌面に負けず劣らずで毎週嬉しい悲鳴をあげています。
      今週もグッとくるシーンが何箇所もありましたが、次回の放送も同じくらい好きな話なのでめっちゃ楽しみです!!

  6. 名前: 投稿日:2019/09/02(月) 04:27:55 ID:823014518 返信

    初めまして!
    今アニメで放送されている部分からの続きがどうしても気になって45話くらい?(柱合会議)から何時間かで一気にここまでネタバレ&感想拝見させて頂きました!
    どの鬼滅ネタバレよりもわかりやすく、トンガリさんの感想も凄く的を得ていてちょいちょい入るツッコミも面白かったです!笑これからも見続けさせて頂きたいと思います!

    また個人的にこれまでの登場人物で痺れさせてもらったな…と感じたのはしのぶさんでした。最期まで秀逸過ぎました。柱としての死の覚悟、そしてそこまでの緻密な準備。童麿に毒が完全に回り始めたシーンが出てきた時は、しのぶさんの仇への執念だ。と本当に痺れました。死んでも尚この人にとっての戦いは終わっておらずそこからだったんだなと。

    話は少し反れますがほとんどの人間にとって「死」なんて普通に考えたら恐怖の境地じゃないですか。でもその恐怖の念を亡くなっていった柱の杏寿郎さん、しのぶさんは感じなかった。お館様ももちろんそうでしたが。
    それだけ鬼殺隊としての誇り・覚悟を持っているからこそ自分の死よりも自分の後ろに立つ者への死を一番に避ける姿にはとても感銘を受けました。それは他の柱や同期組5人は特に強く同じような気持ちを持っていると思います。これだけ強く美しい心の持ち主が現実世界ではなかなかいないからこそ、更に読者の目にはこの人たちが凌駕された存在に映っているのだろうなと思いました。

    個人的な話ではありますが僕は姉や親友の死、年の離れた兄からの虐待、それが原因で生まれてしまった解離性同一性障害という多重人格障害を患っているため形は違うにせよ、ところどころ自分と重ねて見てしまう場面もあり、この作品を読んでいると自分の弱さと改めて向き合いその弱さを受けとめ新たに強くなっていく力をくれる作品だと感じました。
    僕はトンガリさん始め皆さんのように予想はあまりできないタイプですが、感想はコメント欄に残していくと思いますので宜しくお願いします(^o^)毎回の投稿大変かと思いますが頑張ってください!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/09/02(月) 23:17:50 ID:04af74a21 返信

      コメントありがとうございます!
      アニメからいらっしゃいませー!
      本当にアニメ化の効果は覿面ですね!
      力入ってますよね、アニメ版鬼滅!

      お褒めの言葉を頂き感謝感激感無量です……。
      まだまだ拙い文章ではありますが、これからもブログと共に成長していけるよう頑張っていきますので何卒よろしくお願いします!

      そしていきなりしのぶさんで来ましたか……。
      口で言う人は多い言葉ですが、本当の本当に仇を討つために躊躇いなく命を懸けていましたね……。
      積み上げていた全てが繋がり、絆の力で童磨を滅殺した際は色んな感情がごちゃ混ぜになって言葉が出ませんでした……。

      鬼滅の刃は「死」が殊更に重いですよね〜。
      なのに登場するキャラクターたちがみんな平然と身命を賭して悪鬼滅殺を貫くのでこっちの感情も大きく揺さぶられてしまいます。
      戦い抜いて亡くなったキャラクターも死後何度も何度も描写するのがまた……。
      この世にいなくなったとしても生きているキャラクターたちの中でその存在が色褪せることはないという現実世界では当たり前のことが丁寧に描写されてますよね。

      仰られている通り、強く逞しく優しいキャラクターたちから学ぶことがすごく多いです!!
      色んな読者が様々な自分を重ねて、時には寄り添われたり、時には背中を押されたりしていることと思います!
      何を隠そうトンガリもかなり影響を受けていて、ほんの少し筋トレを始めていたり……。

      コメント頂けると嬉しいです!
      素朴な疑問や伝わりづらかったことがあれば遠慮なく投げかけてくださいね!
      今後ともよろしくお願いします!