鬼滅の刃 第135話「悲鳴嶼行冥」感想・考察


 

物陰から見守ってる悲鳴嶼さん萌えー!

おはこんばんにちは!
トンガリです!!

“反復動作”を習得すべく修行に励む炭治郎!
反復動作は呼吸とは違う技術で、呼吸のできない玄弥にも使うことができる。
この設定は、玄弥の強さに説得力が出るナイスな塩梅。

他の柱は反復動作使っているんだろうか……?
当然強くなれる技術は共有していると思いますが。
なんか説明的に悲鳴嶼さんの固有の技みたいな印象が。

反復動作も心拍と体温を上昇させているらしい。
痣が出ている状態と似ているけど悲鳴嶼さんにも玄弥にも痣が出ていない……。

これは霞柱・無一郎くんの仮設だけでは痣発現の全ての条件を満たせていないというフラグかな?

やはり炭治郎からのウイルス感染が無いと発現しない?
でも玄弥は刀鍛冶の里に来てから無一郎くんと同じくらいのタイミングで炭治郎と遭遇していたような……。

ウイルス撒き散らせるくらい強くなった炭治郎との接触、全集中の呼吸、反復動作、そして確固たる善の心が覚醒してないと痣は出ないとかかな?
鬼側にも痣持ちがいるから善の心ではないか。
確固たる悪鬼滅殺の覚悟……?

 

それはさておき本編を見ていきましょう!

炭治郎の反復動作は大切な人の顔を思い浮かべること。
それから、煉獄さんの“心を燃やせ”という言葉を思い出すこと。

うーん熱い。

戦う理由と、強くなりたい理由が集約されているって感じがします。

 

反復動作から全力を出す、この工程を何度も何度も繰り返している内に、体が覚え始めます。

炭治郎の痣は段々と濃くなっていき、そしてとうとう岩を動かすことができました!!
善逸の「バケモノオオ!」が酷くて笑いました。

 

そして天ぷらを思い浮かべながら猪突猛進することで伊之助も岩を動かすことに成功!
天ぷらそんなに好きになってたのか!
それとも天ぷらをもらった時のほわほわした気持ちを思い出してる……?

 

 

岩を動かせないのが一人だけになり涙目な善逸。
と、そこに善逸の雀が手紙を運んできました。

なんでしょう?

 

 

そして炭治郎はいつの間にか岩を一町動かすことに成功していました……。
調べたら一町って100メートルくらいなんですね。

訓練は達成したものの、頑張りすぎて力を振り絞りすぎた炭治郎は脱水症状で息も絶え絶えに動けなくなってしまいました。
「ここで死にそう」ってセリフがこの稽古も十分に常軌を逸したものであると再確認させてくれますね。

 

そこに現れるのは岩柱・悲鳴嶼行冥さん。
炭治郎の様子を見て水を飲ませてくれました。

「助かった…」と思いきや――。

 

「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏…」

『えっ俺死んじゃった…?』

このギャグセンスは新しすぎます……。
鬼滅の刃ってすごく独特な笑いがありますよね……。

 

 

お礼を言う炭治郎にまだ水追加。

 

 

自分が話し始めてもどんどん追い水です。

これ真面目にやってるの!?
悲鳴嶼さんシュールすぎる!!

 

里での正しき行動というのは禰豆子よりも刀鍛冶の里の人間を助けたこと。
剣士として正しき行動を誇るべきと褒められます。

しかしそこは炭治郎。

 

「決断したのは禰豆子であって俺ではありません」

「認められては困ります」

 

その言葉を聞いた悲鳴嶼さんは自分の中の子供に対する像を思い浮かべ、
「しかしやはりこの子供は違う…」と炭治郎を見定めます。

 

さらに炭治郎は「いつだって誰かが助けてくれて俺は結果間違わずに済んでいるだけです」と自分だけの力ではないことを殊更に強調し、
「だから俺のことを簡単に認めないでください」と言い切ります。

頭カチコチ少年は一見ギャグみたいなシーンですが炭治郎の優しく真面目で芯のある性格が表された良い描写ではないでしょうか……好き……。

 

そして最後に炭治郎は水と今日までの訓練のことを感謝していることを告げました。

その言葉を聞き、今度こそ「誰が何と言おうと私は君を認める」と本当に認められました。

どうしてか分からない炭治郎は素直に「どうしてですか?」と問い、悲鳴嶼さんが語り始めます。

 

「私は昔、寺で身寄りのない子供たちを育てていた」

 

なんだか素敵なエピソード……と思ったら二コマ目で即悲劇落ちは流石に乾いた笑いがこぼれました。

しかもその子が喰われたという話ではなく。

 

「自分が助かる為に寺にいた私と八人の子供達を鬼に喰わせると言ったのだ」

その年で鬼と取引するこの子供の生存能力の高さと言ったらもう……。
何故鬼滅は素直な悲劇じゃなく悲劇を悲劇でサンドイッチするのでしょうか……。

 

悲鳴嶼さんの住んでいた地域では鬼の脅威の伝承が根強く残っており、夜は必ず藤の花の香炉を焚いていたそうです。

しかし事もあろうに鬼と取引した子供はご丁寧に香炉の火を消して始末し、寺の中へ鬼を招き入れたのでした。
恐怖のあまり錯乱し、ということではなく、恐ろしく冷静に冷酷に鬼と取引していたということですね。

そして惨劇が始まります。

 

「すぐに四人殺された」

「残った四人を何とか守ろうとしたが三人の子供たちは私の言う事をきかなかった」

「当時の私は食べる物も少なく痩せ細っており気も弱かった大きな声を出したこともなかった」

 

ここで悲鳴嶼さんが盲目であることが判明。
盲目で最強……。
五感が常人離れしたキャラクターのいる鬼滅の中で五感の一つが失われているキャラは初?
生まれながらに感覚のひとつを持っていなかった人物はそれ以外の感覚が発達しているといった話も聞きますが、悲鳴嶼さんは果たして……?

 

 

一番小さかった沙代ちゃんだけが悲鳴嶼さんの言うことをきき、悲鳴嶼さんの後ろに隠れました。
他の三人の子供たちは逃げて暗闇の中で喉を掻き切られて殺されてしまいました。(重い)

 

「私は何としても沙代だけは守らねばと思い戦った」

「生き物を殴る感触は地獄のようだった」
「あの気色の悪さを私は一生忘れない」

「生まれて初めて全身の力を込め振るった拳は自分でも恐ろしい威力だった」

「鬼に襲われなければ死ぬまで私は自分が強いということを知らなかった」

 

「私は夜が明けるまで鬼の頭を殴り潰し続けた」

(重い)

(パンチがではなく)

 

余りにも壮絶すぎて言葉を失ってしまいましたが……。

まだ細身の頃でこの破壊的腕力……。
柱になるような人は確かにどこかおかしいくらいの力を持っていますね……。

霞柱・無一郎くんも風柱も、剣士になる前に鬼を単独で倒していました。

それにしても素手は初なのでは?

 

兎にも角にも、鬼は夜明けとともに塵となって消えました。

 

しかし悲劇はこれで終わりではありませんでした。

 

異変を察知して駆けつけて来た者たちに沙代ちゃんはこう言いました。

「あの人は化け物」

「みんなあの人が みんな殺した」

 

「私は殺人の罪で投獄された」

 

オエッ!!(嘔吐)

酷すぎるよおおおーー!!

鬼の伝承が根強く残ってるんじゃなかったの!?!?

目の見えない人が色んな方向に逃げ惑う子供たちの喉を瞬時に掻き切れる訳無いじゃんッ!!!!

これじゃ悲劇のミルフィーユだ!!!!!

悲惨な過去を持つものが多い鬼滅の刃ですが……これはその中でもとびっきりに酷いですね……。

 

「まだ四つの子供だ無理もないこと…子供はそういう生き物だ」と理解は示す悲鳴嶼さん。
理解は示しますがこう続きます。

 

「それでも沙代にだけは労ってほしかった」
「私のために戦ってくれてありがとうと言ってほしかった」

「その一言があれば私は救われた」
「しかし子供はいつも自分のことで手一杯だ」

「それから私は本当に疑り深くなったように思う」

 

つらい……。
鬼滅の刃はここまで描くからファンタジーなのに妙なリアリティがある……。
たった一言、その一言がないだけで……。

 

投獄され処刑を待つ身だった悲鳴嶼さんを助けたのはお館様。
相変わらずのネットワークとコネクション。

炭治郎のことも疑っていた、普段どれ程善良な人間でも土壇場で本性が出る、しかし炭治郎は逃げず目を逸らさず嘘をつかず素直でひたむきだった!
そして悲鳴嶼さんは炭治郎を認めるに至ったということでした。

やっぱり炭治郎は凄い。

 

岩柱・悲鳴嶼行冥からの言葉に救われる炭治郎。
そしてまた、炭治郎の姿に救われたであろう悲鳴嶼さん。

どんな悲劇を胸に抱えていようと、今この瞬間にこの二人がこうして関わり合い、この表情を浮かべることができたという事実に、色んなことが救われたように感じるトンガリでしたとさ。

悲鳴嶼さん好きです。
絶対に死なないでください。

煽り文ー!!
もう全部受けとったみたいな書き方やめてえええ!!
まだまだ教わりたいことはたくさんあるんだよおおお!!!!


 

 

はい、という訳で物凄く重い岩柱・悲鳴嶼行冥さんのバックボーンの回でした。

重いにも程があります。
絶対死なないでくださいよ……?
将来は自分の子供に囲まれてお寺でみんなと仲良く暮らさなきゃいけないんだから……。

額の傷も変な脳を改造した時の手術痕とかじゃなくて一安心です。

 

そして悲鳴嶼さんが保護していた鬼と取引をした子供ですが……。

随所で「善逸に桃投げつけてた先輩だ!」って言われていますね。

 

 

この髪型に首の勾玉……。
まぁ確かに、どう考えても……。

ここで再登場しないと出番ねーぞって思ってたらこんな最低なカムバックを果たすなんて……。

 

という訳でトンガリは違う予想をしてみます!!
ズバリ桃先輩と取引くんは双子です!!!

捻りと兄弟ネタの多い鬼滅です、当然こういう予想になります。
簡単に取引をしてしまう辺り、取引くんは双子の弟ですね。

善逸への手紙は最初は禰豆子からの手紙でやる気だして岩の訓練あっさり突破かな~と思いましたが。
桃先輩絡みの内容かもしれませんね。

まぁあんまり引っ張ることはないでしょう!!

 

あと今回最後まで炭治郎の額の傷がずっと痣のままだったんですよね……。
常時痣が出てると常時体温と心拍が高いのかな……?
それとも研ぎ澄まされた身体能力だけはそのままに、体温とかは平常時程度まで落ち着く……?

どちらにせよ痣は自在に出せるようにするよりも常時発現を目標にしていく感じなのかな?

 

次回は善逸の話になるのか、それとも善逸はおいていかれて次の訓練の話になるのか!
ワクワクが抑えきれません!!

みんながんばれーーーー!!!!

 

 

 

4件のコメント

  1. みんなあの人(鬼)が殺した。
    けど鬼消えてるからヒメジマさんのことだと思われた
    って話だと思ってたのに
    子供マジか
    ヤバい子供しかいないやんけ

    というかヒメジマさん目見えないのにどうしてるんだ
    見聞色の覇気でも使えるんですかね

    1. あー混乱して言葉を選ぶ余裕も凄惨な現場を見る余裕もなく「あの人(鬼のこと)が殺した」はありそうですね…
      でもそれなら連行される悲鳴嶼さんを見て「なんで!??」ってなるかな…うーん…

      漫画だと目が見えない人は心眼が磨かれるので大丈夫なんですよ!(マジレス)
      大抵は聴覚が凄いとか付随する特徴があるものですけどね
      これも例によって戦闘描写が待ち望まれます

  2. 身内が鬼に殺されて生き残った子に人殺し呼ばわりされるって風柱そっくりだなと、意外と玄弥を継子にしたのはそこが理由だったりしそうですね笑
    あと、悲鳴嶼さんは半天狗とも似てますが対比でもあるなって思いました!
    盲目と偽った半天狗に対し本当に盲目の悲鳴嶼さんであったり、嘘をついて投獄された半天狗に対し本当の事を言って投獄された悲鳴嶼さんであったり…
    半天狗も悲鳴嶼さんも牢獄から鬼舞辻や御館様に助けられてますし!

    ならば半天狗が最後に報いを受けたから、悲鳴嶼さんの最後はきっと報われると思います!

    あと桃先輩が意外な所で再登場しましたね、これ双子ならもう地獄兄弟ですわ、いや逆に双子であれ!
    もし桃先輩と取引君が同一人物なら鬼殺隊の風上にも置けないですから!士道不覚悟で切腹ですわ!

    1. ほんとだ!ほぼ風柱ですね!?
      玄弥も悲鳴嶼さんに懐いてそうですしそのエピソード話してそう〜!
      自分の過ちを認めて謝罪しようとしている姿を見てどう思ったことか…
      そして半天狗の対比というのも興味深いです
      何よりも、半天狗は報われなかったから、悲鳴嶼さんは報われるだろうという予想
      何よりも優しく鬼滅っぽい予想に思えます…
      どうかその通りになってほしい…

      桃先輩は厳しくも強い先輩であって欲しかったんですけどね…
      良い意味での裏切りがあってほしいです…
      鬼殺隊的には士道不覚悟ですが鬼側としてはこれ以上ない逸材ですよ!
      一度裏切った人間は……
      鬼の襲撃に関わってきたら嫌ですねぇぇ〜

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。