鬼滅の刃 第183話「鬩ぎ合い」感想・考察

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183
週刊少年ジャンプ2019年51


おはこんばんにちは!!
トンガリです!!

冒頭からしばらく恋柱・甘露寺蜜璃さんのテンションで毒気を抜かれたトンガリです!

いやいや、こういう要素は必要ですよ。
蜜璃さんはトキメキを感じなくなると技のキレがなくなるという公式設定がありますので無理矢理にでもあのテンションでいないといけないのです。柱として。

しかしそんないつも通りの蜜璃さんでもランダムに変化を繰り返す無限城の移動圧でまともに戦闘態勢を取ることもままなりません!!

コミカルながらも無惨に恐らくかなりのレベルの恐怖を感じております。
それにしても、蜜璃さんがいるだけで緊張感が黒死牟戦の比ではありません。
無惨……ドンマイです。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

さらっと蜜璃さんからも頼りにされてる岩柱・悲鳴嶼行冥さん。
柱にとっての心の支柱、かっこいいです。

そしてどうやら蜜璃さんの登場タイミングは現場の判断で変更していた模様。
本来は柱がみんな死んだと思わせてからの奇襲作戦だったようです。
思ったよりも炭治郎と水柱・冨岡義勇さんが劣勢だったことから飛び込んだみたいですね。

ここから蜜璃さんの過去回想。(ホワホワワーン)


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

この物言いが本当に愈史郎でなんだか少しほろっときました。
珠世さんを殺されてもこんな風に振る舞えるなんて……漢の中の漢だよ愈史郎は……。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

蜜璃さんが阿呆のように動いて囮になり、
愈史郎が気づかれないように距離を詰めて鳴女の視覚を乗っ取る作戦。

あっさり成功してて流石と言わざるを得ません。

「それから脳内に侵入して無惨の支配を外して頭も乗っ取る」

ん!?

そんなことできるんだ!凄い!!

これにはトンガリも蜜璃さんと同じような反応をしてしまいました。
愈史郎かっこよ!!

回想終了。

現在無限城がめちゃめちゃに動いているのは無惨と愈史郎が戦い鬩ぎ合っているからであることが判明。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

その鬩ぎ合いというのも、殆ど外れていた無惨の支配を再び強い力で絡め取り再開。
からの、鳴女を通して愈史郎まで吸収し始めるという超物理的な鬩ぎ合いとなっていました!!

チャンスが一転して大ピンチに!!!!

愈史郎の傍で様子を見守っていた名も無き剣士が

「協力する!俺を喰え!それで無惨を倒せるなら…」

と言っていたのが地味にツボでした。
これも少しコミカルながらもナチュラルに隊士が命懸けで戦っていることが分かる良い描写。

デフォルメ顔なのは一体何故……。
無惨戦、何となくイケそうな気がしてきました。

名も無き隊士が命を張っていれば、当然それ以上に黙っていない剣士たちが鬼殺隊にはいます。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

水の呼吸 肆ノ型 打ち潮

蛇の呼吸 壱ノ型 委蛇斬いだぎ

水柱・冨岡義勇蛇柱・伊黒小芭内!!!!

柱の中でも特に技巧派であろう二人が無惨に斬り掛かります!!

刻一刻と変化する無限城に対応し、無惨に攻撃を仕掛ける体捌き……流石です感動です!!
やっぱり伊黒さんかっこいい!!!じゃなくて、義勇さん並の強さ巧さ判断の速さ!!
無惨戦で大活躍が確定したようなものですこれ。

義勇さんと伊黒さんの攻撃で気を散らした無惨は支配力が弱まり愈史郎が主導権を取り戻します。

無惨の動きを制限するためか無惨周辺の床を消失させる愈史郎でしたが、無惨も大きな一手を打ってきます。

無限城の要である鳴女の殺害です。

遠隔操作で鳴女の頭を潰します。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

想定よりも早く鳴女の抹殺という手段に出た無惨に焦る愈史郎。
このコマの愈史郎の顔がいつもとちょっと違う趣(ちょっとタレ目に見える?)でドキッとするトンガリ。

そしてやはり鳴女が死ねば無限城は崩壊するそうです。
無限城が崩壊すれば無惨以外は全員死ぬとのこと……。

しかしそれでも諦めない愈史郎。
鳴女の細胞が完全に死滅するまでの僅かな時間で無惨と残りの隊員を外へ出そうと手を尽くします。


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

関係無いけどここの名無し隊員の感情豊かなリアクション好き好きの好き。

鳴女死亡によって強い衝撃に襲われる無限城!
しかしまだ外には出られていません!!

無惨に食い散らかされた隊士たちがいる部屋に行き着きます。

続けられる無惨の猛攻は伊黒さんと蜜璃さんが加わっても軽くなったりはしません。
現に炭治郎がまたもダメージを負ってしまいます。

先程までとは違う無限城の軋み方に崩壊が近付いていることを察知する伊黒さん。

それに合わせるかのように上昇を始める足場。
脱出すべく動いた愈史郎の策でしょう。

とそんなことを考えていると無限城の異変に気を取られていた蜜璃さんに無惨の攻撃が直撃する……!!!!??

かと思われた刹那、炭治郎がぶん投げた亡くなった隊員の刀が無惨の側頭部に直撃!!(そして貫通!!)

蜜璃さんも伊黒さんがすんでのところで救助!!


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

無惨の頭に刀!!
無惨の頭に刀!!!!

まさか柱でもない剣士から一撃を受けるとは。

鬼舞辻無惨も堕ちたものだな。

そして!!!!!


出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第183

舞台は遂に地上へ!!!!

愈史郎やったーーーー!!!!

早速美しい月が!!
鬼滅の刃は屋外で戦うと物凄く見栄えが良いんです!!

次回以降は刮目して読んでいきましょう!!!!!


無惨の頭に刀を刺し、無限城を崩壊させ、そしてとうとう地上へと出ることができました!!!!

やったーーーー!!!!

これで主だった課題はほぼほぼクリアしたのではないでしょうか。
いよいよ残すは夜明けまでの持久戦!!!!
遂に遂にここまできましたよ!!!!

最終ページに炭治郎と蜜璃さんしか描かれてないように見えますがみんな無事ですよね。

あと無限城は基本となる謎空間が地下にあったのかな?
天井をぶち破れば人間たちだけの自力でも出られた?
当然鳴女がそうはさせまいと妨害するだろうから机上の空論ではありますが。

それにしても……。
気が散ったとはいえ無惨の支配も押し戻すし、鳴女が死んでも何とか隊員の命を守ろうと尽力しているし……。
愈史郎ほんとのほんとにMVP級の活躍ですねこれ。
珠世さんの何としても鬼舞辻無惨を何とかしたいと思う気持ちを愈史郎が果たしてくれそうで嬉しい……。

そして伊黒さんの地味に見事な活躍!!
やはり鬼滅の刃はMVPを支える地味ながらも堅実な仕事をこなす魅力的なキャラクターが良いですね!!!!
そして誰もがそういった裏方役をこなせるバランスの良さ!!!!
かっこいい!!

伊黒さんは流石にもう少し掘り下げがあると思ってます。
オッドアイ関連か、恵まれているとは言い難い体躯関係か、腕力に頼らずとも戦える隠し玉があるのか。
戦い方や得意体質なんかはもうバリエーションが豊かで思いつきませんが……。
偉そうな態度とかから鬼舞辻無惨及び産屋敷家の遠縁とか考えましたがそうすると口元の包帯は産屋敷一族特有の爛れたようになる皮膚病を隠しているとか……?
あとはさっき「柱でもない剣士から~」の下りを確認した時に目に入って思い出した、
“青い彼岸花”に関連している一族とか?
「彼岸花 蛇」で検索してみたら彼岸花には蛇花という別名があるみたいです……。
あと開花時期が9月ですね……伊黒さんの誕生日9月……。
ええ……。(引き)

実弥さんの稀血設定で、鬼滅の刃は伏線を放置しない作品だというイメージが強いです。
青い彼岸花もその内きちんと回収されることでしょう。
頼みますので、伊黒小芭内とは関係のないところでお願い致します。
太陽を克服した完全体無惨は禰豆子が絡んでくるかなと思っていましたが青い彼岸花も充分に可能性がありそうですね。

さてはて、執筆中に調べ物したせいで何か書こうとしていたことが飛んでいってしまいました。
これは明日のお昼前くらいに思い出すやつですね。

うーーーーん。

しかし鬼舞辻無惨は何事もうまくいかず内心かなり面白くなさそう。
地上に叩き出された次回の無惨のリアクションが楽しみったらありません。

無限城から放り出される位置も気になります。
みんなひとまとめにできるのか、バラけてしまうのか。
そして飛び出した位置はどこなのか。
入った場所と同じであれば産屋敷家の隠れ家なので周りに禰豆子や輝利哉様がいるということはないと思いますが。
はてさて。

次回は全員集結できるでしょうか……。
岩柱・風柱サイドが気になります。

あーー無惨の頭に刀が刺さってるインパクトが強い、強すぎます。
猗窩座のことあんなに叱ってたのに……。
ここからこれまで部下に説教していたことを全て追体験していく展開でしょうか。
そんなことされたらダメです。
凄く大事な場面のはずなのにこみ上げてきてしまいます。

冗談はさておき……。
無惨もここからはなりふり構わず本気の本気で戦うことでしょう。
血鬼術もバシバシ使ってくるんじゃないでしょうか。
というか、炭治郎が手傷を負っていますが、今の無惨の形態では攻撃が当たった瞬間に血を送り込むことはできないのでしょうか?
血を入れて鬼にしてしまえば勝負有りなので無惨の攻撃は一撃必殺かと思っていました。

炭治郎の様子を見ているとそういった戦法は今の所取ってきてはいないみたいですね……。

無惨戦は無限城編に入ってからでも特に胸がスッとする展開が多い気がする。
愈史郎が凄く頑張ってくれました。

次回以降は剣士たちが無惨に説教しながら追い詰めていき、無惨が為す術もない状態になるまで追い込んで欲しいです。

さて、なんだか気分良く次回を待てそうです。
本当に無限城という埒のあかない厄介なギミックを何とかしてくれた愈史郎には感謝。
敵からも味方(無惨)からも酷い扱いしか受けなかった鳴女はほんの少し気の毒ですね……。
キメツ学園では人であった時の本来の美貌を存分に発揮してくれることでしょう。
ビジュアル的には化学の先生とか……?
化学の先生いませんでしたよね?

また脱線してる。

とにかく、ここ最近の展開の気持ち良さは珠世さんの気持ちに応えた最高に熱い漢・愈史郎のお陰でしょう。
次回までは愈史郎ありがとうで待機したいと思います。

愈史郎ありがとう!!!!

それではまた次回!

キメツーーーー!!!!

「鬼滅の刃」各話まとめはこちら

おはこんばんにちは! トンガリです。 トンガリにしては珍しくまとめ記事です。 自分が見直す時に使うメモの様なものなのですが、ジャン...

『鬼滅の刃 第183話「鬩ぎ合い」感想・考察』へのコメント

  1. 名前:萌黄 投稿日:2019/11/21(木) 21:03:50 ID:c11660dc1 返信

    トンガリさん、お疲れさまです!
    毎週展開がバンバン進んでて目が離せませんね!
    扉絵のカナヲちゃん達久々に見れて嬉しいです!みんなかわいい!
    あと村田さんがついに善逸をおんぶwwおんぶしてってねだったからですかww優しい好き…村田さん生き残ってください…

    今回はひたすらに蜜璃ちゃんが可愛かったですね!
    もう甘露寺さんっていうか蜜璃ちゃんです。可愛すぎて訴訟。親分レベルの安心感があります。
    「私馬鹿じゃないわ!」と「かっこよ!」が本当にツボでした(爆笑)
    鬼滅のキャラってみんな面白くて素晴らしくて、男に嫌われる、女に嫌われるっていうのあんまりないですよねー。
    炭治郎くん達が危ないから咄嗟に飛び出したのは蜜璃ちゃんだけじゃなく伊黒さんもなんですよね…優しい…さすがネチってても柱。
    伊黒さんと義勇さん、ちゃんと別方向から挟撃して気を引いてるのかっこよ!技巧派のコンビネーション大好きです。

    愈史郎君ほんとスーパープレイ!!珠代様も向こうできっと褒めてくれてますよ、男前!!
    そして一緒にいた隊員君にカッコいい…
    「俺を食え!」って即言えるのめっちゃ凄くないですか!?お名前知りたいです。かわいいし。
    炭治郎君、咄嗟に刀投げてブッ刺すの二度目ですよ。しかも上弦参と無惨て。
    斬るより投擲の方が強くない??刀じゃなくて投槍の方が強いのでは??
    あとあそこ、亡くなった隊員の武器とかいっぱい落ちてそうだから、義勇さん刀補充しないかな…それどころじゃないですよね…

    吾峠先生の描く夜空すごく綺麗ですよね!
    半天狗戦で可楽が飛び上がったシーン私もすごい好きなのでテンション上がります!
    今何時くらいなんでしょう?結構戦ってたしそろそろ夜明けかな?まだ?
    みんな埋まった瓦礫の中からポコポコ出てくるんでしょうか。かわいい。実弥さんとか瓦礫吹っ飛ばして派手に出てきてくれそうです。

    もう蜜璃ちゃんかわいい引きずっててみんなかわいいです。
    そういえば無惨は血鬼術使わなくても、自分の血纏わせながら戦えば楽勝なチート野郎なんですよね。ファンブックでも「良くて死ぬ悪くて鬼になる」って言ってるし。
    ただこの作戦出されると本当に人間に勝ち目がないんですよね。マジで近寄らないで足止めに専念するしかないって言う。
    みんな投擲部隊になればいいのでは?(ヤケクソ)

    伊黒さんと青い彼岸花のフラグ回収楽しみですね!
    年内に決着がついてしまわないかこわい…でも楽しみなので、鬼滅に備えてリアル生活頑張りましょう!
    キメツーーー!!!

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/11/23(土) 17:31:51 ID:1275804e9 返信

      萌黄さんコメントありがとうございます!

      展開の速さヤバいですね!
      もう黒死牟戦のこと振り返ってる余裕もありません!
      このスピード感は何か大事なことを見落としてしまいそうで怖いですね……。
      村田さんほんとに好き。
      何というのか、こういうポジションの人に死んでほしくありません……。
      無惨戦に参戦してしまうのでしょうか……。

      蜜璃さんは絶対必要なムードメーカーだと思います!
      無惨の伸びてしなる腕の攻撃と蜜璃さんの刀の攻撃って性質が似てるし遠距離から攻撃できるから相性悪く無さそうですがどうなんでしょう。
      痣を発現させた蜜璃さんが活躍するの結構期待してます。
      伊黒さん炭治郎救出してましたもんねーー!!
      柱であれば若い芽は摘ませない!!
      どれだけ言動に癖があってもいざ戦いが始まればこうなる柱という存在が本当に好きです~。
      伊黒さんと義勇さん良いですよね……。
      雰囲気といい剣士のタイプといい……相性良さそう……。
      仲が良いかは置いておいて……。

      愈史郎のかっこよさはもはや語るまでもないとして、傍らにいた隊士も見事ですよね!
      炭治郎の投擲凄いです。
      命中率半端ない。
      やはり遠距離攻撃は正義。
      投げただけだと頚を落とせないのが問題点ですが無惨戦は頚を落としたところであまり意味が無さそうなのでガンガン投擲して欲しい。
      義勇さんの刀補充してほしかった~。
      やはり本人用に作られたものでないと使い勝手が全然違うんでしょうね……。
      剣士の技術である程度補えてもこのレベルの戦いではその違いが死活問題になってしまうのかな……。
      やはりせめて同じ流派で同じ色の刀を……!
      村田さああん!!!!

      可楽のあのシーンほんと良いですよね!!
      黒死牟の夜の散歩もよかったし今後の展開はそういう面でも楽しみ増えました。
      鬼滅の刃はたまに一枚絵のような見事な描写があるので油断できません。

      トンガリ的には一年くらい戦ってたような気がするのでもう割と夜明けが近いんじゃないかなんて考えているのですが……。
      瓦礫の中から出てくる柱かわいい。
      悲鳴嶼さんは鉄球がドーンと出てくる感じでしょうか。

      無惨の血をまとった攻撃は無惨的にプライドが許さないとか油断とかそんな感じで使ってこないと信じてます。
      そうでもしないと物語的に難易度が……というか既に喰らってる炭治郎が……。
      マジな話あまり近寄らずに夜明けまで見失わないようにして日が出たら隠れられそうなところを爆薬で破壊していく作戦をお願いしたいです。
      もう鳴女ワープも使えないしそれでなんとか!!!!

      伊黒さんの掘り下げはともかく青い彼岸花に触れたら無惨が日光を克服してしまうんじゃないかと思うので怖い!
      それだけは本当に勘弁してほしい!!
      どんな感じで決着するのかが本当に読めないので楽しみさが勝ちます……。
      続きが気になります!!!!
      年内決着はこのまま何事もなく無惨滅殺ですね。
      それはそれで無惨のキャラが物凄く評価されそう。

      兎にも角にも次回まで待機命令で!
      キメツーーーー!!!!

  2. 名前:七味とうがらし 投稿日:2019/11/24(日) 18:06:55 ID:9344865f3 返信

     のっけから蜜璃さんの固有結界・まぬけ時空が発生し緊迫した読者の精神を和ませてくれるサービスタイム、そして愈史郎さんギミックの解説開始という箸休め的なパートです。彼の様子からするとやはり珠世さんが死ぬのは織り込み済みだったのでしょう、彼の性格からして計画に入ってなければ激昂しまくって暴走しかねない気がしますからね。おそらくですけどしのぶさんと同様に珠世さんの全身を無惨様に『喰わせる』必要があったんじゃないかと愚考します、例えば左手の薬はフェイクで体内に人間化薬を仕込んでいたとか・・・・・・?

     その薬で無惨様を斃せるかどうかはお館さまなら勘で予想できていたはず、そのうえで今の形になるような策を織り込んだのならやはり左手の薬はなんらかの仕込みかフェイクで本命は別にあるはずです。爆薬のダメージと薬の分解で消耗しきった無惨様の近くに珠世さんが居たなら彼は喰わざるを得なかったはず、お館様ならそのくらいの先読みと手は打つでしょう、何よりあの状況なら逃げようと思えば珠世さんは左手千切って逃げられたはずです、つまりは高確率でアレは何らかの必然だったのでしょう。

     だが怒りの愈史郎さんによる渾身の鳴女さんハッキングも一瞬でひっくり返される無惨様の理不尽なまでの能力・・・・・・直に操作してる彼を遠隔操作で圧倒! 傍らに居る一般隊員の様子から見て何名かは愈史郎さんの正体知らされていたんですかね? 比較的鬼に忌避感を抱かない性格の隊員とかに。しかし柱による援護で再び優勢になった瞬間殺しに掛かる無惨様の理不尽・・・・・・彼にとって鳴女さんは配下というより便利な道具扱いだったのでしょうね、敵にも味方にもモノ扱いされ利用し尽され消滅した鳴女さん、彼女の主観からすれば柱ふたり仕留めたのに何故か無惨様にいきなりSATUGAIされたわけで・・・・・・敵ながらいとあはれ(泣)

     そして鬩ぎ合いの果てに無惨様を遂に地上へ引きずり出す事に成功、しかしここからが難題・・・誰も彼もが満身創痍、黎明は遥か遠く、曙光を浴びせるまでにあと何時間必要なのか・・・・・・序破急のうち破の段階といったところでしょうかね? 結は何時訪れるのか、もう目が離せない展開です。

     ところで不憫な散り様だった鳴女さん、キメツ学園での姿は片目を眼帯か包帯で覆った職業パンクロッカー(ギタリストにして無職風味)ではないかと予想いたします、さて、当たりますかね今回は(笑)

    >信じない信じないとは口で言ってもまず炭治郎を助けに動くような面を見せてくれてますしどことなく伊黒さん人間味が見えてきて嬉しいです!

     「柱であれば誰でも同じことをする、若い芽は摘ませない」という煉獄さんの言葉はまことだったのでしょうね、助けたの絆される前でしたし。ところで伊黒さんの目、今回の表紙のカナヲとなんか似てません? 蛇の呼吸ということでひょっとしたら彼の右目は蛇のピット器官のように熱が視える眼なのかもしれませんね。

    >責任転嫁の部分以外は同感です!無惨の慈悲も見方次第といったところはありますね。

     あくまでも「片方の面から見た場合」の話です。もう片方の面から見れば珠世さんは過去の行いを死ぬほど後悔し、罪を償うためだけに生き恥を晒しながら鬼を人間に戻す研究を続けていたのでしょう。彼女は人間を食べないのではなく過去のトラウマから『食べられなくなった』可能性が極めて高いと思われます。生きるために食べようとしても夫と子供の断末魔がフラッシュバックするようなPTSD症状があるんじゃないですかね?

    >無惨が死んだら愈史郎がどうなるかはまだわかりませんよ!もしかしたらそれが重要な鍵になるかもしれないポイントですし!いざとなれば人間化薬でサッと戻れるかもしれません。

     おそらくですが、珠世さんは無惨戦がどう転んでも死ぬつもりだったんじゃないかなと思います。人間化薬も禰豆子と無惨用のものしかないんじゃないですかね? (浅草の男性はすでに服用済み) それに助かるとしても珠世さんを喪った愈史郎さんがおめおめと生き残るとは思えません、某征服王から生きろと命じられた某ウェイバー君のように珠世さんから死なないでと頼まれているならわかりませんが。

    • 名前:トンガリ 投稿日:2019/11/28(木) 02:22:54 ID:0a895d37a 返信

      蜜璃さんの活躍のお陰で大分助けられています。

      トンガリも珠世さんの策はまだまだ仕込まれていると思います!
      愈史郎が無限城を崩壊させるところまでは策の内だと思うので地上に出たことで使えるようになる何かがあったりするのかなと考えてはいますが……。(思いつかない)

      無惨もやはり能力値の高さがそれだけでやばいですよね。
      ゴリ押しだけで勝てる強さ。
      長く生き続けているだけあって自分の命以外のモノに執着が薄いのも怖い。
      鳴女の最期は敵とはいえ同情を禁じ得ませんよね……。
      キメツ学園の鳴女さん、本編であまり性格的な要素を見せてもらえなかったぶん、自由度が高くてかなり期待できますよね。
      現代風にしたら容姿をビジュアル系に寄せていけそうですしまさかのハイカラバンカラデモクラシーwith鳴女なんてコラボがあり得るかも……。

      伊黒さんの右目の能力がシンプルに特殊視覚というのは設定的に結構好みです!!
      鬼が変形する時に生じる運動熱(?)を知覚して行動先読みとかできればアドバンテージが取れそう。

      愈史郎まで死んでほしくないので妄想ですが珠世さんから託された夢を炭治郎たちと共に叶えていくアフターを期待してます。
      その時は人間であっても鬼であっても構いません。
      でも鬼のままでいたら鬼殺隊かその後継組織に監視されることになるんだろうな……。
      愈史郎が鬼としてい続けたいと思うとしたら珠世さんとの繋がりだから的な理由くらいだと思うので鬼でいることに固執するとも思えないんですよね。
      もっと大事な繋がりがたくさんあると思うので。
      失ったものを取り戻していく未来に、珠世さんの願いをしっかりと受け止めた愈史郎が生き残っていることを願ってます。